ニュース専門放送局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニュース専門放送局(ニュースせんもんほうそうきょく)とは、24時間ニュースニュース番組を放送する専門の放送局のことである。

特徴[編集]

ニュース専門局の最大の長所は、速報性である。これは、地上波の放送局が報道特番を組む際に、番組編成などにおいて他番組との調整が必要なのに対し、ニュース専門局は、ニュース番組に特化している為、即時にニュースを伝えることが出来る為である。

具体例としては、アメリカCNNに於ける、ロナルド・レーガン大統領暗殺未遂事件、スペースシャトルチャレンジャー爆発事故、湾岸戦争の報道や韓国YTNに於ける三豊百貨店崩壊事故の報道やカタールアルジャジーラに於けるアフガニスタン空爆の報道が挙げられる。

これら報道の影響は非常に大きく、CNNは利益面で三大ネットワークを凌駕し、YTNは当時開局したばかりだったが、三豊百貨店崩壊事故の報道で加入者を倍増させ、アルジャジーラはアフガニスタン空爆の報道で世界各国の媒体から映像提供の申し出が殺到し、当時収入面で苦戦していた同局にとって大きな助けとなった。

歴史[編集]

ニュース専門放送局を最初に始めたのは、1980年6月に放送を開始したCNNで、創設者はアトランタのテレビ局のオーナーであったテッド・ターナーである。

当時のアメリカでは、三大ネットワーク(ABCCBSNBC)が通信回線を独占していたことによって新規ネットワークの進出は困難となっていたが、1970年代後半に入り、ケーブルテレビ網の整備と番組を安価で送れる通信衛星が出現したことで新規ネットワークの進出が可能となった。これに目を付けたターナーは、ニュース専門放送局・CNNを立ち上げた。

然し、開局当初はその存続すら危ぶまれていた。何故ならば当時は未だ、24時間も流し続けるニュース素材があるとは思われなかったからだ。しかし、これらの予想に反してCNNは、1981年に起こった当時のレーガン大統領の暗殺未遂事件、1986年に起こったスペースシャトルチャレンジャーの爆発事故、そして1991年湾岸戦争の報道においてその速報性を発揮し、大成功を収めた。

CNNの成功に誘発される形で、アメリカ・ABCはニュース専門放送局SNC(Satellite News Channel)を立ち上げ、CNNとのニュース戦争に挑んだが、CNNに敗北し閉局に追い込まれている。

この他にも、経済ニュースに特化したCNBCが1989年に開局した。 1996年には新興ネットワークのFOXテレビが24時間ニュース専門局のFOXニュースを開局し、現在CNNを視聴者数において大きく引き離している。

2000年代に入り、各国で各放送局がニュース専門チャンネルを立ち上げる動きが活発化している。 (例えば、アルジャジーラが英語による国際放送を、逆にBBCがアラビア語・ペルシャ語によるテレビ放送を、 中国中央電視台が中国語・英語のみならず、スペイン語・フランス語・ロシア語・アラビア語、それぞれの言語に特化したニュースチャンネルを立ち上げるといった動きである。) 日本のNHKもそれらの動きと合わせ、2009年NHKワールドTVを英語によるニュース専門チャンネルへリニューアルしている。

チャンネルの一覧[編集]