ドナルド・スレイトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドナルド・ケント・ディーク・スレイトン Donald Kent "Deke" Slayton
NASA所属宇宙飛行士
現況 引退
誕生 1924年3月1日
死没 1993年6月13日
宇宙滞在期間 9日1時間28分
ミッション アポロ・ソユーズテスト計画

ドナルド・ケント・ディーク・スレイトン(Donald Kent "Deke" Slayton、1924年3月1日1993年6月13日)は、アメリカ合衆国宇宙飛行士マーキュリー計画に選抜された7人の宇宙飛行士(マーキュリー・セブン)の中の一人。

経歴[編集]

1924年、ウィスコンシン州の農場にて生まれる。子供時代に、農機具の事故により左手の薬指を失っている。1942年にアメリカ陸軍航空軍に入隊、パイロットとしての訓練を受けた。B-25の操縦士として、第二次世界大戦中の欧州戦線へ参加し、後にはA-26の操縦士として対日戦を経験した。

後にミネソタ大学にて、航空工学を学び、テストパイロットとしてエドワーズ空軍基地に勤務した。超音速機であるF-101F-102F-105F-106の試験に携わっている。

1959年4月9日、アメリカの最初の有人宇宙飛行計画であるマーキュリー計画において、宇宙飛行士に選抜された。アメリカ空軍からは3名が選抜されており、その中の一人となった。しかし、心臓に病気が見つかったために、マーキュリー計画においては宇宙に行くことはできなかった。

その後はアメリカ航空宇宙局の飛行士育成部門の責任者になり、新人飛行士の訓練にたずさわってきたが、長いブランクの末に病気を克服し、アポロ・ソユーズテスト計画で自分自身を搭乗員に選んだ。アポロ・ソユーズテスト計画は1975年に実施され、この時点で、彼は最年長宇宙飛行士の記録と、選抜されてから実際に搭乗するまでの期間が最も長かった飛行士の二つの記録を樹立した。

映画「ライトスタッフ」と「アポロ13」に、彼をモデルにした人物が登場する。

外部リンク[編集]