マイケル・コリンズ (宇宙飛行士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・コリンズ
Michael Collins
Michael Collins Signature.svg
NASA所属宇宙飛行士
現況 引退
誕生 1930年10月31日(83歳)
イタリアローマ
他の職業 テストパイロット
階級 アメリカ空軍准将
宇宙滞在期間 11日2時間4分
選抜試験 1963年NASA選抜試験
ミッション ジェミニ10号
アポロ11号
記章 Ge10Patch orig.png Apollo 11 insignia.png

マイケル・コリンズMichael Collins, 1930年10月31日 - )は、アメリカ航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士、空軍軍人。ジェミニ10号アポロ11号に搭乗している。

経歴[編集]

イタリアローマでアメリカ陸軍軍人の息子として生まれる。アメリカ陸軍士官学校に入学し、1952年に卒業した後、空軍に入隊した。この時期は空軍士官学校の創設期にあたるため、陸海からも人材が集められていた。

その後、T-6テキサンを皮切りに飛行訓練を重ね、F-86戦闘機の操縦士となった。1960年にはエドワーズ空軍基地に置かれたテストパイロット学校を修了している。1962年ジョン・ハーシェル・グレンの宇宙飛行に影響を受けて宇宙飛行士を志願し、選ばれる。ジェミニ計画に参加し、ジェミニ7号では予備搭乗員に選定されている。1966年7月にはジェミニ10号にパイロットとして搭乗し、初の宇宙飛行を経験した。1969年に歴史上初めて人類を月面に到達させたアポロ11号では司令船パイロットを務め、ニール・アームストロングエドウィン・オルドリンが月面に着陸している間、月周回軌道上で司令船の操縦、月面の写真撮影などを行った。結果、コリンズのみが月面に足を踏み入れることなく地球へと帰還した。

空軍准将で退役。1978年スミソニアン研究所の副所長になった。