エア・メダル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
空軍のエア・メダル

エア・メダル(英:Air Medal)は、アメリカ軍の勲章1942年5月11日フランクリン・ルーズベルト大統領によって制定され(大統領令9158)、1939年9月8日に遡って授与された。

概要[編集]

戦功章の一つであり、「航空作戦において功績をあげたパイロット」に対して授与される。勲章序列ではメリトリアス・サービス・メダルの下位、空軍のエアリエル・アチーブメント・メダル、陸海軍及び海兵隊コメンデーション・メダルの上位に位置する。複数回受章も可能で、二回目の受章からは空軍の場合柏葉が付属し、海軍、海兵隊の場合リボンに受章回数を表す数字とアワードスター、Vデバイスが付属する。敵との戦闘における功績が主な授与の対象であるため、第二次世界大戦中の受章者には三回以上受章している者も珍しくない。

主な受章者[編集]

関連項目[編集]