空軍十字章 (アメリカ合衆国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AFCross.png

空軍十字章(Air Force Cross)は、アメリカ合衆国勲章名誉勲章に次ぐ二番目に高位の勲章であり、「戦闘において比類ない英雄的行為をした」アメリカ空軍の構成員に授与される。陸軍の殊勲十字章、海軍の海軍十字章と同等のものであり、空軍殊勲十字章と訳されることも多い。

主な受章者[編集]

  • ルドルフ・アンダーソン (Rudolph Anderson):少佐。最初の受章者。キューバ危機での功績。
  • ジェイソン・D・カニングハム (Jason D. Cunningham):E-4。降下兵。アフガニスタン紛争 (2001年-)で降下、戦死。
  • ジョン・D・チャップマン (John D. Chapman):E-6。降下兵。アフガニスタン紛争で降下、戦死。
  • ジョージ・E・デイ (George E. "Bud" Day):大佐。名誉勲章受章者。ベトナム戦争での捕虜。
  • ジェラルド・グスタフソン (Gerald Gustafson):少佐。ベトナム戦争での功績。
  • チャールズ・B・デベリーヴ (Charles B. "Chuck" DeBellevue):大尉。F-4戦闘機エース・パイロット。ベトナム戦争での功績。
  • ジョン・A・ドラメジ (John A. Dramesi):大佐。パイロット。ベトナム戦争での捕虜。2度受章。
  • リチャード・ロイ・エクバーガー (Richard Loy Etchberger):E-9。ベトナム戦争で戦死。
  • デュアン・D・ハッキー (Duane D. Hackney):E-2。降下兵。ベトナム戦争での功績。
  • ジェームズ・H・カスラー (James H. Kasler):中佐。パイロット。ベトナム戦争での捕虜。3度受章
  • レランド・T・ケネディ (Leland T. Kennedy):大尉。ヘリコプターパイロット。ベトナム戦争での功績。2度受章。
  • ラリー・W・メイジー (Larry W. Maysey):軍曹。降下兵。ベトナム戦争での功績。
  • ロビン・オルズ (Robin Olds):大佐。パイロット。第二次世界大戦及びベトナム戦争での功績。
  • ラルフ・S・パー (Ralph S. Parr):大佐。パイロット。ベトナム戦争での功績。朝鮮戦争での功績で陸軍の殊勲十字章も受章。
  • ウィリアム・H・ピッセンバーガー (William H. Pitsenbarger):E-3。降下兵。名誉勲章受章者。
  • カール・W・リヒター (Karl W. Richter):O-2。パイロット。ベトナム戦争で戦死。
  • ジェームズ・ロビンソン・ライズナー (James Robinson Risner):中佐。パイロット。ベトナム戦争での捕虜。2度受章
  • R・スティーブン・リッチー (R. Stephen Ritchie):大尉。F-4戦闘機のエース・パイロット。ベトナム戦争での功績。
  • ティモシー・A・ウィルキンソン (Timothy A. Wilkinson):軍曹。降下兵。モガディシュの戦闘での功績。

外部リンク[編集]