ルドルフ・アンダーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルドルフ・アンダーソンJr.
1927年9月15日 - 1962年10月27日
生誕 サウスカロライナ州, グリーンビル
死没 キューバ, バネス
最終階級 US-O4 insignia.svg 空軍少佐
テンプレートを表示
アンダーソン少佐

ルドルフ・アンダーソンJr. (Rudolf Anderson, Jr., 1927年9月15日1962年10月27日) はアメリカ空軍少佐で、空軍十字章の最初の受章者である。キューバ危機の際、U-2での偵察任務中に撃墜され死亡した。キューバ危機でのアメリカ合衆国の唯一の犠牲者である。

キューバ危機[編集]

U-2によるキューバ上空飛行任務は、当初はCIAによって行われ、1962年10月14日にアメリカ空軍に引き継がれた。10月15日、CIAの分析によって、偵察撮影した写真のなかにSS-4中距離弾道ミサイルが発見された。これら一連の写真がキューバ危機の発端となった。

10月27日、アンダーソン少佐はU-2に搭乗し、フロリダ州オーランドマッコイ空軍基地を離陸した。その後、彼の搭乗機はソ連がキューバに供給したS-75ドヴィナ地対空ミサイルによってキューバのバネス近くで撃墜された。1962年10月28日0200時のCIAの書類によると、「バネス上空でのU-2の損失はおそらく、バネス設置のSA-2による迎撃、またはパイロットの低酸素症が原因であり、現在の情報によると前者だと思われる」と記載されている。[1]アンダーソン少佐は、撃墜時の爆発の破片で与圧服に穴が開き、高空での減圧が原因で死亡した。10月31日、ウ・タント国連事務総長代理がカストロ首相を訪問からの帰任の際、アンダーソン少佐の死亡を発表した。

ケネディ大統領によって、アンダーソン少佐は死後、空軍十字章および、空軍殊勲章パープルハート章Cheney Awardを授与された。

アンダーソン少佐はキューバ危機での唯一の戦闘による犠牲者だが、1962年9月27日から11月11日にかけて、第55戦略偵察部隊のB-47の3つの偵察部隊の11人が墜落によって死亡している。[2]

個人像[編集]

アンダーソン少佐は、サウスカロライナ州グリーンビルに生まれた。彼は第19団のイーグルスカウトを獲得し、1948年にクレムソン大学を卒業した。[3]1962年11月6日、彼の遺体はグリーンビルのWoodlawn Memorial Parkに埋葬された。[4]

記念碑[編集]

アンダーソン少佐の記念碑はグリーンビルのクリーブランド公園内にあり、彼が朝鮮戦争で搭乗したF-86が設置されている。これは記念碑が建てられた1960年代に、余剰のU-2がなかったためである。毎年、彼の功績を称え追悼式が開かれる。

残骸[編集]

アンダーソン少佐が搭乗したU-2の残骸がキューバのハバナにある2つの記念館で見ることができる。エンジン尾翼の一部がMuseum of the Revolutionに、右翼、尾翼の一部、前輪がMuseo del Aireに展示されている。エンジンインテークのひとつがヒロンにあるPlaya Giron Museumで見ることができる。

映画[編集]

キューバ上空のU-2撃墜は映画『13デイズ』に登場する。Chip Estenがアンダーソン役を演じている。

脚注[編集]

  1. ^ Central Intelligence Agency report - supplement 8 to Joint Evaluation of Soviet Missile Threat In Cuba, 0200 hours, 28 October 1962.
  2. ^ Lloyd, Alwyn T., "Boeing's B-47 Stratojet", Specialty Press, North Branch, Minnesota, 2005, ISBN 978-1-58007-071-3, page 178.
  3. ^ Clemson Alumni Association, "Clemson Alumni: Today 2008", Harris Connect, Inc., Chesapeake, Virginia, 2007, page 1813.
  4. ^ ルドルフ・アンダーソン - Find a Grave(英語)

外部リンク[編集]