ディズニー・アニマル・キングダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディズニー・アニマル・キングダムの入場口

ディズニー・アニマル・キングダム (Disney’s Animal kingdom、略称 DAK)は、アメリカフロリダ州オーランドウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにある4つのディズニーパークの内の1つである。

基本情報[編集]

ツリー・オブ・ライフ
  • 名称:ディズニー・アニマル・キングダム (Disney’s Animal kingdom 略称 DAK
  • 所在地:フロリダ州オーラド(ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内)
  • 開園日:1998年4月22日
  • パークテーマ:「野生動物の保護animal conservation
  • シンボル:ツリー・オブ・ライフ

概要[編集]

1998年4月22日にディズニー・ワールド・リゾートで4番目のディズニーパークとして開園。シンボルはパークの中央に位置する巨大な樹「ツリー・オブ・ライフ」。本物の野生動物の暮らすジャングルサバンナなどのエリアと各種アトラクションが混在する非常にユニークなテーマパークである。

世界中のディズニーパークの中で最大の敷地面積(2km²)を誇る。パークの中央には大きな「ツリー・オブ・ライフ」のある島があり、その周りを取り囲むように水路があり、一部が広くて湖のようになっている。その外側の陸地部分からは島に対して5本の橋がかかる構造となっている。パーク全体の形状としては東京ディズニーシーが最も近い。

エリアとアトラクション[編集]

園内は7つの「テーマエリア」に分かれている。

オアシス[編集]

パーク全体のエントランスで、熱帯雨林をモデルにした遊歩道。オオアリクイバビルサなどが観察できる。 マジック・キングダム型パークにおける「メインストリートUSA」や「ワールドバザール」に相当する。

ディスカバリー・アイランド[編集]

パークの中央、湖と水路に囲まれた島状のテーマランド。中央には巨大な樹「ツリー・オブ・ライフ」が聳える。「ラフィキズ・プラネット・ウォッチ」以外の全てのテーマエリアと橋などで繋がっている。カンガルーやフラミンゴなどの動物や鳥が見られるほか、映画「バグズ・ライフ」をテーマにしたアトラクションなどもある。

  • イッツ・タフ・トゥー・ビー・ア・バグ(It's Tough to be a Bug

キャンプ・ミニー&ミッキー[編集]

ミッキーやミニーに出会えるキャンプサイト風のテーマエリア。ポカホンタスのショーなども行われている。

  • フェスティバル・オブ・ライオン・キング(Festival of the Lion King)(2014年からアフリカに移動)

アフリカ[編集]

アフリカをモデルにしたエリア。キリマンジャロ・サファリではライオンアフリカゾウキリンサイといった動物をジープに乗って観察できる。また、ゴリラカバといった動物を観察できる。

  • キリマンジャロ・サファリ(Kilimanjaro Safaris
  • パンガニ・フォレスト・エクスプロレーション・トレイル(Pangani Forest Exploration Trail
  • フェスティバル・オブ・ライオン・キング(Festival of the Lion King)(2014年~)

ラフィキズ・プラネット・ウォッチ[編集]

小動物と実際に触れ合うことのできるテーマエリア。園内を走っている列車でのみアクセス可能。「ラフィキ」は映画「ライオン・キング」に登場する猿(マンドリル)のキャラクターの名称。

  • ワイルドライフ・エクスプレス・トレイン(Wildlife Express Train
  • ハビット・ハビット!(Habitat Habit!
  • アフェクション・セクション(Affection Section
  • コンサベーション・ステーション(Conservation Station

アジア[編集]

エクスペディション・エベレスト

アジアの大自然をテーマにしたテーマエリア。トレイルでは、トラコモドドラゴンなどを見ることができる。また、パーク最速のコースター「エクスペディション・エベレスト」や、激流下りのアトラクション「カリ・リバー・ラピッド」などの絶叫アトラクションもある。

ディノランドUSA[編集]

恐竜をテーマにしたテーマエリア。もちろん生きた恐竜はいないが、恐竜をモチーフにした各種アトラクションや、化石などの展示を見ることができる。映画「ファインディング・ニモ」をモチーフにしたミュージカルもここで上映されている。

  • ボーンヤード(The Boneyard
  • ダイナソー(絶滅へのカウントダウン)(DINOSAUR (formerly Countdown to Extinction))…類似アトラクションにディズニーランドディズニーシーにあるインディ・ジョーンズ・アドベンチャーがある。
  • ファインディング・ニモ-ザ・マジカル(Finding Nemo - The Musical
  • ディノ・スー(Dino-Sue
  • クレラセアス・トレイル(Cretaceous Trail
  • チェスター・アンド・へスターのディノ・ラマ(Chester and Hester's Dino-Rama
    • プリムバル・ウィール(Primeval Whirl
    • トリケラトップ・スピン(TriceraTop Spin

過去の計画と今後の計画[編集]

  • 当初の計画ではドラゴンユニコーンなど伝説の動物をテーマにしたエリア、「Beastly Kingdom」を現在のキャンプ・ミニー・ミッキーの位置に作る予定だった[1]。しかし、予算オーバーにより計画を断念した。計画に当たっていたスタッフは企画をユニバーサル・スタジオに持ち込み、アイランズ・オブ・アドベンチャーのアトラクションにそのアイデアが利用されている。
  • 2011年、映画アバターの舞台である惑星パンドラをテーマにしたエリアをキャンプ・ミニー・ミッキーの場所に作ることを発表[2]。なお、フェスティバル・オブ・ザ・ライオンキングはアフリカに移動予定。2013年に建設が始まり、2016年に完成予定。

参照[編集]

  1. ^ http://www.theneverlandfiles.com/tnf/disneyworld/beastlykingdom.php
  2. ^ http://www.wdwmagic.com/attractions/avatar.htm

外部リンク[編集]