セクシーパロディウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セクシーパロディウス
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 アーケード[AC]
プレイステーション[PS]
セガサターン[SS]
PlayStation Portable[PSP]
開発元 コナミ[AC][PS][SS]
コナミデジタルエンタテインメント[PSP]
発売元 コナミ[AC][PS][SS]
コナミデジタルエンタテインメント[PSP]
人数 1人-2人同時プレイ可能
メディア AC:コナミ システムGX
PS,SS:CD-ROM1枚
PSP:UMD
発売日 AC: 日本の旗 1996年3月
PS、SS:1996年11月1日
PSP:2007年1月25日
対象年齢 CEROC(15才以上対象) [PSP]
テンプレートを表示

セクシーパロディウス』(Sexy Parodius)は、コナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)から稼動された日本ゲームソフト。略称は「セクパロ」。1996年3月に業務用の横スクロールシューティングゲームとして発売された。同社の『パロディウス』シリーズの5作目。タイトルにセクシーとある通り、随所にお色気要素が存在する。

また、2007年1月発売の『パロディウス ポータブル』に『パロだ!』『極上』『実況』と一緒に収録された。

作品解説[編集]

アーケード向けとして制作されたものとしては、『極上パロディウス』から2年振り、3作目のパロディウスシリーズである。ステージ冒頭でミッションが説明され、そのミッションを達成したか否かで次のステージが変更されるステージ分岐の要素が導入されている。前作同様に2人同時プレイ可能。

『極上パロディウス』の「タコスケ」はすっかり思春期(お年頃)になり、さまざまな欲望を果たすべく探偵事務所の所長としてさまざまな依頼を受け、それを探偵所員であるビックバイパー、イワン、ひかる、マンボ、ミカエル、こいつ、オプション、エースらが引き受け、お金を稼ぐというストーリーである。

ノルマ制であることや、2面に高速スクロールステージが配置されているなど、全体的に難易度が高く、前作ほどの人気は獲得できなかった。『極パロ』が『ゲーメスト』から攻略ムックおよびビデオが発売されたのに対し、本作ではそういった出版物も発売されなかった。

登場キャラクター[編集]

『極上パロディウス』(以降、『極パロ』と略す)で初登場のメンバーが軒並み参戦しているが、世代交代を意識してか、『パロディウスだ!』以降レギュラーを張っていた4キャラクターのうち本作で使用可能なのはビックバイパーのみとなっている(タコスケは探偵事務所の所長、ペン太郎は会計として登場する。ツインビーは登場しておらず行方は明かされていない)。

共通事項[編集]

  • OH!はスカであり、バリア以外の効果が全てなくなる。
  • ?はバリア。ベル効果を取っている間はバリアが発生しない。
  • この作品ではパワーアップ時に出る効果ボイスがキャラによって違う。
  • 2人同時プレイでは、1Pと2Pの距離が近くなるとその間にエネルギーが発生し、そこから強力なショットが発射される。またキャラクター同士の相性も存在し、それに伴い発生するエネルギー体も異なる。発売当時の「ゲーメスト」では『トライゴン』のパロディだとしている。
  • 本作にもルーレットカプセルが存在するが、前作および前々作と異なりステージ切り替えの際にはルーレットは停止した状態になる。

ビックバイパー[編集]

スピードアップ - ミサイル - ダブル - レーザー - オプション - シールド
:不明
パロディ元の『グラディウス』に登場する超時空戦闘機。中の人は不明。今回はタコ(タコ助・タコ彦)がマイキャラとして登場しないので実質的な主役と言える。
2Pは『沙羅曼蛇』に登場していたロードブリティッシュ。『沙羅曼蛇2』には登場しなかったことを「どこの馬の骨とも知れない奴に2Pを取られてしまった」と設定上は表現されている。
オプションは緑色(赤色)でトレース出来る固定式(最大4つまでつけられる)。シールドは前方向のみカバーできる。また『極パロ』よりもレーザーのワインダー攻撃が強化されている。
ボイスは独特のイントネーションがあり、日本語の発音に慣れていない外国人が話す、片言の日本語をイメージさせる口調。
  • スピードアップ時はハヤクナリマース→モットハヤクナリマース→ドンドンハヤクナリマース→ハヤスギマース→メガマワリマースの5段階
  • ミサイル…ミサイルウテマース
  • ダブル…ウエニモウテマース
  • レーザー…ナガクテツヨイデース
  • オプション…オプションツキマース
  • OH!…スッカラカンデース
  • シールド…マモッテクレマース
  • 連続パワーアップするとその間に「ソシテ」が入る。

イワン[編集]

スピードアップ - イワトビミサイル - イワトビショット - バウンドショット - オプション - ペンタロウX
声:不明
サイボーグ化したイワトビペンギン。2Pは相棒トビー
イワトビミサイルはパラシュートでゆっくり降下していくタイプ。
イワトビショットは上方向に跳ねてとんでいくタイプ。
バウンドショットは3WAY式で上方向と下方向に出る弾は壁にぶつかると跳ね返って、敵に当たるまでバウンドしていくタイプ。
オプションは青色のペンギンでトレース出来る固定式。4つまで装備できるが、4つ目の子ペンギンは弾を撃たない。
バリアのペンタロウX(前作『極パロ』のラスボスと同名)は全方位型で、1発しか被弾には耐えられないが、自機と当たり判定が同一になっている。
ボイスは厳しそうな顔つきとは裏腹に朴訥な印象を与える口調。
  • スピードアップ…速くなるクワ→まだ行くクワ→まだまだ行くクワ→付いてこれるクワ→目が回るクワの5段階
  • イワトビミサイル…落ちていくクワ
  • イワトビショット…放り投げるクワ
  • バウンドショット…跳ね回るクワ
  • オプション…オプション付くクワ→も1つ付くクワ→まだ付くクワ→遂に4つ目クワの4段階
  • OH!…クワーッ!
  • ペンタロウX…ペンタロウXクワ

ひかる[編集]

スピードアップ - ホークウィンド - スプレッドボム - キャロットショット - フォーメーションオプション - スター
声:永島由子
『極パロ』より再登場。2種類のミサイルが使用可能で、スプレッドボム(下方向爆発ミサイルタイプ)を装備した場合はオプションが回転する(『グラディウスIII -伝説から神話へ-』にも見られた)「ローリングオプション」になる。2Pは妹のあかね
ボイスは典型的な女の子の口調。
  • スピードアップ時は行くわよ!→まだ行くの?→すご〜い!→はや〜い!→もうダメ!の5段階
  • ホークウィンド…上でも下でもOKよ
  • スプレッドボム…破壊力バツグン!
  • キャロットショット…おりゃおりゃおりゃー!
  • オプション…オプション!→もう1個!→まだまだ!→完ペキ!の4段階
  • OH!…ああん、ダメ!
  • スター…これで安心

マンボ[編集]

スピードアップ - バブルミサイル - コントロールレーザー - スクリューレーザー - サーチレーザー - バリア
声:不明
『極パロ』より再登場(マンボウからマンボに名称変更、「モアイ戦艦に尻尾をかじられたから」という設定)。状況に応じたレーザーの使い分けが重要。2Pはサンバ
バリアは黄色い☆マークを全身に包んだ形。
ボイスは低音で、棒読みかつ平板的なアクセントのゆっくりとした口調。
  • スピードアップ時はスピード
  • バブルミサイル…バブル
  • コントロールレーザー…コントロール
  • スクリューレーザー…スクリュー
  • サーチレーザー…サーチ
  • OH!…OH!
  • バリア…バリア

ミカエル[編集]

スピードアップ - ストロングミサイル - ウェーブレーザー - ラウンドショット - グレードアップ - オーラ
声:不明
『極パロ』より再登場。変更点はミサイルのホーミング機能はなくなり真っ直ぐ2個飛ぶタイプの性能、ラウンドショットの角度は若干発射の位置が変更され発射のカバー率が低くなった。2Pはねずみ色のブタ、ガブリエル
バリアは緑色のオーラを全身に包むタイプ。
ボイスは熱血ヒーローをイメージさせるような力強い口調。但しOH!時はコミカルなものになる。
  • スピードアップ時は行くぜ!→もういっちょ!→まだまだーっ!→たまらないぜっ!→もう止められないぜっ!の5段階
  • ストロングミサイル…これでも食らえ!
  • ラウンドショット…どこからでもかかって来い!
  • ウェーブレーザー…まとめてやってやる!
  • グレードアップ…力がみなぎるぜっ!→やってやる!→うおぉぉぉ!→怖いもん無しだ!の4段階
  • OH!…ほげ〜っ!
  • オーラ…はあぁぁぁ!

こいつ[編集]

スピードアップ - こいつミサイル - こいつショット - こいつウェイ - こいつパワー - こいつバリア
声:不明
『極パロ』より再登場。2Pはピンク色のあいつ。3番目が敵のいる方向に向かって弾を撃つ「こいつショット」になり、こいつウェイは4番目になった。
バリアは透明のコンドーム型で前方向のみカバーだが耐久力(およそ30発耐えられる)は高い。
ボイスは独自の言語で話しているもので、『極パロ』で使われていたものと共通。
コナミのカードゲーム、『遊戯王オフィシャルカードゲーム』にも「コイツ」と言うカード名で登場している。

オプション[編集]

スピードアップ - こいつモドキ - ミカエルモドキ - サンダークロスモドキ - その場パワー - その場バリア
声:不明
ビックバイパーのオプションが独立して自機に。2Pはロードブリティッシュから独立した『沙羅曼蛇』のマルチプル(ピンク色)。
その場パワーはグレードアップ型(ノーマル時はビックバイパー、マルチプルはロードブリティッシュの形をしたオプションが装備される)。
変身能力を持っているという設定で、3種類の姿(+元来の姿)になることができる。ただし変身能力は不完全なため、次ステージには元来の姿に戻るため、再びパワーアップしなければならない。なお当時『ゲーメスト』に掲載された開発段階の仕様では一定時間で元に戻るようになっていた。
こいつ(あいつ)モドキは「こいつウェイ」のような前方に広がるマルチショット。
ミカエル(ガブリエル)モドキは「ラウンドショット」のような全方位型のマルチショット。
サンダークロスモドキはフォーメーションオプションとブーメランショットが装備される。
モドキであるためミサイルなどの細かい技はない。
バリアは自機の周囲全体をすっぽりと包む斜線状の全方位型(ナムコのオーダインのストックボンバーに似た形)。
ボイスは「こいつ」と同様、独自の言語で話しているものと思われる。

シューティングスター[編集]

スピードアップ - オートオプション - ワイドブラスト - スパークレーザー - ブラックパワー - サイコフィールド
声:不明
ツインビーヤッホー』より登場。中の人のパイロットはエース。2Pのブラックバイパー(『グラディウス』シリーズには未登場)はビックバイパーを影で助けてきた存在らしい。
オートオプションは上下に一つずつオプションが装備され、そこから自動的(ブラックパワー2段階目から)に敵の方向に向かってショットが発射される。
ワイドブラストはタメ押しで複数の方向に攻撃する。
スパークレーザーはタメ押しで正面に極太のレーザーを発射する。
ブラックパワーは自機がパワーアップし、オートオプションのデザインが変わっていく。
サイコフィールドは全方位タイプのバリア。
ブラックバイパーはオートオプションのデザインと弾の色が異なるが装備自体は同じ。BGMはシューティングスターと異なり、「DEPARTURE FOR SEXY」(原曲は『グラディウスIII -伝説から神話へ-』の「DEPARTURE FOR SPACE」)というタイトル。
ボイスはグラディウスIIおよびIIIを髣髴させるもの。
  • スピードアップ時はSpeed up!
  • オートオプション…Auto option!
  • ワイドブラスト…Wide blast!
  • スパークレーザー…Spark laser!
  • ブラックパワー…Power up!
  • OH!…Oh, my God!
  • サイコフィールド…Psycho field!

ベル[編集]

ベルはカプセルを所持する敵を撃つと時々出現し、通常は黄色(得点加算)だがショットを5発撃つ毎に色が変化していく。ベルを撃ち過ぎると消滅する。

変化する順番は青色(ボム、表示される吹き出しは"Super Bomb")→緑色(巨大化無敵、"Big")→白(アレックス、"Alex")→赤色(菊一文字バリア、"Kiku Beam")→紫色(みんなカプセル、"All Capsule")の順。

黄ベルは連続で取ると500点→1000点→2500点→5000点→10000点まで上昇。1度でも取り逃すと500点に戻る。

白ベルは前作までのメガホン攻撃からノンプレイヤーキャラのアレックスという、敵、敵弾、コインを食べる某ドットイートゲームの主人公風の丸いキャラクターに変更。白ベルを取るごとに最大HP(最大99まで)とスピードがレベル5まで上昇し、敵にも積極的に攻撃を仕掛けるようになる(特に女性型の敵へ優先的に向かって行く)が、ボス戦の時には自機の後ろに隠れる。アレックスは耐久力の高い敵に接触するごとにHPが減り、HPが3になると積極的な攻撃を仕掛けなくなり(赤フォントに変わりアレックスの表情がこわばる)、0になると消滅する。HPは黄ベルを取ると10回復する。

緑色ベルを取って巨大化している間は、他のベルに接触しても攻撃とみなされ、ベルの色が変化して取ることが出来ない。

ステージ紹介[編集]

ステージ2、3はノルマの達成/未達によって次のステージが分岐する。達成の場合はAへ、未達成の場合はBへと進む。ただし間に乱入ステージ(ボスラッシュ)が発生した場合は例外で、前ステージがノルマ未達成でも乱入ステージをノルマ達成出来れば次ステージはAへと進む。またステージとステージの合間には前作および前々作と異なりノルマ達成時もしくは未達成時のスチルが挿入される。

Stage 内容 ノルマ 解説 ボス ステージ音楽 ボス音楽
1 牧場 ボスを撃墜する 攻撃すると膨らむ緑色の細胞系の敵やジャンプで振動を起こして敵を呼び出す山などが存在する。ノルマ達成は比較的容易。 コーン・チワ ゴンチチ『北海道はどこにある?ここにある!』(PSP版では無し)/
ミーチャムアメリカン・パトロール』/
フォスターケンタッキーの我が家
民謡『こぎつね
2 浴場 コインを300枚以上集める 2面で早くも高速ステージ。ルートによってコインの数が異なり、白ベルを取ったかどうかでノルマ達成難易度が違ってくる。 とうとうペンギン ネッケクシコス・ポスト 民謡『ぶんぶんぶん』/
フチーク剣闘士の入場
3A 竜宮 天女を200人以上撃墜する 『グラディウスII』の人工太陽面のパロディ。天女は撃墜後にもう一発当てるとさらにカウントが+1される。ドラゴンやボスの中にも天女が潜んでおり、青ベルがかなり有効。 乙姫 『スタート』(イー・アル・カンフーFC版)/
『BGM』(仝AC版)
『BGM』(イー・アル・カンフーFC版)/
イマヌエルマイム・マイム
(PSP版ではロシア民謡『コロブチカ』)
3B 鼠(ネズミ)を100匹以上撃墜する いたるところから出現するネズミを倒していく。ネズミが密集する地点もいくつか存在する。ボス戦では石化光線を浴びるとミスはならないが一時的に操作不能になる。 メデューサ 『Vampire Killer』(悪魔城ドラキュラ)/
ポーランド民謡『クラリネットポルカ』
『Poison Mind』(悪魔城ドラキュラ)/
ブラームス『ハンガリー舞曲第5番』
4A 工場 女の子を50人以上救出する コンテナは女の子のいるハート付のもの、敵が出現するドクロ付のもの、どちらが出るかわからない?マーク付の3種類がある。コンテナ・敵弾がともに大量に現れる。 はコンデクレーン ポール・モーリア『オリーブの首飾り』
(海外版およびPSP版ではモーツァルト交響曲第40番』)
ビゼー オペラ『カルメン』よりハバネラ
4B 炭鉱 採掘機を10機以上破壊する ノルマ達成自体は難しくないが、地形が複雑な上に攻撃と敵弾も激しいので攻略自体が難しい。 タヌコー 民謡『炭坑節』/
民謡『北海盆唄
ベートーヴェン運命』/
民謡『げんこつ山のタヌキさん』『アイネ・クライネ・ナハトムジーク
5 植物 コインを300枚以上集める スクロールアウトするまで無限に取れるコインもいくつか存在する。ボスの手前にある壁は緑(青)ベルか全身タイプのバリアがないと通過できない。 キャンディコア アメリカ民謡
リパブリック讃歌』/
フランス民謡
『クラリネットをこわしちゃった』
『グラディウス』より『Aircraft Carrier』(ビッグコアのテーマ)
6 宮殿 200秒以内にタコスケを捕まえる 空飛ぶ豚を倒すと制限時間が加算される。時間切れになるとステージが強制終了してバッドエンディングとなる。3回連続で続く要塞を越えるとご褒美が!? 名称不明(壁コア系のボス)×5 ヘンデル水上の音楽』より『アラ・ホーンパイプ』/
ヘンデル オラトリオ『メサイア』よりハレルヤ・コーラス/
イワノフ『コーカサスの風景』より『酋長の行列』
 
かおり(攻撃してこないがプレイヤーは撃破不可能。衝突判定あり) 『グラディウスIII』より『Dark Force』(ボスのテーマ) 
乱入 ボスラッシュ ボスを全員撃墜する 『パロディウス』シリーズのボスキャラクターが再登場するが、カプチーノ以外の攻撃パターンがオリジナルと多少異なる。ボスラッシュ恒例の前衛ザブラッシュは存在しない。ミスするか(一人プレイでのSEMIAUTOかMANUAL選択時)、時間切れで強制終了となり、ノルマ未達成扱いとなる。 カプチーノ   モーツァルトトルコ行進曲
キャプテンペンギンノフスキー リムスキー=コルサコフ熊蜂の飛行
イーグル・ワシサブノスケ 『グラディウスII』より『Take Care!』(ボスのテーマ)  
ホットリップス オッフェンバック オペレッタ『天国と地獄』よりカンカン
ゆうこ ショパン前奏曲第7番』/
チャイコフスキー バレエ『白鳥の湖』より情景
スペシャル スペシャル なし 全てのノルマをクリアするとエンディング後に挑戦可能。BGMはマニアックなシューティングゲームのBGMのメドレー。ステージクリアすると自機のストック1機につき100万点のボーナスが加算される。 セクシー星人(「セクシー成人」の記述も) コナミ矩形波倶楽部『マニアック・オブ・シューティング』
グラディウス『Challenger 1985』/
サンダークロスII『Air Battle』/
フラックアタック『Counter Attack』/
グラディウスII『Crystal World』/
トライゴン『Sturdy wings』/
グラディウスIIIより『Mechanical Base』
ベートーヴェン 『エリーゼのために


関連項目[編集]

  • 対戦ぱずるだま -デモ画面で流れる、オプションのバイト先がこの作品。(舞台はペンクロー対ジョン・ワン次郎戦。)

外部リンク[編集]