沙羅曼蛇 (MSX)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
沙羅曼蛇
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 MSX
発売元 コナミ
人数 1~2人(同時プレイ可)
メディア 1MbitロムカセットSCC搭載)
発売日 1987年12月
テンプレートを表示

沙羅曼蛇』(サラマンダ SALAMANDER)は、1987年コナミから発売されたMSXシューティングゲームである。その前年にアーケードゲームとして発売された同名の作品の移植作だが、アーケード版などと共通する要素はタイトルとBGMくらいで、ステージ構成などは大幅に変更されている。

i-revoWiiバーチャルコンソールで配信されている他、『コナミアンティークスMSXコレクション』のVol.3(プレイステーション)およびウルトラパック(セガサターン)にはMSX版『沙羅曼蛇』が収録されている。

ストーリー[編集]

概要[編集]

アーケード版『沙羅曼蛇』が『グラディウス』の続編的な作品だったのに対し、本作は『グラディウス2』の続編として位置づけられており、ストーリーも『グラディウス2』とリンクしている。アーケード版『沙羅曼蛇』をベースとしながらも、『グラディウス2』を踏襲した設定・ストーリーデモや追加パワーアップなどのMSX独自の要素を組み込むことで、かなり毛色の異なる作品となっている。

自機は「サーベルタイガー」「スラッシャー」となっており、MSX版グラディウスシリーズ4作で唯一オプションが4つ装備できる。(二人プレイ時は二人合わせて3個)敵キャラの名前もアーケード版などと違う。また、『グラディウスII』のオプションハンターに先んじて、プレイヤーのオプションを奪ってしまう敵「オプションイーター」が登場する。

しかし、キャラ出現時のランダム要素が強かったり背景キャラ使用の敵の耐久力が高かったりするなどの要因で、家庭用グラディウスシリーズの中でも一、二を争う難易度の高さも特徴的で、真のエンディングを見るための条件も物議を醸した。

自機が破壊されると復活ポイントに戻されるのもアーケード版とは異なっている。また、2人プレイのモードには交互プレイ(EXCHANGE)と同時プレイ(DUALPLAY)があり、同時プレイでもどちらか一方がミスした場合は復活ポイントに戻される。その場合、破壊されなかったプレイヤーのパワーアップ状態は保持される。

SCC音源内蔵で、BGMには一部『ライフフォース』の曲が流用されている上、オリジナル曲も多数使用されている。

MSX版では発売記念としてテレホンカードが1枚付属していた。

パワーアップ[編集]

パワーアップは『グラディウス』と同じカプセルストック方式であり、ゲージは以下のようになっている。アーケード版『ライフフォース』とは異なり、1P/2Pのゲージ順は同じである。パワーアップできない位置にセレクトサインがあると、見かけで判断できなくなるため、特にフル装備に近くなるほど今いくつカプセルを所有しているのか自分で把握しておく必要が出てくる。

スピードアップ - ノーマルショット - 2-WAYミサイル - リップルレーザー - レーザー - オプション - フォースフィールド

スピードアップ
自機の移動速度が上がる。最大7速。
ノーマルショット
リップルレーザーもしくはレーザーを装備している時にノーマルショットに戻す。攻撃判定が狭く、弾速も遅いが、本作ではショットの威力が一律で2発連射が可能なショットがノーマルショットのみのため、対ボス戦では最も高威力の装備になる。
2-WAYミサイル
横スクロール時は上下、縦スクロール時は左右に地表を滑走するミサイルを発射。ただし自機・オプションとも画面中心からの位置によって中心と反対の側に発射方向が変わる。移植元に比べて片側にしか発射できないのはハードウェアの制限に起因するところが大きいが、同一性能のミサイルは『ゴーファーの野望_エピソードII』のほかに『グラディウスV』にも登場しており、かつ、それなりに使える装備となっている。
リップルレーザー
徐々に拡大するリング状レーザーを前方に発射。画面外に消えるまで拡大する幅に際限はなく、破壊可能な地形があれば幅の分だけ壊せる。貫通力なしで単発。レーザーとは併用できない。
レーザー
威力が高く、雑魚敵を貫通する直線状レーザーを前方に発射。リップルとは併用できない。
オプション
自機の分身を装備。自機の攻撃と同じ攻撃をする。1人プレイ時は最大4つ・2人プレイ時は合計で3つまで付けられる。
フォースフィールド
前方向に敵の攻撃を10回分防ぐバリアを装備。耐久度が残り1発になると自機の彩色部が点滅して注意を促す。

EX装備[編集]

ハッチなどを破壊すると「E」と書かれたカプセルが出現し、これを集めることで新たに装備が追加される。Eカプセルは自機の弾を通さず、かつ敵弾は通すという仕様となっている。各追加装備は『グラディウス2』のように、ミサイルならミサイルに複数回ゲージを合わせて2/3段階目パワーアップとして装備する。

15個入手するごとに下の表記順に装備が追加され、最後の追加装備であるアーミングボールが追加された後は15個ごとに自機が1upする。二機合体専用の強化装備は1人プレイでも入手できるが、使用できない。

ホークウィンド
ミサイルの強化装備。垂直の壁も登れるなど、登坂能力が強化されたミサイルが装備される。発射方向は2-WAYミサイルに準ずる。
メテオレーザー
レーザーの強化装備。(いわゆるPCGでいうところの)1キャラクタ幅の螺旋状レーザーが装備される。火山ステージに、この装備でないと破壊できない地形が存在する。
スクリューレーザー
メテオレーザーの強化装備。2キャラクタ幅のジグザグが交差したようなレーザーが装備される。このスクリューレーザーは、メテオレーザーよりも上位の装備であるにも関わらず、メテオレーザーでは破壊可能な火山ステージの地形が破壊できないため、注意を要する。
ホーミングミサイル
ミサイルの強化装備。発射方向に関係無く付近の目標物に向かって飛んで行くミサイルが装備される。地上物を破壊した残骸などにも向かって行き無意味に滞留することが頻繁にあるため、場所によってはまるで使い物にならなくなる。
ツイン
合体時に機能するノーマルの強化装備。2本が束になったレーザーを発射する。
トリプル
合体時に機能するノーマルの強化装備。3本が束になったレーザーを発射する。
アーミングボール
合体時に機能するリップルの強化装備。大型のレーザー弾を発射する。片方のプレイヤーが発射操作をし、もう片方のプレイヤーが発射方向を操作する。

特殊アイテム[編集]

『グラディウス2』と同じく、カプセル以外にもステージの特定位置に特殊なアイテムが出現し、取得することで一定時間効果を発揮する(トランフルボムを除く)。

スクロールストップ
画面スクロールがストップし、敵に攻撃を集中することができる。
オプションホールド
後に発売される『サンダークロス』のような、自機を中心として上下にV字陣形を取ったオプション配置となる。効果が切れるとオプションはそれまでの軌跡を辿った状態の位置に戻る。
スパークライト
3B面専用アイテム。暗くなったステージに明かりをつけることができる。
トランフルボム
3B面専用アイテム。非常に破壊力のあるミサイルで、巨大な壁を一撃で破壊することができる。ボタンと連動して発射される。ストック可能。

以下は2人プレイ専用で出現する特殊アイテム。

オプションチェイン
一定時間、双方の自機が持つオプションが互いの間を繋ぐように配置される。
ユニオン
アイテム取得後一定時間以内に双方の自機を接触させると、一定時間合体をすることができる。合体後は約2倍の大きさの緑色の機体となるが、敵弾などへの当り判定は前半分にしかない。なお、合体状態で敵や敵弾に当たっても、合体が解除されるだけでミスにはならない。
アイテムを取得した側のプレイヤーが「PILOT」となり移動操作、もう一方のプレイヤーが「Co.PILOT」となりショットの操作を行う。


ステージ[編集]

全6~7面。2面終了後の3面から5面はプレイする順番を自分で選ぶことができる。各面の初期難易度はプレイ毎にランダムに割り振られ、ステージ選択画面に表示される。後に回した面は難易度が上がる。なお使用曲のタイトルは1992年に発売された『沙羅曼蛇 -Again-』に基づいている。

Stage ステージタイトル 解説 使用曲 ボス
1 OPERATION ONE
- TOP FLIGHT SPEED TO LATIS -
横スクロール面。オリジナル版の1面と似た細胞地帯。ここでは新たに下にスクロールする場所がある。 POWER OF ANGER
ゴーレム
2 OPERATION TWO
- CONDUCT TO SPACE STATION ZOT -
縦スクロール面。オリジナルの2面に似たアステロイド地帯。 FLY HIGH テトラン
3A OPERATION THREE
- SET THE LEEK SYSTEM -
PLANET EIONEUS
縦スクロール面。オリジナルの4面に似た火山面。 STARFIELD センターコア
デッドエンド
3B OPERATION THREE
- SET THE LEEK SYSTEM -
PLANET LAVINIA
横スクロール面。本作オリジナルの要塞面。ステージが真っ暗になるエリアや次々と襲い掛かる壁コアなど様々な新しいギミックが組み込まれている。かなりの難易度。 COMBAT セデューサ
3C OPERATION THREE
- SET THE LEEK SYSTEM -
PLANET KIERKE
横スクロール面。本作オリジナルの細胞面。ステージの構成は比較的シンプル。全体的に青い。 BURN THE WIND エニグマ
X OPERATION X
- WRATH OF VENOM -
横スクロール面。グラディウス2のヴェノム艦と同じステージ。 LAST EXIT[venom 1]
4 OPERATION FOUR
- CRUSH SALAMANDER -
縦スクロール面。オリジナル版の6面を踏襲しているが、終盤には横スクロールしながら進んでいくエリアがある。ボスはアウターリミッツだが、空中に浮遊している。 DESTROY THEM ALL アウターリミッツ
メタルスレイブ
  1. ^ CD『沙羅曼蛇 -Again-』に基づく。後年作曲者の古川もとあきにより"MOONSPIN"というタイトルが付けられている。また『沙羅曼蛇2』サウンドトラックなどでは曲名がアーケード版3面BGMタイトル"Planet RATIS"と入れ替わっている。詳しくは『グラディウス2』、『沙羅曼蛇2』をそれぞれ参照のこと。

重要アイテム[編集]

炎の予言
AC版ゲームストーリーに表記されていたものとは違うが、ステージ3以降、ステージごとの特定位置(数ヶ所設定されている内、1プレイ中ランダムな1ヶ所)に自機が触れるとテキスト画面に切り替わり「炎の予言」が表示される。
ステージ3以降のボスはメインのコアを攻撃するための前段階として複数実装されているコアのどれか1つを破壊しなければならず、「炎の予言」には正解のコアの色(これもランダム)が書かれている。
クリスタルブリーズ
神秘的な力を持つクリスタル。『グラディウス2』のカートリッジをMSX本体の2個目のスロットに挿していると入手することができるようになる。これが無いと、真のエンディングが見られない。

エンディングについて[編集]

真のエンディングはヴェノム艦を登場させてクリアすることで見ることができる。ところがその登場条件がクリスタルブリーズの取得であったため、『グラディウス2』が無ければ真のエンディングを見ることは不可能であった。このことは当時、複数の観点から批判を浴びた。

なお復刻・移植版におけるエミュレートでは、無条件で『グラディウス2』を併用した状態になっているのでこの問題はない。

PS/SSアンティークス版は、オリジナルが面内の敵砲台にグラディウス2のデータを使っていた為、グラディウス2が無い状態でのヴェノム艦内はパワーカプセルをもつ砲台が一切無くなっている。ヴェノム艦内での復活プレイはカプセル不足により困難を極める。

外部リンク[編集]