オオクワガタ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオクワガタ属
Dhb.JPG
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: コウチュウ目 Coleoptera
亜目 : カブトムシ亜目 Polyphaga
上科 : コガネムシ上科 Scarabaeoidea
: クワガタムシ科 Lucanidae
亜科 : クワガタムシ亜科
Lucaninae
: オオクワガタ属 Dorcus
学名
Dorcus
MacLeay, 1819

オオクワガタ属Dorcus)は、クワガタムシ科を分類する約100のうちの1属である。 ネブトクワガタ属ノコギリクワガタ属に次いで、3番目に種類の多い属であり、 世界の広範囲に分布し、約140が知られていて、日本では9種22亜種が生息している。 Dorcus(ドルクス)とは、アフリカのレイヨウ類の角に大顎の形が似ていることに由来している。

かつては、ヒラタクワガタ類、コクワガタ類、アカアシクワガタ類などは別属で分類されていたが、同じオオクワガタ属の亜属として統合された。

特徴[編集]

本属の特徴としては、体色は黒色が多く、上から押しつぶされたように平たい。このような体型は、樹洞に生息(洞占有性)する習性と深く関係している。野生状態では見つけにくく、飼育下でも止まり木の下に潜っていることが多い。 飛ぶことも稀で、概して臆病だが、背中を小突けば体を奮い起こして威嚇する闘争心も併せ持ち、また大顎の力も強い部類に入るため、注意が必要。 クワガタムシ科の中でも大型の種を含む。本属と同様に性的二形の著しいことで知られるノコギリクワガタ属と互いに近縁である。 愛好家からも特に人気があり、日本産のオオクワガタを始め、アンタエウスオオクワガタ、中国ホーペオオクワガタなど一時期もてはやされたものも本属の種である。 このため、今日の飼育用品はこれらの種の飼育を目的としたものが中心で、当該種は勿論のこと、他のオオクワガタ属であっても食性などの生態が似通っているため、飼育方法もほぼ確立しており容易であると言える。 種類数が多く、アジアヨーロッパ北アフリカ北アメリカと分布域も大きい。成虫の寿命が比較的長く、活動開始から1年以上生きるものも多く、日本など温帯地方に分布する種類では土や木の洞に潜り越冬する習性を持つものが多い。

分類[編集]

オオクワガタ属は、7亜属分類されている。

オオクワガタ亜属 Dorcus[編集]

  • アンタエウスオオクワガタ Dorcus antaeus - 東南アジア内陸部に生息し、インドシナ系とヒマラヤ系に大きく分けられる。標高2,000m以上に生息し、低温多湿を好む。ミナミオオクワガタとも呼ばれ、アンテと略称される。オオクワガタに次いで外産解禁時にブームを担った。産地ごとに差異が見られ、2010年、亜種分けされた。
    • D.a.antaeus (原名亜種)

インド北東部・ネパールブータンミャンマー西部に産する個体群。3亜種の中で最も大きくなり、♂の体は他の亜種に比べて体はやや細長く、光沢が強い。 また、大あごの湾曲が弱く、大型個体では内歯はより前方に突出し、斜め前方を向く。 市場では産地によって価格も変わる。内歯が先端に付くインド産は高額になり、ネパール産、ブータン産なども人気がある。一時期インド産は数十万円することも稀ではなかった。

    • D.a.miyashitai

ミャンマー東部・タイ北部・ラオス北部・ベトナム北部・中国雲南省南部に産する個体群。 原名亜種に比べてオスの体と大あごは太短く、光沢はやや鈍い。 大型個体では大あごの内歯が側方に突出する。

    • D.a.datei

マレー半島ベトナム南部に産する個体群。3亜種中最も小型で、オスの大あごは太短く湾曲が強い。 また、大あごの先端部と内歯はより鋭く突出して、前胸背板の前方がより広い。原名亜種とは正反対の特徴を持つが、 内歯の面積が広く人気があり、価格もタイやラオスの個体群よりも高価である。

  • ホペイオオクワガタ Dorcus hopei
    • ホペイオオクワガタ(原名亜種) D.h.hopei - 中国南部に生息する。特に福建省産が良く流通しており人気がある。アンタエウスオオクワガタの次に流行ったいわゆる「中国ホーペ」。
    • オオクワガタ D.h.binodulosus - 日本最大級のクワガタ。クワガタブームの先駆け的存在だが、もともと少ない上に乱獲によって野生個体数は減っており、絶滅危惧II類(VU)環境省レッドリスト)に指定されている。クルビデンスオオクワガタの亜種として位置づけられていたが、後のDNA解析の結果、2000年ホペイオオクワガタの亜種とされた。
  • クルビデンスオオクワガタ Dorcus curvidens
    • D.c.curvidens (原名亜種)

ホペイオオクワガタと同種との意見も多いが、北脇和光氏は中国広西省で一本の木から本種とホペイオオクワガタを採集していることや、雌雄の形態も差異がみられるため、別種であると思われる。

    • D.c.babai

ベトナム中部~南部に生息する。大顎の付け根付近に位置する内歯が特徴的な亜種。2010年、世界のクワガタムシ大図鑑の著者藤田宏氏に よって新亜種記載された。長い間記載されていなかったため、クルビデンスssp.など、当時の流通名が未だに残っている種。 また、原名亜種と同所で得られていることが確認されているため、別種である。今後独立種に昇格する可能性が極めて高い。

  • グランディスオオクワガタ Dorcus grandis - 本亜属中の最大種。オオクワガタ亜属では最大の大きさを持つ。野外ギネスは91.5mm。 体の横幅があり、大アゴが太く、強く湾曲している。成虫は約2年以上とかなり長生きする。
    • D.g.grandis (原名亜種)

ラオスベトナム北部、中国雲南省海南島に生息する。前胸背板の前縁が斜めに切れ込んでいる。

    • D.g.formosanus

台湾に生息する。内歯は大型個体ほど やや前方に位置する。前胸背の切れ込みがあるものと、ないものが存在する。

    • D.g.moriyai

ミャンマーインド北東部に生息する。特に大型で、光沢が強い。原名亜種のような前胸背の切れ込みはない。

以前はパリーオオクワガタ (D. parryi)と呼ばれていたが、1998年にリツセマオオクワガタ (D. ritsemae)とされた。 東南アジアの島々などの隔離された地域に分布しているため、大アゴなどに特有の形態が存在している。その為、以下の8亜種に分けられている。

コクワガタを大きくしたような外見をしている。 メスの上翅には縦のスジがなく、アンタエウスオオクワガタのメスに似ている。 生息地域の台湾では保護の対象となっている。

オオクワガタの仲間では小型種であるが、オオクワガタらしい特徴を備えている。

2009年7月に記載された新種。ベトナム南部に分布。Holotype標本は飼育個体。野外で発見されている個体はほとんどが♀で♂は小型の個体しか得られていない。

ベトナム北部・タイ北部・ミャンマー北部・インド北東部などに生息する。2010年に世界のクワガタムシ大図鑑の著者である藤田宏氏によってDorcus tonkinensisという学名で新種記載されたが、既に記載されていたため、学名表記はDorcus yakshaが正しいと思われる。(学名は一般的に記載年の一番古いものが使われるため。) yakshaとは古代インド神話に登場する鬼神夜叉のことである。

ヒラタクワガタ亜属 Serrognathus[編集]

  • アルキデスヒラタクワガタ Dorcus alcides - スマトラ島に生息する。種間変異が著しいことで知られる。大顎の形状は、大別すると大きな内歯を持つ短歯型と内歯が目立たない長歯型の二型に分けられる。力はトップクラス。
  • ダイオウヒラタクワガタ Dorcus bucephalus - ジャワ島に生息する。東と西で大顎の変異が見られ、それぞれ「イーストジャワ」、「ウエストジャワ」と呼ばれる。大顎が前後に押し縮められたような形状を呈し、全体的にずんぐりとした体形を有する。

コクワガタ亜属 Macrodorcus[編集]

アカアシクワガタ亜属 Nipponodorcus[編集]

  • アカアシクワガタ Dorcus rubrofemoralus - 肢の腿節が赤みを帯びるたこの名前がある。山沿いの平地〜山地に生息し、広葉樹の樹液に集まる。高標高地では樹液の出る樹木が少ないため、ヤマヤナギ、ダケカンバ、ウダイカンバ等の幼木、若枝の樹皮を自ら傷つけて樹液を確保する生態が見られる。
  • ヒメオオクワガタ Dorcus montivagus

サビクワガタ亜属 Velutinodorcus[編集]

アローコクワガタ亜属 Hemisodorcus[編集]

ヒメヒラタクワガタ亜属 Metallactulus[編集]

分岐図[編集]

日本のオオクワガタ属については、ミトコンドリアDNAを解析した結果から、分岐の順序が明らかとなっている。






オオクワガタ



コクワガタ





アカアシクワガタ



ヒメオオクワガタ





スジクワガタ





オキナワヒラタクワガタ(亜種)



タイワンヒラタクワガタ




参考文献[編集]

  • 『昆虫と自然』 2003年3月号 特集 クワガタムシ・クロツヤムシ
  • 『ビー・クワ』 No.16(2005年) 世界のオオクワガタ大特集
  • 『ビー・クワ』 No.28(2008年) 世界のヒラタクワガタ大特集