エオラプトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エオラプトル
Eoraptor
エオラプトル
エオラプトル
Eoraptor lunensis 想像図
地質時代
三畳紀前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : ?獣脚亜目 Theropoda
: エオラプトル属 Eoraptor
学名
Eoraptor
Sereno et al.1993

エオラプトル (Eoraptor) は中生代三畳紀後期(約2億2,800万年前)に生息していた最古の恐竜のひとつ。現在知られている恐竜の中でも最も原始的だと考えられ、恐竜に含めない研究者もいる。恐竜時代の黎明期に存在したことから名前は夜明けの泥棒という意味を持つ。

体長約1メートル。小型で軽量な体躯。既に中空の骨を持っていた。頭骨は細長く、顎には多数のがあった。歯の形態は特殊化しており、顎の前方の歯は古竜脚類とよく似た木の葉形、後方の歯は獣脚類特有のカーブした形になっていた。前肢は短く、指は五本あった。しかし、このうち2本は退縮しつつある。[1] 原始的な獣脚類に含まれると見なされてきた傾向が強かったが、外鼻孔や前肢の指の形態から原始的な竜脚形類の仲間ではないかと近年になって提唱されはじめている。[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『恐竜博物図鑑』 44頁
  2. ^ 『恐竜博2011』 34頁

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • ヘーゼル・リチャードソン 『恐竜博物図鑑』 ディビット・ノーマン、新樹社〈ネイチャー・ハンドブック〉、2005年、44頁。ISBN 4-7875-8534-7