Zemmix

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

Zemmix재믹스 ゼミクス)とは、大宇電子が1985年から1995年にかけて韓国で展開したゲーム機のブランド。「재믹스」とは「楽しみ」を意味する재미있다MSXの合成語である。

1990年以降の大宇電子は日本電気 (NEC) のPCエンジンOEMもZemmixブランドで発売するようになった。本稿では主に大宇電子がMSXを基にして独自開発したゲーム機について記述する。

概要[編集]

Zemmixとは、韓国の大手電機メーカーでありMSX規格にも参入した大宇電子がMSX規格に基づいて独自開発したゲーム機である。MSX規格のハードを簡素化して、コントローラでプレイするROMゲーム専用機としたものであり、1985年から1995年にかけてMSX1、MSX2、MSX2+の各世代に渡って製造された。ソフトウェアは当時の韓国に法的保護がなかったことから、日本でMSX用として発売されたソフトの海賊版が氾濫した。

初代ZemmixおよびZemmix VはMSX1をベースにしているが、キーボードをサポートしないことからMSXの要件から外れており、そのため製品にはMSXマークが使われていない。キー操作が必要なソフトについては起動はできても操作することが不可能となる。BIOSとしてMSX-BASICのROMが搭載されているが、ソフトを挿さずに電源を入れてもBASICは起動せず、ブランク画面が表示されるのみである。一部のメガロムが動作しないなど、互換性も完全ではない。

Zemmix Super VはMSX2ベースで、オプションでキーボードが接続できBASICも起動することから、曲がりなりにもMSX2仕様を満たしており、本体にMSX2マークが付けられている。起動時の表示はZemmix Super Vのロゴに変更されている。周辺機器はカートリッジスロットで接続できるものを除いて一切使用できない。

Zemmix TurboははVDPにV9958を搭載しており、日本国外のメーカーの製品として唯一MSX2+以降と互換性のあるハードである。ただし搭載されているMSX-BASICはバージョン2.0のままで、MSX2+相当として動作するのは、ソフトウェアが直接VDPを操作する場合のみである。TURBOボタンが付いており、押すことでソフトが高速で動作する。

他国同様に韓国でも1980年代前半に繰り広げられたホビーパソコンの熾烈なシェア争いの結果、韓国ではApple IIとMSXが生き残ったが、特にMSXに注力した大宇電子が1985年に投入したゲーム専用機Zemmixは大々的なCM効果もあり1980年代後半の韓国ゲーム市場で寡占的な影響力を持った。しかし1989年にライバルの三星電子セガと提携しマスターシステムのOEM機を、現代電子任天堂と提携してファミコンのOEM機を市場に投入したことで、そのシェアを失う。1990年にはZemmix(大宇電子製ゲーム機)のラインナップにPCエンジンシャトルのOEM機が加わるが、PCエンジンコアグラフィックス以降の世代のPCエンジンのOEM機はヘテ電子が取り扱うようになったこともあり、結局大宇電子は1995年までMSXを基にした独自路線のゲーム機を販売し続けた。

Zemmix普及以前の韓国では、パソコンやゲーム機はごく少数のマニアのものであり、ソフトもハッカー集団が製作した物をショップに持ち込んで直接取引きするなど、80年代初期の日本とほぼ同じ状況であった。リリースされるソフトはその全てが既存のソフトの非ライセンス移植か盗作であったが、1985年のZemmix登場による家庭へのゲーム機(パソコン)の普及と、1987年のソフトウェア著作権保護法によるパクリゲームの禁止により、1987年には韓国史上初のオリジナルRPG『신검(神劍)의 전설(傳説)』(Apple II用)がApromanからリリースされるなど、韓国のゲーム産業は順調に発展してゆくことになる。

ハードウェア[編集]

仕様[編集]

  • カートリッジスロット×1
  • 外部入力端子
コントローラA, コントローラB, ACアダプタ, キーボード接続端子(CPC-61以降)
  • 外部出力端子
映像(VIDEO), 音声(AUDIO), RF

製造モデル[編集]

すべてのモデルはNTSC規格に対応している。

カラーバリエーションは型番末尾のアルファベットで判別できる。例えば型番「CPC-51W」はホワイト&シルバーモデルの Zemmix V。

MSX1規格と互換性のあるモデル[編集]

  • CPC-50 (Zemmix)[1]
1985年発売。内蔵RAM 8KB。付属のコントローラは操縦桿型。ACアダプタ付属で、電源スイッチはACアダプタ上にある。
カラーバリエーションはホワイト&ピンク、ホワイト&グリーンの2種類(型番にアルファベットは付かない)。
MSXマガジン1986年8月号で、韓国デーウーのショールームに展示された本機が紹介されている。
  • CPC-50B/50P (Zemmix)
1985年発売。CPC-50のカラーリングを変更したモデルで、内蔵RAMが64KKBに増強されている。
カラーバリエーションはダークブルー&イエロー(B)、ピンク&ブルー(P)の2種類。
  • Zemmix SuperBoy
1985年発売。MSX内蔵テレビ。ゼネラルが日本で発売したMSX内蔵テレビ「PAXON」に似ているがキーボードは接続できない。
RAM 32KB搭載。内部でRGB出力されているため画像は鮮明に表示される。
  • CPC-51R/51W/51B (Zemmix V)[1]
1986年発売。本体が丸みを帯びたホームベース型で、上から見るとカブトガニのようにも見える。電源が内蔵されACアダプタが不要になる。
カラーバリエーションはレッド&ブラック(R)、ホワイト&グレー(W)、ブラック&ブルー&イエロー(B)の3種類。
一番普及したモデルと言われており、Zemmix Neoのフォルムの元にもなっている。
本体底面に拡張端子があり、ここに接続するキーボードが発売予定だったが、結局発売されなかった。

MSX2規格と互換性のあるモデル[編集]

  • CPC-61W/61B (Zemmix Super V)[1]
1990年発売。このモデルからキーボードが接続できMSX-BASICが使用可能。
起動時にMSXロゴの代わりにZemmix Super Vのロゴが表示される。付属のコントローラはパッド型。
カラーバリエーションはホワイト&ピンク(W)、ブラック&レッド(B)の2種類。
  • CPC-330K (KOBO)[1]
1990年発売。幼児向け教育用コンピュータ。
製品には本体(キーボード一体型)、モニター、引き出し付きのモニター台、操縦桿型ジョイスティック、ボタンコントローラ、ソフトウェアカートリッジが含まれる。
キーボードはTRONキーボードに似た独自配列になっている。カートリッジスロットの他に、パラレルポート、拡張バス、CMTインターフェースを搭載していて、普通のMSX2としても使用可能。

MSX2+規格と互換性のあるモデル[編集]

  • CPG-120 (Zemmix Turbo)[1]
1991年発売。前年より大宇電子がOEMしていたPCエンジンシャトルに酷似したデザインだがPCエンジンとの互換性はない。
VDP9958を搭載しているが、MSX-BASICは2.0のまま。

(PCエンジンのOEM)[編集]

  • CPG-100 (Zemmix PC Shuttle
1990年発売。PCエンジンシャトルOEM

周辺機器[編集]

大宇電子[編集]

  • CPJ-905: MSX ジョイスティック (CPC-51用)
  • CPJ-600: MSX ジョイパッド (CPC-61用) - 連射機能付き
  • CPK-30: 外付けキーボード (CPC-61用) - テンキー無し
  • CPJ-102K: MSX コントローラ (CPC-330用) - 操縦桿型
  • CPK-31K: ボタンコントローラ (CPC-330用) - ★や●などの形のボタンを搭載した教育用コントローラ

ZEMINA[編集]

  • A Keyboard & Cartridge port divider [2]
  • The Zemina Music Box[3]
  • An MSX2 Upgrade Kit[2]
  • A Zemmix PC card[2]
  • MSX RAM expansion cards[4]
  • A 'Family Card' that allows the user to play Famicom games on the Zemmix[5]

PROSOFT[編集]

  • PROSTICK

ゲームソフト[編集]

上述のとおり、Zemmix用ゲームは他のMSX用ゲームとほぼ完全な互換性を有しているが、ここではZemmixブランド向けにソフトを供給していたメーカーを列挙する。1987年のソフトウェア著作権保護法施行前の韓国においては、大手メーカーと言えど日本製MSX用ソフトの海賊版が製品の殆どで、その傍らで知的財産権に対する意識に乏しいハッカー上がりのクリエイターが製作した作品をわずかにリリースしたのみである。それも韓国以外では販売できないようなクローンゲームや非ライセンス移植作が主だが、例えばTopia『Legendly Knight』(『魔城伝説II ガリウスの迷宮』のクローンゲーム)やZemina『Double Dragon』(『ダブルドラゴン』の非ライセンス移植)などを製作した高校生ハッカーが後にファンタグラムを設立する[6]など、1980年代後半の韓国におけるMSX機の隆盛は後の韓国のソフトウェア産業の礎を築くことに貢献した。

  • Aproman
  • Boram
  • Clover
  • Daou Infosys
  • FA Soft
  • Mirinae
  • Prosoft
  • Screen
  • Topia
  • Uttum
  • Zemina

上記の殆どが、海賊版ソフトでコピーライト表示を書き換えるために便宜上用意されたブランド名である。同一のソフトが複数ブランドで発売されているケースもあり、同じメーカーが複数の名義を使い分けていた可能性もある。

Zemmix Neo[編集]

2013年、有志によりZemmixをFPGAで復元する「Zemmix Neo」プロジェクトが韓国で発足、限定100台で5月に販売された。ハードウェアはMSX2+ベースとなっており、カートリッジスロット2基とジョイポートの他、PS/2キーボードコネクタUSBポートSDカードスロットを装備している。実体は日本で発売された1チップMSXをベースに、ファームウェアをZemmix仕様にカスタマイズしたものである[7]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]