マイビジョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイビジョン
Nichibutsu My Vision.jpg
マイビジョン KH-1000
メーカー 日本物産
種別 据置型ゲーム機
世代 第3世代
発売日 日本の旗 1983年
対応メディア ロムカセット
売上台数 5万台[1]
テンプレートを表示

マイビジョンMy Vision)とは、1983年日本物産が開発・製造した家庭用ゲーム機。当初のメーカー希望小売価格は39,800円[2]だったが、後に19,800円とされた。

概要[編集]

当初、1983年5月9日の販売元は中央産業であったが[3]、途中で1983年12月20日に関東電子(現:シネックスジャパン)も販売するようになった[4]。販売元は異なるものの日本物産が主体となって開発した家庭用ゲーム機であり、本体裏やRF端子ケーブルACアダプターには同社の「Nichibutsu」ロゴが記載されている。ゲームソフトの開発は日本物産とサードパーティーに関東電子の関連企業だったロジテックが参入し、開発を担当した。

仕様[編集]

リバーシ麻雀などボードゲームに絞った家庭用ゲーム機で簡単なキーボードが搭載されており、2台のマイビジョンと通信ケーブルを揃えれば2人対戦プレイができる[2]。画像出力はRF端子出力AV端子出力の2種類が可能で、ゲーム機本体裏にはスピーカーとボリューム調整ダイヤルが付いている。

タイトル[編集]

全カセット定価4,500円[5]

  • 五目ならべ 連珠 (日本物産、4,500円)
  • マージャン (日本物産、4,500円)
  • ハナフダ (ロジテック、4,500円)
  • マスターマインド (ロジテック、4,500円)
  • リバーシ (ロジテック、4,500円)
  • ツメショウギ (ロジテック、4,500円)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山崎 功 『家庭用ゲーム機コンプリートガイド』 主婦の友インフォス情報社、2014年、60頁。
  2. ^ a b 第2回:TVゲームグラフティー 1984年日本編 テレビゲーム・ファーストジェネレーション - ファミ通.com
  3. ^ 日経産業新聞に掲載された中央産業の発表には5月9日発売予定と記載
  4. ^ 関東電子が配布したマイビジョンのパンフレットには12月20日発売予定と記載
  5. ^ My Vision by Nichibutsu - The Video Game Kraken

外部リンク[編集]