五目並べ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
五目ならべの石と盤面

五目並べ(ごもくならべ)とは、2人で行うボードゲームの一種。囲碁の道具を用いて行う簡単なゲームで、盤上に交互に石を置いていき、先に石を直線状に5個並べることを競う。

概要[編集]

囲碁同様、2人のプレイヤーが碁盤の上に黒、白の石1つずつ交互に置く。置く場所は原則として自由である。いったん置いた石は除かれない。先に自らの色の石を5個直線(縦、横、若しくは45度の斜め)に並べた方が勝ちである。

正式ルールや大会、広く一般に認められた団体などは存在しない。日本以外にも知られており、ゲームが行われることがある(なお、五目並べのルールに制限を付けて先手・後手の均衡をとったものに連珠があり、これには団体があり段級制度や名人戦、世界大会などが存在する)。

禁手のない五目並べは、両者が最善手を指し続けた場合、先手必勝となる。明治時代の1899年黒岩涙香が必勝法を発見している。二人零和有限確定完全情報ゲームに分類される。

歴史については、連珠項目内に記載があるので参照のこと。

用語[編集]

どちらかが3個直線で並べ、両端ともが止まって(その先に相手の石が置いてあるか、版の端に当たっていること)おらず、放置すると棒四になる手のこと。間がひとつあいた三を飛び三といい、三と同じ効果がある。
どちらかが4個直線で並べること。一端が止まっていてもよい。放置すると五になる。間がひとつあいた四を飛び四といい、四と同じ効果がある。
長連
どちらかが6個~9個直線で並ぶこと。長連でも勝ちとする場合と、長連では勝ちにならない場合がある。
棒四
達四ともいう。どちらかが4個直線で並んでおり、両端が空いている状態。相手は片方を止めてももう片方で五となるため作った側の勝ち確定である。
三三
どちらかが三を違う角度で同時に2つ作ること。相手は同時に2つの三を止められないため、作った側の勝ちであるが、禁じ手とされることがある。
四三
どちらかが三と四を違う角度で同時に作ること。相手は三と四を同時に止めることができないので、四三を作った方が勝ちとなる。ただし、四の方を止めたことによって自分が四になった場合は、止めることができる場合がある。
四四
どちらかが四を2つ同時に作ること。相手は2つの四を同時に止めることができないので、四四を作った方が勝ちとなる。一直線上にできることもある。

類似のゲーム[編集]

関連項目[編集]

  • m,n,k-ゲーム - 五目並べのようなゲームを一般化し、m×nのマス目にk個の駒を並べたら勝ちとするゲームの総称。15路盤を使った五目並べは15,15,5-ゲームとなる。