五目ならべ 連珠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
五目ならべ 連珠
ジャンル テーブルゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 任天堂
発売元 任天堂
人数 1 - 2人(対戦プレイ)
メディア 192キロビットロムカセット[1]
発売日 1983年8月27日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

五目ならべ 連珠』(ごもくならべ れんじゅ)は、任天堂より1983年8月27日に発売されたファミリーコンピュータ用ソフト。ゲーム内容は1981年日本物産が発売したアーケードゲーム五目並べ 連珠』とほぼ同一である[2]

パッケージ等では「五目ならべ」が太いゴシック体で、「連珠」のみ明朝体の細字で別枠に囲われた『五目ならべ連珠』の表記が使われている。タイトル画面でも単に『五目ならべ』であるなど五目ならべである旨が分かりやすくアピールされているものの、本質的に連珠である。また日本でのみ発売された。

2006年12月2日からWiiバーチャルコンソール対応ソフトとして、2014年10月29日からWii Uのバーチャルコンソール対応ソフトとして、それぞれ発売されている。

ゲーム内容[編集]

遊び方[編集]

碁盤の交点に黒白交互に石を置き、先に1列5個を並べたほうが1勝。これを1局とし、黒(先手)・白(後手)を交代しながら6局を対戦して勝敗の数を競う。

局の最初に珠型がランダムで決まる。つまり最初の黒→白→黒の3手は自動で置かれるため、最初に自由に石を打てるという意味では白(後手)が実質的な先攻になる。ルールは連珠に準拠であるため黒(先手)には様々な制約(禁手)がある一方で、白(後手)は三三すら禁手にはならない。

ゲームモード[編集]

  • 一人で対戦:コンピュータと対戦。スタート時はプレイヤー(I コントローラ使用)が黒(先手)、COMが白(後手)である。
    • 初級:相手の三や四(止めることのできる四三や、白の三三なども含む)が点滅するヒント機能あり。ただし対処すべき場所はそれだけではないため、そのような場所は自分で探して止めるしかない。例えば次の一手で相手が四三などを完成できるような場所があっても、その時点で三や四を形成していない場合は点滅しない。
    • 中級:ヒント機能なし。
    • 上級:石を打つのに制限時間あり。残り90秒から開始。残り20秒を切った場合は石を打った後、残り20秒から開始となる。残り時間が0秒になればその局は負け。
  • 二人で対戦:1Pと2Pで対戦。スタート時はコントローラの I 側が黒(先手)、II 側が白(後手)である。

他機種版[編集]

No. 発売日 対応機種 タイトル 開発元 発売元 メディア 型式 価格 売上本数 備考
1 2001年12月14日 ニンテンドー ゲームキューブ どうぶつの森+ 任天堂 任天堂 8cm光ディスク DOL-P-GAFJ 6,800円(税別) 日本の旗 約99万本
世界 約298万本
ミニゲームとして収録
2 2006年12月2日 Wiiバーチャルコンソール 五目ならべ 連珠 任天堂 任天堂 ダウンロード - 514Wiiポイント -
3 2014年10月29日 Wii U(バーチャルコンソール) 五目ならべ 連珠 任天堂 任天堂 ダウンロード - 514円 -

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 331頁。
  2. ^ 懐ゲーデータベース

外部リンク[編集]