アドベンチャービジョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アドベンチャービジョン (Adventure Vision) は、米ENTEX社より1982年に発売された携帯型電子ゲーム機。

概要[編集]

最初で最後の製品となった、ドットマトリクスLED表示によるカセット交換式の電子ゲーム機。日本では未発売。発売当時の価格は本体$79.99(ソフト一本同梱)、別売ソフト$14.99。電子ゲームの市場が衰退する末期に発売された製品のため、流通量が極めて少なく、コレクター間では『幻のゲーム機』とされ非常に高価で取り引きされている。

画面は横150ドット×縦40ドットの単色(赤色)LEDであるが、縦のドットは走査線のように隙間が空いているので、大きさ的には150×80ドットに相当する。コントローラは中央に4方向のジョイスティックと、その左右に4ボタンが、ひし形状にそれぞれ配置されている。リリースされたソフトは少なく、同梱のものを含めて全4種類である。

仕様[編集]

タイトル[編集]

  • ディフェンダー - 本体に同梱。アタリの同名タイトルの移植作。
  • スペースフォース - 米Venture Line社の同名タイトルの移植作。アタリの『アステロイド』に近い内容。
  • スーパーコブラ - コナミの同名タイトルの移植作。
  • タートルズ - コナミの同名タイトル(日本では『ターピン』)の移植作。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]