TVボーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TVボーイ
メーカー 学習研究社
種別 据置型ゲーム機
世代 第2世代
発売日 日本の旗 1983年10月
対応メディア カートリッジ
コントローラ入力 内蔵
テンプレートを表示

TVボーイ(テレビボーイ)は、1983年10月に学習研究社(現・学研ホールディングス)から発売された家庭用ゲーム機。価格は8,800円[1][2]。愛称はコンパクトビジョン[3]

ハードウェア[編集]

本体色は白。電源スイッチの他にゲームを中断するポーズボタンがある。

コントローラには、本体一体型のジョイスティック形式が採用された。左手で本体向かって左の取っ手をつかみ、右手でT字型のジョイスティックを握るかたちとなる。ボタンは2つあり、左の取っ手とジョイスティックのそれぞれ親指で押せる位置に付いているが、どちらも同じ入力で内部的には1ボタンである。コントローラの増設は出来ず、2人プレイするときは交替することになる[2]

当初、学研ではホビーパソコンとゲーム専用機を同時開発していたが、結果的に市場に投入されたのはゲーム専用機である本機のみとなった[3]。本体価格が安価に抑えられているのは、カセットビジョンと同様にCPUを本体側に持たせていないためで、代わりにCPUとメモリ(ROMとRAM)と周辺回路が一つのチップになっているワンチップマイコンのMC6801がゲームカートリッジに搭載されている[2][1]

仕様[編集]

  • CPU:カートリッジ側にワンチップマイコンMC6801が搭載
  • VDP:MC6847 Video Display Generator
    • テキスト表示 32桁×16行
    • グラフィック表示 256×192ドット 2色 または 128×192ドット 4色
    • スプライトPCG、ハードウェアスクロールなどのゲーム向けの機能はない。NECのパソコンPC-6001と同一の画像表示LSI。
  • RAM:2KB
  • サウンド:あり(詳細不明)
  • コントローラ:T字型スティック + 1ボタン、独立ポーズボタン

ソフト一覧[編集]

ソフトは6種類が発売された[1]。各3,800円[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c コアムックシリーズNO.682『電子ゲーム なつかしブック』p.61.
  2. ^ a b c d 山崎功『家庭用ゲーム機コンプリートガイド』主婦の友インフォス情報社、2014年、pp.58、145
  3. ^ a b テレビゲームファーストジェネレーション 第2回:TVゲームグラフティー[〜1984年日本編] ファミ通.com 2012年12月14日

関連項目[編集]