ネオジオポケットカラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネオジオポケット > ネオジオポケットカラー
ネオジオポケットカラー
SNK NeoGeo Pocket logo.png
Neo geo pocket color.png
ネオジオポケットカラー
メーカー SNK
種別 携帯型ゲーム機
発売日 日本の旗 1999年3月19日
対応メディア ロムカセット
外部接続 5ピンコネクター
互換ハード ネオジオポケット
NEWネオジオポケットカラー
テンプレートを表示

ネオジオポケットカラー(NEOGEO POCKET color)とは、過去にSNKが発売していた携帯型ゲーム機である。略記はNGPCネオジオポケットの上位機種。

モデル[編集]

ネオジオポケットカラーの小型・廉価化。

概要[編集]

ネオジオポケットカラーは、モノクロ8階調だったネオジオポケットの画面表示をカラー化(4096色中146色表示)したものである。これに伴いコントラスト調整ダイヤルが廃止された。その他の要素についてはほとんど変化していないが、使用電池が単4から単3になり、液晶画面上部に英文表記と赤い「COLOR」のロゴが入り、AおよびBボタンの収まるパネル部に凹みが設けられている、背面中央部が凹んでいるなどの微細な違いは見られる。

ネオジオポケット(モノクロ版)用ソフトは本機でも動作させることができるが、ネオジオポケットカラー用ソフトとは違いカラー表示はできない。ただし、内蔵ソフトにモノクロ対応ソフトの表示色の設定が追加されており、擬似カラーを割り当てることができる。

ネオジオポケットカラー専用のソフトはネオジオポケットでは使用できない。ただし、ネオジオポケットカラー専用ソフトにもネオジオポケットで動作させた場合のプログラムを別途入れることができるため、ネオジオポケットカラー専用ソフトの多くはネオジオポケットで動作させた場合にネオジオポケットカラーでの動作を促すコメントを表示させるようになっている。

ネオジオポケットカラーのTFT液晶は、同時期のカラー携帯ゲーム機(ゲームボーイカラーワンダースワンカラーなど)の中では、もっとも見やすく表現力が高かった。

仕様[編集]

ネオジオポケットカラー[編集]

  • CPU - 16ビット(東芝製TLCS-900/Hコア 最大クロック周波数6.144MHz)+8ビット(Z80相当品 クロック周波数3.072MHz/サウンド用)
  • 色数・解像度 - 4096色中146色 160ドット×152ライン
  • モノクロ用ソフトの場合は5種類の疑似カラー表示。
  • 画面 - 反射型TFT液晶 48mm×45mm
  • スプライト - 8×8ドット、3色+透明1色、512枚同時表示
  • サウンド - 矩形波3ch+ノイズ1ch+DAC 2ch
  • メディア - ROMカセット
  • 電源 - 単3乾電池2本+リチウムボタン電池CR2032(バックアップ用)×1個
  • 連続動作時間 - 約40時間
  • 外部端子
  • 5ピンコネクター(本体上面右寄りに配置、通信ケーブル等用)
  • ステレオヘッドホン端子
  • ACアダプター端子
  • 操作系 - 8方向ジョイスティック、A・Bボタン、OPTIONボタン、電源ボタン、音量調節つまみ
  • 内蔵ソフト - 占い、時計・アラーム機能、各種設定機能
  • 本体重量 - 145グラム(電池込みで約195グラム)
  • 価格 - 8,900円

(NEW)ネオジオポケットカラー[編集]

  • 本体重量 - 120グラム(電池込みで約170グラム)
  • 価格 - 6,800円

カラーバリエーション[編集]

  • オリジナルカラー
    • プラチナブルー(1999年3月19日-)
    • カーボンブラック(1999年3月19日-)
    • カモフラージュブルー(1999年3月19日-)
    • ソリッドシルバー(1999年10月21日-)
    • パールブルー(1999年10月21日-)
    • クリスタルブルー(1999年10月21日-)
    • クリスタルイエロー(1999年10月21日-)
    • クリスタル(1999年10月21日-)
  • 限定版
  • 阪神タイガースバージョン - クリアブラックとイエローの2色で虎縞を表現していた。阪神が1999年のシーズン開始当初、非常に好調だったことから発売されたが、直後から負けが込むようになり、たちまち順位を落としていった。

周辺機器[編集]

基本的にモノクロ版の周辺機器がそのまま使用可能。

充電式バッテリー
ロゴ入りの単3ニッケル水素二次電池。バッテリー単体のほか、充電器とのセット販売もあり。本機用とされていたが特別な仕様ではなく、他の機器にも流用可能。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]