Oracle PowerBrowser

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Oracle PowerBrowser
Oracle PowerBrowser.png
Oracle PowerBrowserのスクリーンショット
作者 オラクル
開発元 www.oracle.com
対応OS Windows
サポート状況 開発終了
種別 ウェブブラウザ
テンプレートを表示

Oracle PowerBrowserは、オラクルが提供するイントラネット対応多機能ウェブブラウザである。[1]

特長[編集]

初心者でも操作しやすいユーザインタフェースを採用し、業界標準の機能を全てサポート。HTML2.0やテーブル、フレーム、バックグラウンドなどの拡張されたタグを理解する。画像ファイルフォーマットJPEG,GIFだけでなく、インターレースGIFやアニメーションGIFなどのフォーマットもサポートする。Javaネットスケーププラグインに対応し、Javaアプリケーションソフトウェアや各種ベンダーから提供されるプラグインソフトウェアを利用可能。Secure_Sockets_Layerをサポートし、既存の商用サーバへの高いアクセスが可能。 Oracle BASICインタプリタを内蔵し、ODBCを介して直接データベース管理システムと通信可能である。パーソナルWebサーバ機能はデータベースを検索するページを取り扱うことが可能である。[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]