ASTROMANTIC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ASTROMANTIC
m-floスタジオ・アルバム
リリース
録音 2003年 - 2004年
ジャンル J-POPHIP-HOP
時間
レーベル rhythm zone
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2004年度年間42位(オリコン)
ゴールドディスク
m-flo 年表
m-flo inside
(2004年)
ASTROMANTIC
(2004年)
ASTROMANTIC CHARM SCHOOL
(2004年)
テンプレートを表示

ASTROMANTIC』(アストロマンティック) は、日本音楽ユニットであるm-floの3rdアルバム2004年5月26日rhythm zoneより発売された。CCCD

概要[編集]

シングル「REEEWIND!」「miss you」「the Love Bug」が収録されている。m-flo名義のオリジナルアルバムとしては3年振りであり、"loves Who?" 新体制での第1作目となる。17 組のアーティストとコラボレーションしており、Dragon Ash坂本龍一など参加アーティストが豪華なことも話題になった。インタールードナレーション矢島正明パトリック・ハーランパックンマックン)が担当。初回プレス購入者には "m-flo loves intel"と題した特別企画が提供された[1]

Lovesアーティストの個性を最大限生かしつつ、全体を通してm-floの楽曲として昇華させている。J-POPにおけるコラボブームの先駆けとなったアルバムである。

収録曲[編集]

CDの収録番号順である。"/"の後はフィーチャリング(loves)したアーティスト。

  1. The 3rd Impact
  2. miss you / melody. & 山本領平
    • 15thシングル。17thシングル「let go」(2004年)の初回盤ボーナス・トラックにはこの曲のライヴ・バージョン、またmelody.のアルバム『Be as one』(2006年) にはリミックス・バージョン(m-flo関連作品未収録のバージョン)が収録されている。
  3. STARSTRUCK~"The Return of the LuvBytes" / AI & 日之内絵美 & Rum (Heartsdales)
  4. How to be Astromantic
  5. VANESSA / Bloodest Saxophone
  6. WAY U MOVE / Dragon Ash
    • このアルバムの中では一番長い曲でPVがある。
  7. gET oN ! / Crystal Kay
    • 第1弾シングルのカップリング。JR東日本のCMでも使用された。
  8. Astrosexy / CHEMISTRY
    • 第2弾シングルのカップリング。逆バージョンはCHEMISTRY meets m-flo「Now or Never」(CHEMISTRYのアルバム『One×One』(2004年) に収録)。
    • また、この曲のリリックには、「EXPO」、「been so long」、「ギャラコレ」などとm-floに関連する言葉を多く入れている。
  9. Listen to Your Heart
  10. the Love Bug / BoA
  11. Life is Beautiful / DOUBLE & TOKU
    • ジャズ系の楽曲。DOUBLEはその後ジャズ・アルバム「Life is beautiful」をリリースし、新たな一面を見せた。
  12. I WANNA BE DOWN / 坂本龍一
    • 「Tokyo Designer's Week 2004」テーマソング。
  13. Rendezvous 2014
  14. Cosmic Night Run / 野宮真貴 & クレイジーケンバンド
  15. REEEWIND! / Crystal Kay
    • 通算14枚目、新体制第1弾シングル。逆lovesバージョンは、Crystal Kay loves m-flo「I LIKE IT」。
  16. 宇宙のウオウオ / BOY-KEN & BLACK BOTTOM BRASS BAND
    • m-floの曲で初の日本語名の曲
  17. Curtain Call

参加アーティスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目・作品[編集]