鵜澤總明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鵜沢総明から転送)
移動先: 案内検索
鵜澤 總明
うざわ ふさあき
Fusaaki uzawa.jpg
鵜澤總明の肖像写真
生年月日 1872年9月4日(旧暦明治5年8月2日
出生地 千葉県長柄郡
没年月日 (1955-10-21) 1955年10月21日(83歳没)
死没地 東京都渋谷区千駄ヶ谷
出身校 東京帝国大学法科大学独法科 卒業
第一高等学校 卒業
前職 弁護士
所属政党 立憲政友会
称号 正四位
法学博士(1908年)

日本の旗 貴族院議員
選挙区 勅選議員
在任期間 1928年4月4日 - 1937年9月13日

日本の旗 衆議院議員(3-4期)
選挙区 千葉県区→)
千葉県第6区
当選回数 2回
在任期間 1917年4月20日 - 1924年1月31日

日本の旗 衆議院議員(1-2期)
選挙区 千葉県区
当選回数 2回
在任期間 1908年5月15日 - 1914年12月25日
テンプレートを表示
明治大学駿河台キャンパスの鵜澤總明胸像

鵜澤 總明(うざわ ふさあき、1872年9月4日明治5年8月2日)- 1955年10月21日)は日本の弁護士政治家学位法学博士。新字体で鵜沢 総明(うざわ ふさあき)とも表記される。

第一東京弁護士会会長衆議院議員貴族院議員、大東文化学院総長明治大学総長などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1872年千葉県長柄郡(現在の茂原市)にて、富農、鵜沢巳之松の長男として誕生する。地元の小学校へ入学し、1886年に高等科を卒業。間もなく、校長鶴岡清治郎との縁故もあって、最年少の教員として同校に就職する。鶴岡が退任すると、村長の紹介の下で儒者の太田和斎に弟子入りし、石井菊次郎らとともに漢学を学ぶ。その後、上京し、旧制第一高等学校に入学する。

政治家として[編集]

1908年衆議院議員に当選し、以後当選6回。1927年大東文化学院(のちの大東文化学院専門学校)総長に就任し、法学を講ずる。1928年には貴族院議員に選ばれる。財団法人明治大学と関わりがあり、1912年に明治中学校初代校長(後の明治大学附属明治中学校)、1934年には明治大学総長に就任する。また、明治大学雄弁会の初代会長である。明治大学および同附属中学校の構内に胸像がある。

弁護士として[編集]

極東国際軍事裁判においては、日本側の弁護団長を務めた。そのほかにも、弁護士として以下の事件裁判の被告の弁護をした。

人物[編集]

少年時代、父が冤罪で投獄されていたことがある。

著書[編集]

  • 『法学通論』明治法律学校講法会、1903年(明治36年)。[1]
  • 『法律辞解』明治法律学校講法会、1903年(明治36年)。[2]
  • 『法学通論』修学堂、1904年(明治37年)7月。[3]
  • 『法学通論』普通教育学会、1906年(明治39年)。[4]
  • 『比較法制史』明治大学出版部、1906年(明治39年)。[5]
  • 『法律哲学講義』明治39年度、明治大学出版部、1906年(明治39年)。[6]
  • 『法律哲学講義』明治40年度、明治大学出版部、1907年(明治40年)。[7]
  • 『春秋論集』春秋社、1916年(大正5年)4月18日。[8]
  • 『洗塵』春秋社、1920年(対象9年)1月15日。[9]
  • 『法律と道徳との関係』王道解説の基礎的提案、大東文化協会、1933年(昭和8年)8月25日。[10]
  • 『法律と道徳との関係』明治大学出版部、1935年(昭和10年)9月10日。[11]
  • 『老子の研究』春陽堂、1935年(昭和10年)12月15日。[12]
  • 『統帥権と統帥』明治大学出版部、1936年(昭和11年)2月18日。[13]
  • 『随想録』大東文化協会、1936年(昭和11年)4月5日。[14]
  • 『帝人事件公判速記録』明治大学出版部、1937年(昭和12年)10月5日。[15]
  • 『国民精神総動員に就いて』明治大学出版部、1937年(昭和12年)11月1日。[16]

関連書籍[編集]

  • 石川正俊 『鵜沢総明 その生涯とたたかい』 技報堂、1956年。


学職
先代:
大島健一
松平頼寿
大東文化学院総長
第4・5代 : 1927年 - 1928年
第9代 : 1940年 - 1943年
次代:
大津淳一郎
松平頼寿
先代:
酒井忠正
大東文化学院専門学校校長
第12代 : 1946年 - 1948年
次代:
藤塚鄰
先代:
横田秀雄
志田鉀太郎
近藤民雄
明治大学総長
1934年 - 1938年
1943年 - 1946年
1949年 - 1956年
次代:
木下友三郎
近藤民雄
松岡熊三郎