春日井薫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
春日井 薫
生誕 1900年
日本の旗 日本 愛知県
死没 1981年
国籍 日本の旗 日本
研究機関 明治大学
研究分野 金融論
母校 明治大学
テンプレートを表示

春日井 薫(かすがい かおる、1900年 - 1981年)は昭和期の日本の経済学者教育学者。元明治大学総長。専門は金融論

人物[編集]

愛知県出身。明治大学図書館には現在、春日井薫の旧蔵書のコレクションがあり、古典学派前後を中心とする金融関係の洋書が収められている。門下生には、原正彦・明治大学名誉教授、清水義汎・明治大学名誉教授など金融・証券分野で活躍した経済学者が多い。憂国忌発起人でもある。

経歴[編集]

  • 1921年、明治大学専門部商科卒業。
  • 1923~1926年、アメリカ、イギリスに留学。
  • 1928年、明治大学商学部教授。
  • 1939年、明治大学商学博士。
  • 1949年、明治大学商学部長。
  • 1951年、明治大学学長。
  • 1970年、明治大学総長。
  • 同年、勲二等旭日重光章受章。
  • 1972年、明治大学名誉教授・名誉顧問。
  • 1981年、叙正四位。

主著[編集]

  • 「改訂増補 貨幣及金融原理」
  • 「仏蘭西の金融組織:銀行講座10」
  • 「英国の銀行及金融:第二期銀行講座9」
  • 「最近の銀行問題 3版」
  • 「貨幣学説研究 本位制度篇」

訳書[編集]

  • 「集団行動の経済学 /J・R・コモンズ」