佐郷屋留雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1953年

佐郷屋 留雄(さごや とめお、1908年12月1日 - 1972年4月14日)は、日本の右翼活動家。熊本県出身。別名は佐郷屋嘉昭(よしあき)。

濱口首相暗殺未遂事件[編集]

玄洋社右翼団体愛国社党員。

1930年11月14日午前8時58分、東京駅構内にて、特急燕に乗り込むため第4ホームを移動中の濱口雄幸首相を至近距離より銃撃、重傷を負わせる(濱口首相遭難事件)。佐郷屋は銃撃直後に周囲の手で取り押さえられ、現行犯逮捕された。佐郷屋は背後の右翼団体を表には出さず、「濱口は社会を不安におとしめ、陛下統帥権を犯した。だからやった。何が悪い」と供述したが、「統帥権干犯とは何か」という質問には答えられなかった。

濱口首相は一命を取り留めたものの、翌年、この時の傷がもとで死去した。ただし、濱口首相が特殊な細菌の保有者であったことから、死因は、この細菌が傷口に侵入したことによる化膿によるものと判断された。そのため、裁判では殺人罪ではなく、殺人未遂罪が適用された。1933年、殺人未遂罪により死刑判決を受けた。1934年恩赦無期懲役に減刑された。1940年仮出所している。

経歴[編集]

本籍は長崎県東彼杵郡彼杵村だが、吉林省和龍県大拉子(現在の中国延辺朝鮮族自治州)で生まれ、朝鮮忠清南道 (日本統治時代)大田面に転居し同地の小学校を卒業[1]。15歳で家出し、福岡県大牟田市に暮らす生母の佐郷屋いそのもとに寄宿し、同地で日本郵船営口丸の舵夫となり、19歳まで横浜神戸など各地の汽船会社を転々とする[1]。その後一年間満州を放浪したのち1927年に大連からシンガポールへ密航し、翌年鹿児島丸で神戸に戻り、上京して黒龍会渡辺義久らの世話になる[1]。1929年に渡辺が殴打される事件が起こり、その報復に犯人を襲い傷害罪で逮捕され執行猶予4年の刑を受ける[1]。1930年7月に愛国社の社員となり、同年11月に浜口首相襲撃事件を起こす[1]

出所したのち、愛国社社長岩田愛之助の娘婿になり後を継いで右翼活動を続け、戦後は公職追放を受けるが、佐郷屋嘉昭と改名した。1954年血盟団事件の中心人物である井上日召と共に右翼団体護国団を結成、第二代団長となる。1959年には児玉誉士夫らがいる全日本愛国者団体会議全愛会議)の初代議長となる。

弟子に藤元正義がいる。「極真会館」のナンバー2となり、日本とオランダでキックボクシングを育てた黒崎健時は『格闘技通信』で母親を心配させるのが苦しくて地元から出ようと考えたときに紹介してくれる人がいたため世話になったが佐郷屋より思想的教育を受けた事実はないと答えている。

1972年4月死去。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 濱口首相要撃の兇漢 『明治・大正・昭和歴史資料全集. 暗殺篇』 (有恒社, 1934), p544-546