大石誠之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おおいし せいのすけ
大石 誠之助
大石誠之助.jpg
生誕1867年11月29日
紀伊新宮仲之町
(現・和歌山県新宮市
死没 (1911-01-24) 1911年1月24日(43歳没)
日本の旗 日本東京府東京市市ヶ谷刑務所
国籍日本の旗 日本
職業医師コック

大石 誠之助(おおいし せいのすけ、1867年11月29日慶応3年11月4日〉 - 1911年明治44年〉1月24日)は、日本社会主義者キリスト者医師幸徳事件大逆事件)で処刑された12名の1人。雅号は「禄亭」(ろくてい)。

略歴[編集]

紀伊新宮仲之町(現・和歌山県新宮市)出身。同志社英学校(現・同志社大学)英語普通科中退後、神田共立学校で英語を学び中退。1891年6月渡米し、ワシントン州ワラワラ市のセントポーロ中学校入学。1892年オレゴン州立大学医科に入学。1895年4月1日オレゴン州立大学卒業。同年4月から7月までモントリオール大学で外科学を学び、10月に帰国する。翌1896年新宮町で医院を開業。

1899年伝染病研究のためシンガポールを経てインドムンバイ大学に留学。1901年帰国。ムンバイ滞在中、カースト制の実態を知り、社会主義の思想に目覚める。また、アメリカ留学中にコックをしていた[1]ことから、1904年に新宮の町に「太平洋食堂」を開き、自ら料理人として西洋流の食生活を庶民に紹介した。堺利彦が主宰していた『家庭雑誌』に西洋料理に関する記事を寄稿し始め、堺を通じて社会主義思想に興味を持った[1]。社会主義関係の文献を読み始め、幸徳秋水堺利彦らと交流を持ち、自宅には多くの社会主義者やアナキストなどが集った。

1910年幸徳事件(大逆事件)により検挙され、旧知の与謝野鉄幹が、文学者で弁護士の平出修に弁護を頼んだが、1911年1月18日死刑を宣告され、24日14時23分に大石の死刑が執行された。43歳没。

2018年1月24日、新宮市は、「人権思想や平和思想の基礎を築いた」人物として、名誉市民に認定する[2]

家系[編集]

長兄大石余平の長男は西村伊作。姪孫(坂倉ユリ、伊作の次女)の夫は坂倉準三。次兄玉置酉久の長男は玉置醒(元新宮市議会議長)。酉久の妻の従甥は山本七平

著作等[編集]

  • 大石誠之助 著、森長英三郎・仲原清 編 『大石誠之助全集』 全2巻、弘隆社、1982年8月。 NCID BN01139420全国書誌番号:83023545 
  • 南丹市立文化博物館 編 『高畠素之・遠藤友四郎・北原龍雄・森近運平・大石誠之助書簡』南丹市立文化博物館〈南丹市立文化博物館収蔵資料目録 3〉、2020年3月。 NCID BC02695182全国書誌番号:23420484 

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]