森長英三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森長 英三郎(もりなが えいざぶろう、1906年1月10日 - 1983年6月1日)は、日本弁護士徳島県出身。

1936年、弁護士登録。治安維持法違反事件を担当、戦後は自由法曹団に参加、労働事件を担当。三島由紀夫「宴のあと」訴訟でプライバシー権を提起、大逆事件の再審請求も担当。

著書[編集]

  • 生産管理の法律問題 日本産業労働調査局編 研進社 1948(産労叢書)
  • 労働者の為の労働基準法逐条解説 ナウカ社 1949
  • 労働協約と就業規則 労働法律旬報社 1953
  • 労働訴訟の手引 労働法令協会 1954
  • やさしい労働法 「生きた法」をさぐる 日本評論新社 1956
  • 大石誠之助の情歌 西村記念館 1965(新宮シリーズ)
  • 史談裁判 日本評論社 1966
  • 風霜五十余年 大逆事件 私家版 1967
  • 史談裁判 続 日本評論社 1969
  • 史談裁判 第3集 日本評論社 1972
  • 山崎今朝弥 ある社会主義弁護士の人間像 1972 (紀伊国屋新書)
  • 史談裁判 第4集 日本評論社 1975
  • 禄亭大石誠之助 岩波書店 1977.10
  • 裁判自由民権時代 日本評論社 1979.8 (日評選書)
  • 足尾鉱毒事件 日本評論社 1982.3 (日評選書)
  • 日本弁護士列伝 社会思想社 1984.6
  • 新編史談裁判 日本評論社 1984.6 (日評選書)
  • 内山愚童 論創社 1984.1

共著[編集]

参考[編集]

  • 日本人名辞典