鵜澤昌和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鵜澤 昌和(うざわ まさかず、1918年 - )は、日本経営学者青山学院大学名誉教授。青山学院大学学長、東京家政学院大学学長、日本ファシリティマネジメント推進協会会長等を歴任し、藍綬褒章を受章した。

人物・経歴[編集]

旧制明治中学校(現明治大学付属明治高等学校)在学中、同校校長を務めていた父鵜澤總明(初代明治大学総長)が通っていた富士見町教会洗礼を受ける[1]。1936年に明治中学を卒業し、旧制東京商科大学(現一橋大学予科に進学。1941年、大学を繰り上げ卒業する。増地庸治郎ゼミ出身[2][3]

大倉商事を経て[4]、1943年大日本帝国海軍主計大尉となる。終戦後、ブリヂストンタイヤを経て、青山学院大学経営学部教授に就任し、電子計算機応用を担当した。1983年から青山学院大学学長。1986年藍綬褒章受章。1988年日本ファシリティマネジメント協会を設立し初代会長に就任。1988年青山学院大学名誉教授の称号を受け、中央新光監査法人(のちのみすず監査法人顧問に就任。1989年東京家政学院大学学長。1996年社団法人日本ファシリティマネジメント推進協会会長[5][6]

2002年財団法人ソフトウェア情報センターソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー選定委員会委員長[7]。2005年に大学同期の河合斌人河合塾理事長の葬儀委員長を務めた[8]

脚注[編集]

  1. ^ 「私の信仰」社団法人如水会
  2. ^ 「総明会50周年記念誌」総明会
  3. ^ 「思い出」社団法人如水会
  4. ^ 「増 地 ゼ ミ ナ ー ル」社団法人如水会
  5. ^ 「著者略歴」『ファシリティマネジメントが変える経営戦略』
  6. ^ 「昌友会について」昌友会
  7. ^ 「ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2003」財団法人 ソフトウェア情報センター
  8. ^ 「悼のことば」社団法人如水会