長野県道35号長野真田線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
長野県道35号標識
長野県道35号
長野真田線
路線延長 19.5km
起点 長野市
終点 上田市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0117.svg国道117号
上信越自動車道
Japanese National Route Sign 0403.svg国道403号
Japanese National Route Sign 0144.svg国道144号
長野県道4号真田東部線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

長野県道35号長野真田線(ながのけんどう35ごう ながのさなだせん)は、長野県長野市中御所一丁目の国道19号交点から、新地蔵峠を経て上田市真田町本原の長野県道4号真田東部線交点を結ぶ主要地方道

概要[編集]

本道の標識
長野市稲里町下氷鉋で撮影

長野市内においては、長野市街地と長野IC松代方面とを結ぶメインルートとして機能している。長野ICの開通以来、順次拡幅が進み、2010年平成22年)に開通した小島田バイパスによって長野市街地〜長野ICが全線4車線化された。

なお、以前は長野市南石堂町(末広町交差点)を起点とし、丹波島橋までは国道117号県庁通り)の東に並行する荒木通り(現・長野市道長野西812号線)が県道指定されていた。この区間は旧北国街道にあたる一方通行の隘路であり、北陸新幹線の建設に伴い信越本線を越える跨線橋が撤去(歩行者用跨線橋に架け替え)されるなどして2002年(平成14年)に指定を解かれ[1]、中御所交差点(起点)から下氷鉋交差点まで国道117号に重複する現在の形となっている。

長野市松代では、歴史的な街並みをジグザグに通過する。この区間について、長野インター南交差点から松代町城北・城東などを経て松代町西条(松代高校付近)に至る全長2.9kmのバイパス道路の建設が、廃川となった蛭川(旧関屋川)河川敷を活用して進められている。

松代より先は新地蔵峠を経て上田方面へ向かう近道となっているが、新地蔵峠は九十九折の難所である。

路線データ[編集]

  • 路線認定[2]
    • 起点:長野市
    • 終点:上田市真田町(路線認定時は小県郡真田町[3]
    • 重要な経過地:なし
  • 道路の区域[4]
    • 起点:長野市中御所一丁目18番の2地先(国道19号交点=中御所交差点)
    • 終点:上田市真田町本原字中平3008番の1地先(長野県道4号真田東部線交点)
    • 実延長:35.1817km
  • 幅員:4車線(起点〜長野インター南交差点) / 2車線(長野インター南交差点〜終点)
  • 道路法第7条第1項該当号:1号[5]

沿革[編集]

主要構造物[編集]

  • 松代大橋(まつしろおおはし=長野市篠ノ井杵淵〜同市松代町東寺尾)
    • 全長:568.0m
    • 幅員:23.0m(うち車道13.0m=4車線)
    千曲川に架かる橋梁。本路線を長野ICアクセス道路として整備するに当たり、200mほど上流にあった川中島橋(全長494.9m・幅員5.5m・1926年大正15年)完成、既撤去)に代わって1992年平成4年)8月6日に暫定2車線で開通した。1994年(平成6年)4車線化。

重複区間[編集]

  • 国道117号(中御所交差点〜下氷鉋交差点)
  • 国道403号(長野インター南交差点〜上高相交差点)

交差・接続する道路[編集]

長野市[編集]

国道117号との重複区間のうち起点〜丹波島橋については県庁通り (長野県)を参照

上田市[編集]

沿道[編集]

長野市[編集]

上田市[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成14年長野県告示第223号
  2. ^ 長野県報第2254号 長野県告示第212号
  3. ^ a b 昭和41年長野県告示第8号
  4. ^ 長野県道路現況平成23年
  5. ^ 長野県道路現況平成12年
  6. ^ 昭和39年建設省告示第3620号
  7. ^ 平成25年長野県長野建設事務所告示第1号
  8. ^ 平成25年長野県長野建設事務所告示第2号

関連項目[編集]