群馬県道・長野県道112号大前須坂線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
群馬県道112号標識
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
長野県道112号標識
毛無峠の県境。群馬県側は常時通行止めとなっている。
地図
長野県上高井郡高山村大字高井付近

群馬県道・長野県道112号大前須坂線(ぐんまけんどう・ながのけんどう112ごう おおまえすざかせん)は、群馬県吾妻郡嬬恋村長野県須坂市を結ぶ一般県道である。

現在、嬬恋村干俣 - 毛無峠付近は不通区間となっている。

概要[編集]

路線データ[編集]

  • 起点:群馬県吾妻郡嬬恋村大前(国道144号交点)
  • 終点:長野県須坂市大字須坂(春木町交差点)
  • 延長:長野県内26.5 km(実延長22.2 km) / 群馬県内12.2 km

歴史[編集]

  • 1959年昭和34年)9月18日:群馬県より現・道路法に基づき、前身路線にあたる県道干俣大前線(吾妻郡嬬恋村大字干俣 - 同郡同村大字大前、整理番号133)が路線認定される[1]

路線状況[編集]

長野県須坂市から群馬県万座温泉方面に向かう山岳道路は、上信スカイラインまたは万座道路の別称がある[2]。山岳部は交通量が少ない1.5車線程度の舗装林道の様相で、長野県道466号牧干俣線とのY字路交差点から県境の毛無峠に向かって行く[2]。群馬県側は万座川が作る渓谷に阻まれて、嬬恋村干俣地内に不通区間がある。山岳部は冬季閉鎖があり、例年11月中旬から翌年4月下旬にかけて通行することはできない[2]

不通区間(群馬県嬬恋村)[編集]

現在は毛無峠から群馬側は通常、通行止めとなっているが、その先の小串硫黄鉱山まで閉山以前は通じていた。

また鉱山繁栄期、その先の小串硫黄鉱山 - 嬬恋村千又も人道が造られ、一部の古地図上の点線等によりその軌道を確認する事ができるが、鉱山の閉山後に利用されなくなり、実質廃道となる。

この廃道の軌跡を、個人の有志が現地調査し雑誌[3]、やブログ[4]に投稿されている。投稿によると、一部形跡は残っているものの、大半が熊笹に覆われたり、崩落した斜面渡河を迫られたりするような難所である。

冬期通行止区間[編集]

重複区間[編集]

橋梁[編集]

  • 乙見橋(高山村牧)
    • 全長:4.4 m
    • 幅員:7.0 m
    柞沢川に架かる橋梁。冬期通行止区間の終点となる。
  • 樋沢橋(高山村牧 - 高井)
    • 全長:47.5 m
    • 幅員:5.5 m
    樋沢川に架かる橋梁

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

嬬恋村

高山村

須坂市

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和34年群馬県告示第324号 県道路線認定に関する告示(群馬県報 号外、1959年9月18日、pp. 1–15、群馬県立図書館所蔵)
  2. ^ a b c 中村淳一編 2018, p. 75.
  3. ^ 『廃道をゆく』ISBN 4863201117 (イカロス出版)2008年10月31日
  4. ^ 毛無峠と小串鉱山遭難記むらよしギムナシオンHP内

参考文献[編集]

  • 『日本の絶景ロード100』中村淳一編、枻出版社、2018年4月20日。ISBN 978-4-7779-5088-1

関連項目[編集]