長野県道502号奥志賀公園栄線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般県道
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
長野県道502号標識
長野県道502号奥志賀公園栄線
起点 長野県下高井郡山ノ内町夜間瀬
終点 長野県下水内郡栄村豊栄
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0117.svg国道117号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

長野県道502号奥志賀公園栄線(ながのけんどう502ごう おくしがこうえんさかえせん)は、長野県下高井郡山ノ内町から下水内郡栄村に至る一般県道である。別名、奥志賀林道ともよばれる[1][2]

概要[編集]

志賀高原最奥部から山間部をたどり、野沢温泉村を経て、栄村の千曲川流域に至る北信地域の山岳道路で、延長は約60キロメートル (km) ほどある長距離路線。かつては接続する長野県道471号奥志賀公園線との総称で「奥志賀スーパー林道」と呼ばた舗装林道で、有料道路であった[2]

路線データ[編集]

路線状況[編集]

1.5車線から2車線の全面舗装の道路で、場所によりセンターラインのないほど狭隘な区間もあるが、交通量は少ない[1]。ルートの大半は1車線から1.5車線と狭く、長距離に渡って蛇行しながら林道の様な道が続いていくが、路面状況は悪くはない[2]。豪雪地域のため、11月下旬から5月中旬頃まで1年の半分以上の期間は冬季閉鎖される[2]

地理[編集]

樹林帯を貫く区間が中心で[2]、全体的にブナなど広葉樹の深い森の中を通っており、春の新緑や秋の紅葉が美しいところで知られる[1]。南端の志賀高原側は、雑魚川(ざこがわ)の沢に沿った渓谷の道で、ここから北へ林道の中ほどにカヤノ平があり、樹齢250年といわれるブナの天然林が広がる[1]。カヤノ平から展望が開けた尾根沿いの道路になり、野沢温泉スキー場のなかに出る[1]。北部の野沢温泉毛無山周辺は、野沢温泉スキー場ゲレンデの中を通過しており、視界が開けている[2]。冬季閉鎖期間中、野沢温泉スキー場の中を通る道路の部分がスキー初心者用林間コースに変わる。

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 須藤英一 2013, p. 85.
  2. ^ a b c d e f 中村淳一編 2018, p. 77.

参考文献[編集]

  • 須藤英一『新・日本百名道』大泉書店、2013年。ISBN 978-4-278-04113-2
  • 『日本の絶景ロード100』中村淳一編、枻出版社、2018年4月20日。ISBN 978-4-7779-5088-1

関連項目[編集]