南長野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

南長野(みなみながの)


南長野
—  大字  —
長野県庁本館(妻科
南長野の位置(長野市内)
南長野
南長野
大字南長野の位置
座標: 北緯36度39分4.64秒 東経138度10分52.41秒 / 北緯36.6512889度 東経138.1812250度 / 36.6512889; 138.1812250
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Nagano Prefecture.svg 長野県
市町村 Flag of Nagano, Nagano.svg 長野市
地区 長野第4・第5地区
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 通称町名ごとに設定
市外局番 026
ナンバープレート 長野
※座標は長野県庁付近

南長野(みなみながの)は長野県長野市市街地西部にある地域(大字)。

後述の9町が属しているが、長野市街地内の町(通称名)については住所表示の際に「大字南長野」を省くことが多く、郵便番号もそれぞれ単独で与えられている[1]。また、町名(通称名)のほか「幅下」「十念寺裏」といった小字があるが、これらは原則用いない(省略する)ことが長野市の慣例となっている。つまり、後町小学校近くの住所を例にとると以下の3通りの表し方がある。

  • 長野市大字南長野西後町*** - *
    - 慣例による(大字を省略しない)表記
  • 長野市西後町*** - *
    - 慣例による(大字を省略した)表記。最も一般的
  • 長野市大字南長野字十念寺裏***番地*
    - 登記などに用いる表記

しかしながら、例えば長野県は長野県庁の住所を「大字南長野字幅下」と表記しており(慣例に従うならば「大字南長野妻科」または「妻科」)、混乱に拍車をかけている[2]

北石堂町・南石堂町・末広町は長野市役所(本庁直轄)第五地区、そのほかは第四地区の管内である。

概要[編集]

南長野は、長野市街地を構成する3大字の一つである。

西端を裾花川が流れ、南端に信越本線北陸新幹線が通り、長野駅が置かれている。地域のほぼ中央を昭和通り国道19号)が東西に横切り、西端を県庁通り国道19号県道)、東端を中央通り県道・市道)が南北に走る。地域内には裾花川から分かれた鐘鋳川(鐘鋳堰=かないぜき)・北八幡川南八幡川古川計渇川(けかちがわ)・宮川といった用水が曲がりくねりながら流れ、市街地善光寺平に潤いをもたらしている。周囲は以下の大字・町丁と接する。

古くは、北国街道善光寺表参道)に沿った石堂町後町などは善光寺町の一部として町場化していたものの、それより西の現在の県町妻科などはまだ農村であった。しかし明治に入り、1874年(明治7年)に(旧)長野県庁が西長野に置かれると、隣接する当地域も次第に市街地化し、旭町県町といった町が新たに発足した。さらに1888年(明治21年)には、当地域の南端に長野駅が開業し、末広町が新たに発足。長野市の市街地・繁華街善光寺周辺から徐々に南進していった。

現在の南長野は、1913年大正2年)に妻科へ移転した長野県庁を中心に県庁通り沿道が官庁街となっている一方、長野駅を中心に中央通り沿道に繁華街が広がる。しかし繁華街は次第に東に接する鶴賀南千歳町など)へ移りつつある。

前述の通り地域内には6つの用水が曲がりくねりながら流れているが、その多くは暗渠となり、その上が小路になっている。そのため、碁盤目状の区画の善光寺周辺に対して、当地域(特に南部)では曲がりくねった小路が入り組み、町の区画が複雑になっている。こうした入り組んだ小路・路地、また町の中を流れる小川を観光資源とする構想があり、2008年平成20年)には第6回全国路地サミットが長野市内で開かれた。

沿革[編集]

旧南長野町の歴史
長野市南長野の歴史

県町[編集]

県町(あがたまち)は、長野県庁の東に広がる町。郵便番号380-0838

町の西縁を県庁通りが南北に通る。北端を通る官庁通りの地下には鐘鋳川(鐘鋳堰=暗渠)、町中央部には中沢川(開渠)がともに東西に流れる。周囲は以下の町丁と接する。

県庁通り沿いなどは官公庁・各業界の会館・企業の支社・中小の事業所などが多いが、一歩入れば閑静な住宅街である。

旭町などとともに明治期に新たに起立した町であるが、古墳時代〜平安時代の集落遺跡である県町遺跡があり、1969年昭和44年)に長野国際会館(現 ホテル国際21)の建設に伴って行われた調査では地方では珍しい須恵器製蹄脚硯が出土しており、当地に水内郡衙があったことをうかがわせる[3]1925年大正14年)の「長野市中部地圖」では、上県町とみえる[4]

地区内の人口及び世帯数は、134世帯 245人(平成29年4月1日現在)[5]

交通[編集]

町内に公共交通機関は走っていないが、中央通り県庁通りを走る路線バスが利用できる。

施設[編集]

北石堂町[編集]

北石堂町(きたいしどうちょう)は、JA長野県ビルを中心に広がる町。郵便番号380-0826

町の中心部を錦町通りが東西に横切り、東部を中央通りが南北に貫く。北端の南石堂町との境から町中央部にかけてを古川(開渠)、西部の岡田町との境付近を計渇川・宮川(一部暗渠)が南北に流れる。周囲は以下の町丁と接する。

町名の由来となった刈萱山西光寺(かるかや山)

西部の特に中央通り沿いは中小の商店やagainなどの商業施設が集まり賑わいを見せるが、東部の山王町(さんのうちょう)は閑静な住宅街となっている。

江戸時代には石堂町(いしどうちょう)と呼ばれ、善光寺町のうち松代藩領 妻科村に属していた。のち、南石堂町を分けて現在に至る。石堂町という町名は、刈萱山西光寺ゆかりの刈萱上人の子・石堂丸(石童丸)にちなむといわれるが、同寺境内にある石堂丸の墓ともいわれる鎌倉時代の石塔が由来と考えられる[3]

地区内の人口及び世帯数は、217世帯 417人(平成29年4月1日現在)[5]

御祭礼屋台[編集]

弥栄神社上西之門町)御祭礼で屋台巡行をする御祭礼町20町の一つである。1926年大正15年)に新たに御祭礼町に加わった。

1929年昭和4年)制作で、1964年(昭和39年)に「登竜」「降竜」の彫刻を施した本屋台を有する。

交通[編集]

路線バス

中央通り上にアルピコ交通川中島バス)・長電バスぐるりん号かるかや山前停留所があり、市内バス路線のほとんどが利用できる。

施設[編集]

新田町[編集]

新田町(しんでんちょう)は、新田町交差点(中央通り昭和通り)の西に広がる町。郵便番号380-0835

町の中心部を昭和通りが東西に横切り、東縁を中央通りが南北に通る。町の中央部を南八幡川、北部の西後町との境を北八幡川が流れるが、ともに暗渠である。周囲は以下の町丁と接する。

市街地のほぼ中央部に位置し、各方面からの街道が交差する当地は、問御所町などと併せて長野銀座と呼ばれ、かつては新田町交差点を中心に2つの百貨店と1つの大型スーパーが立地するほどの活況を見せた。しかしそのいずれも移転・閉店し、現在ではTOiGOもんぜんぷら座を軸に再開発が進められている。

江戸時代には、善光寺町のうち松代藩領 妻科村に属していた。慶長年間末期の裾花川の流路変更により、川の跡に新たに成立した枝村であった[3]。流路変更前の裾花川の川筋は、概ね現在の北八幡川・南八幡川に相当する。

地区内の人口及び世帯数は、137世帯 226人(平成29年4月1日現在)[5]

御祭礼屋台[編集]

弥栄神社上西之門町)御祭礼で屋台巡行をする御祭礼町20町の一つである。1926年大正15年)に新たに御祭礼町に加わった。

1924年(大正13年)制作で、1994年平成6年)に復元された踊り屋台を有する。かつては底抜けの囃子屋台もあった。

交通[編集]

路線バス

昭和通り上にアルピコ交通川中島バス)の昭和通り停留所のりば4・のりば5、中央通り上にアルピコ交通(川中島バス)・ぐるりん号昭和通り停留所のりば3がある。

施設[編集]

末広町[編集]

末広町(すえひろちょう)は、長野駅の北に広がる町。郵便番号380-0825

周囲は以下の大字町丁と接する。

1888年明治21年)の長野駅開業に伴い新たに開かれた町の一つで、駅前から放射状に整備された3本の新道のうち「第一線路」(一線路=現 末広通り)沿いに成立した。全域がビジネスホテル雑居ビルで占められ、飲食店や商店がひしめく活気ある町である。その分人口は少なく、1世帯 1人と市内の町の中で最少レベルである(平成29年4月1日現在)[5]

なお、町域は末広通り(長野県道32号長野停車場線)の長野駅前交差点〜末広町交差点の間の両側のみであり、末広町バス停・末廣町会館はすべて南石堂町に位置する。

交通[編集]

鉄道

JR東日本しなの鉄道長野電鉄長野駅があり、以下の路線が利用できる。

路線バス

長野駅善光寺口ロータリーから、市内を走るほとんどのバス路線が利用できる。

施設[編集]

諏訪町[編集]

諏訪町(すわちょう)は、長野市立図書館の南東に広がる町。郵便番号380-0844

周囲は以下の町丁と接する。

官庁通り

善光寺にほど近い、官庁通り南側の小さな町で、閑静な住宅街である。

地区内の人口及び世帯数は、65世帯 129人(平成29年4月1日現在)[5]

交通[編集]

町内に公共交通機関は走っていないが、中央通りを走る路線バスが利用できる。

施設[編集]

中小の商店や医院、銭湯などが立地する。

妻科[編集]

妻科(つましな)は、長野県庁の北に広がる町。郵便番号380-0872。また、妻科地区のみ一部の小字にも郵便番号が振られており、幅下380-0837である。

町の東縁を県庁通りが通り、西縁を裾花川が流れる。周囲は以下の大字町丁と接する。

東部の県庁通り沿いには官公庁や県関連施設が軒を連ねるが、西へ向かうほど山裾の閑静な住宅地といった風になる。

江戸時代には妻科村の本郷であり、1881年明治14年)に妻科村が南長野町になるにあたって本郷の区域に限って妻科と呼ばれるようになった。地名の由来は諸説あるが、段丘を意味する「しな」と隅を意味する「つま」から来るといわれており、その名の通り裾花川の河岸段丘に位置する[3]。なお、妻科神社の妻科明神が独身であることに由来するという説もあり、古代から江戸時代まで「つまなし」「妻成」といった表記が見られる[3]

地区内の人口及び世帯数は、591世帯 1,191人(平成29年4月1日現在)[5]

交通[編集]

路線バス

県庁通りを走るアルピコ交通川中島バス)・ぐるりん号の以下の路線系統が利用できる。

以前は県庁前高速バスのりばは長野県庁構内に設けられていたが、2012年平成24年)2月1日に市内路線バスと同じ路上ののりばに変更されている[6]

施設[編集]

西後町[編集]

西後町(にしごちょう)は、旧長野市立後町小学校を中心に広がる町。郵便番号380-0845

町の東縁を中央通りが通り、南縁を寿町通りが通る。町中央部には中沢川暗渠)が東西に流れる。周囲は以下の町丁と接する。

町域の多くを寺院の敷地や学校の敷地が占め、中央通りから一本入ると落ち着いた空気が漂う。中央通り後町交差点から西に入り県町交差点にかけては、仲町(なかまち)と呼ぶ。

江戸時代には、現在の東後町と併せて後町(ごちょう)と呼ばれており、善光寺町のうち町年寄の治める「八町」の一つであった。後町は長野村と妻科村にまたがっており、のち長野村後町が東後町となり、妻科村後町が西後町となった。町名は、鎌倉時代信濃国の後庁(御庁=国衙)が置かれていたことに由来し[7]、近隣の県町遺跡からも地方では珍しい出土品が見つかっている[3]

地区内の人口及び世帯数は、164世帯 295人(平成29年4月1日現在)[5]

御祭礼屋台[編集]

弥栄神社上西之門町)御祭礼で屋台巡行をする御祭礼町20町の一つである。1758年宝暦8年)に御祭礼町に加わった。

1873年明治6年)制作の総ケヤキ造りの本屋台を有する。このほか1925年大正14年)制作の踊り屋台も有するが、近年は曳行されない。

交通[編集]

町内に公共交通機関は走っていないが、中央通りを走る路線バスが利用できる。

施設[編集]

南県町[編集]

南県町(みなみあがたまち)は、長野県庁の東に広がる町。郵便番号380-0836

町の中央を昭和通り、北部を寿町通りが東西に横切り、西縁を県庁通りが通る。南端の北石堂町との境には古川(開渠)が流れる。周囲は以下の町丁と接する。

昭和通り以北には、長野県庁と向かい合うようにして信濃毎日新聞本社ビルがそびえるほか、各業界の会館などが集まる。昭和通り以南は閑静な住宅街であり、旧長野赤十字病院(現 日本赤十字社長野県支部)がひっそりと佇む。このうち県庁前交差点から南東に伸びる小路の近辺は、徳永町(とくながちょう)と呼ばれる。

旭町などとともに、明治期以降に起立した町の一つである。

地区内の人口及び世帯数は、252世帯 543人(平成29年4月1日現在)[5]

交通[編集]

路線バス

昭和通りを走るアルピコ交通川中島バス)の以下の路線系統が利用できる。

  • アルピコ交通(川中島バス)

施設[編集]

南石堂町[編集]

南石堂町(みなみいしどうちょう)は、長野駅の北西に広がる町。郵便番号380-0824

町の中央を中央通りが南北に貫き、ターミナル通りが東西に横切る。南縁に信越本線が通る。町西部を計渇川(一部暗渠)・宮川(暗渠)が南北に、北端の北石堂町との境の一部を古川(暗渠)が東西に流れる。周囲は以下の大字・[町丁]]と接する。

町東部の、中央通り・二線路通り長野大通り末広通りに囲まれた一角は千石街(せんごくがい)と呼ばれ、長野駅前の歓楽街となっている。また、中央通りの西友前から岡田町に向けて伸びる古くは米屋新道と呼ばれた通り沿いにも飲食店が軒を連ねる。町北西部(山王地区)は、閑静な住宅街である。

江戸時代には石堂町(いしどうちょう)と呼ばれ、善光寺町のうち松代藩領 妻科村に属していた。のち、北石堂町を分けて現在に至る。町名の由来は北石堂町を参照

地区内の人口及び世帯数は、386世帯 662人(平成29年4月1日現在)[5]

御祭礼屋台[編集]

弥栄神社上西之門町)御祭礼で屋台巡行をする御祭礼町20町の一つである。1926年大正15年)に新たに御祭礼町に加わった。

1934年昭和9年)制作の踊り屋台を有する。

交通[編集]

鉄道

JR東日本しなの鉄道長野電鉄長野駅があり、以下の路線が利用できる。

路線バス

長野駅善光寺口ロータリーから、市内を走るほとんどのバス路線が利用できる。

また、中央通り上にアルピコ交通川中島バス)・長電バスぐるりん号千石入口停留所、ターミナル通り上にアルピコ交通(川中島バス)の末広町停留所がある。

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 長野市街地においては、大字(長野・南長野・西長野鶴賀)を省いた住所表示が半ば慣例化しており、郵便番号も個々の町名に対して与えられている。
  2. ^ 分かりづらい! 長野市の複雑な住所表記(MSN産経ニュース、2009年1月30日)
  3. ^ a b c d e f 『角川日本地名大辞典 20 長野県』角川書店、1990年 (ISBN 4040012003
  4. ^ 長野市中部地圖 - 時代統合情報システム
  5. ^ a b c d e f g h i 長野市各町別人口及び世帯数 - 長野市企画政策部企画課
  6. ^ お知らせ 長野県庁乗降場所変更 - 伊那バス
  7. ^ 都市を解読する -長野祇園祭から長野びんずるまで(1)- - 阿久津昌三 (1993). 信州大学教育学部紀要 80, 103-115