長野県道31号長野大町線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
長野県道31号標識
長野県道31号
長野大町線
路線延長 20.4km
制定年 1920年
起点 長野市
終点 大町市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0019.svg国道19号
長野県道33号白馬美麻線
Japanese National Route Sign 0148.svg国道148号
Japanese National Route Sign 0147.svg国道147号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

長野県道31号長野大町線(ながのけんどう31ごう ながのおおまちせん)は、長野市大町市を結ぶ主要地方道。起点から長野市笹平の笹平トンネル東交差点までは国道19号との重用である。またバイパス路線として白馬長野有料道路も県道31号となっている。長野県道33号白馬美麻線とあわせて「オリンピック道路」と呼ばれている。

概要[編集]

この路線は長野と大町を結ぶ「大町街道」を踏襲して1920年大正9年)に府県道長野大町線として認定されたのが最初であり、長野県で最も歴史の古い県道の一つである(それ以前にも仮定県道大町街道であった)。現在国道19号と重用している起点・笹平間は、当初長野大町線の単独区間であったが、府県道長野飯田線が北国西街道(現国道403号)経由から現在の犀川沿い(現国道19号)へと路線の変更がされたため、それ以来長野飯田線の国道昇格後も重用が継続されている。

長野市と大北地域(大町市・北安曇郡)を結ぶ路線は、他に並行して国道406号も存在するが、この県道は長野オリンピックの長野会場と白馬会場を結ぶ動脈として整備されており、また国道406号に未整備区間が多く残るため、国道よりも交通量が多い。

大町市内の終点付近の路線は、平成23年の道路現況では大町街道を通って山間部から直接大黒交差点付近へと至ることになっているが、実際には平成12年に道路の区域の変更があり、山間部から南借馬交差点へと接続する路線へと変更されていて、実際の路線が反映されたデータではなかった。その後平成23年に国道148号の大黒町交差点から南借馬交差点への旧道部が国道指定から外れた[1]ことにともない、その区間が県道31号の区域へと決定された[2]ため、現在では大黒町交差点が正式な終点となっている。

路線データ[編集]

  • 路線認定[3]
    • 起点:長野市中御所町
    • 終点:大町市字大町
    • 重要な経過地:更級郡信里村(現長野市)、上水内郡中条村(現長野市)、北安曇郡美麻村(現大町市)
  • 道路の区域[4]
  • 道路法第7条第1項該当号:1号[5]

沿革[編集]

  • 1920年大正9年)4月1日:府県道長野大町線の認定[6]
  • 1954年昭和29年)1月20日:長野大町線の一部を主要地方道に指定[7]

バイパス[編集]

別名[編集]

  • 西街道(中御所交差点 - 長野市七二会大安寺付近)
  • 大町街道(長野市七二会大安寺付近 - 大黒町交差点)
  • オリンピック道路(安庭IC - 青具交差点)

通過する自治体[編集]

重複区間[編集]

  • 国道19号(中御所交差点 - 笹平トンネル東交差点・安庭IC)

交差・接続する道路[編集]

長野市[編集]

国道19号との重複区間は省略。

バイパス区間[編集]

  • 安庭IC(信更町安庭=バイパス起点)

小川村[編集]

大町市[編集]

周辺[編集]

道の駅[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 長野県報第2254号 長野県大町建設事務所告示第3号
  2. ^ 長野県報第2253号 長野県大町建設事務所告示第1号
  3. ^ 昭和30年長野県告示第72号
  4. ^ 長野県道路現況平成23年
  5. ^ 長野県道路現況平成12年
  6. ^ 大正9年長野県告示第124号
  7. ^ 昭和29年建設省告示第16号

関連項目[編集]