軍服 (ドイツ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドレスデンの軍事博物館に展示されている各時代の軍服

ドイツの軍服では、軍隊に制服が導入された17世紀から現在に至るドイツにおける軍服の変遷、および各国への影響について述べる。また、特にヘルメットについては「ドイツ軍のヘルメット」も参照。

ドイツ連邦以前(~1815年)[編集]

17世紀に入った頃からヨーロッパの軍隊では兵士が着る服の色の統一が図られるようになり、やがて仕立ても標準化されるようになった。そして、ドイツの一部領邦ではオランダデンマークと並んで最も早く服の色の統一が図られたとされている[1]

1660年代からフランスルイ14世が行なった軍制改革によって近世ヨーロッパの軍制が確立し、その新しい服装もプロイセン王国および神聖ローマ帝国たるドイツの各領邦に制服として採用された。一方のフランス軍も七年戦争以降、衛兵隊の上衣にプルシアンブルー(ドイツ語ではプロイシッシュブラウ、ドイツ語: Preußisch Blau)と呼ばれる紺青の軍服を導入する[2]など相互に影響し合っていた。しかし1806年にプロイセン王国がナポレオンに敗北するとプロイセン軍は消滅。程なくゲルハルト・フォン・シャルンホルストによって再建された新生プロイセン軍は、エポレット、シャコー帽、燕尾服型の上衣(コレットと呼ばれた)など完全なフランス式となる[3]。一方で、フランスを良しとしない反仏義勇軍は学生帽から発展したシルムミュッツェ(官帽)、市民の上着から発展したユーバーロック(ドイツ語: Überrock、フロックコート)など独自の制服を有し、ナポレオンに反攻を開始した1813年以降、これらは愛国的な軍服として国民軍(後備軍)制服に導入された[4]

普墺戦争でオーストリアを、普仏戦争でフランスを下すとその影響力は強まり、「ドイツ式」軍服がヨーロッパ各国に採用されるようになる。以降、ドイツ帝国が崩壊する第一次世界大戦まで「ドイツ式」が軍服の流行を主導する。

擲弾兵はグレナディアーミュッツエドイツ語版と呼ばれる冠を被った。

神聖ローマ帝国およびライン同盟の軍服[編集]

ドイツの各領邦ではナポレオンの侵攻を受ける以前よりフランスの影響が強く、ウーランカ(ナポレオンジャケット)が広く浸透していた。バイエルンでは1789年より歩兵連隊で袖口・襟・折返しを統一させた軍服が制定される。外套は白色であったが、1799年よりライトブルーに切り替えられた[5]

ドイツ連邦時代[編集]

ナポレオンの支配を脱したドイツ諸領邦は、軍服の脱フランス化を推進した。1842年、プロイセンはシャコー帽に代わってピッケルハウベと呼ばれる特徴的な槍つきヘルメットを導入。また1842年10月23日、コレットに代わり「ヴァッフェンロック」(ドイツ語: Waffenrock)と呼ばれる軍服を採用[6]。生地はドスキン製で、直径25ミリのボタンが9個入る。着用対象は歩兵、砲兵、輜重、工兵[6]、竜騎兵は水色、猟兵は深緑。諸領邦でも1849年以降広まった[6]。マクデブルクは1864年よりダブルブレスト。1867年以降は襟が4.75センチに下がる。

帝政ドイツ時代[編集]

1871年のドイツ統一により、プロイセン王国を中心とする連邦国家ドイツ帝国が成立した。ただし、軍隊は領主の所有物であるという観念から「ドイツ帝国陸軍」というものは1918年の帝国崩壊まで存在せず、服の系統こそある程度統一が図られど、将官襟章やコカルデ、ボタンの紋章、肩章、サッシュ、刀緒等構成国ごとで仕様が異なった。とりわけ、バイエルン王国は普墺戦争敗北の借金によって併合されたという背景から独立意識が強く、徽章やパイピング、ボタンの色に至るまで差異が目立った。

ユーバーロックの襟には連隊色ないし軍団色が入る。将官でも名誉連隊長として各連隊色を入れていた。例えば、ヴィルヘルム1世は近衛歩兵第1連隊名誉連隊長のため赤、オットー・フォン・ビスマルクは重騎兵第7連隊名誉連隊長のため黄色であった。驃騎兵のみ略衣はユーバーロックではなく肋骨を使用。また、バイエルン王国の連隊のユーバーロックでは7×2ボタン配列で、前合わせのところにパイピングが入る。ボタンには王冠、バイエルンのみライオンの紋章が入り、前合わせは左向、ブランデンブルク型袖と裏のダブル配列のボタンは顔が向かい合うように、スウェーデン型袖の場合は反対側となる。

1893年に前合わせがフライフロントの野戦服が導入される。基本的にポケットはないが、上級下士官や将校では個人の裁量で付けているものもある。色はプルシアンブルーだが、騎兵は灰色となり、バイエルン王国軍では水色となる[7]。1907年4月19日、植民地で使用されていた「野戦灰色」(フェルトグラウ)の生地を本国でも歩兵および砲兵の野戦服に採用[8]。1908年3月5日にウーラン、竜騎兵、胸甲騎兵[8]、1910年2月23日には将校にもフェルトグラウが導入された[8]。軽騎兵はウーランカ、徒歩砲兵はブランデンブルグ型袖で前合わせのパイピングが赤、袖が黒。工兵はスウェーデン型袖で胸、襟ともに黒。航空部隊は袖章を除き砲兵と同様で、肩章はグレーの台にプロペラが付く。略衣の襟章は黒に赤淵。制帽は砲、工、通信、鉄道兵は赤パイピングに黒い鉢巻。

第1次世界大戦勃発後の1915年3月3日には、M1907/10の袖口ボタンなどを廃した略式野戦服(Vereinfachte Feldrock)が制定される[9]。同年9月21日の勅令にて、全兵科共通野戦服が制定され[8]、同時に兵科色が制定される。前合わせはフライフロントとなった[10]。ヴュルテンベルク王国は10月、ザクセン王国は11月、バイエルン王国は翌年3月31日通達。なお、特技兵たる猟兵、狙撃兵、騎猟兵、乗馬猟兵はグレーグリーンであった[11]。また、以前までは国家毎に違った将官襟章も改定でプロイセン王国軍の柏葉に統一された。ただしバイエルンのみ銀刺繍、台がグレーと他の軍と違い襟元にバイエルンを示す水色と白のトレッセがあしらわれた。この他、同1915年に平時礼装が制定された。

海軍[編集]

海外領土の軍服[編集]

ドイツ領南西アフリカなどの植民地に展開する保護軍(Schutztruppe)では主にカーキ色、のちフェルトグラウの軍服に防水帽(Südwester)が使用された。防水帽のパイピングの色は、南西アフリカは青、東アフリカは白、カメルーンは赤。

ドイツ領南西アフリカでは1889年、フランシス部隊(Francois-truppe)から詰襟6つボタンの簡素な野戦服が着用される[12]。1891年6月4日に青の詰襟やポーランド式の袖に銀のパイピングを配したコーデュロイの被服が制定された。防水帽のほか、フランス風のケピ帽も使用した。襟、ボタン合わせ、袖に青のパイピングを配したカーキの防暑モデルもある。1894年6月11日にコーデュロイ、カーキともに折襟となる[13]

ドイツ領東アフリカ保護軍ドイツ語版およびカメルーン保護軍では前身のヴィスマン部隊が1889年よりカーキの野戦服、白の勤務服、プルシアンブルーのパレード礼装の3種類を使用。徽章は海軍型袖章あるいは陸軍型肩章のみの簡素なものであったが[14]、保護軍への昇格をきっかけに1891年7月4日、新型被服を導入。袖口にブランデンブルク型のボタン、襟章などが追加される[15]

1896年11月19日に植民地統一被服が制定される。帽子が官帽となるほか、袖もポーランド式の山形袖から直線に変更[16][17]、1897年3月11日にフェルトグラウとなる[18]

義和団の乱後の1900年7月より天津中国語版に派遣されていた東アジア遠征軍団(Ostasiatisches Expeditionskorps)では遠征用野戦服が導入され、夏はカーキ色[19]、冬はM1893であったが、翌年2月9日より冬服でフェルトグラウの軍服が導入される。外観は後年の共通野戦服に似ている。1904年以降、夏もフェルトグラウとなった。

ヴァイマル共和政時代[編集]

[1] [2] [3] [4]

ナチス・ドイツ時代[編集]

兵士の士気を上げる目的で、ドイツ伝統の黒色の軍服や骸骨の章を採用する等の工夫が凝らしてある。軍服を黒色にした理由は油汚れが目立ち難いからだとも言われる[20]。 ナチス・ドイツの軍服の中でも、最新兵器を優先的に与えられ、隊員自体も躯幹長大(最低でも173cm以上)、選びぬかれた容姿と運動能力を持った人物が選抜されたナチス親衛隊の軍服は、隊員選抜の特有のこだわりと兵器のおかげで本来以上に映えた存在となり、ナチス賛美が危険視される社会に於いても愛好者を持つ事で知られる。

第二次世界大戦後[編集]

第二次大戦後のドイツでは、ドイツ連邦共和国(西ドイツ及び(1990年統一後のドイツ)のドイツ連邦軍の勤務服は立折襟を排して開襟ネクタイ式を採用、生地のグレーも明るめの色にするなどしてナチス時代との差別化をはかった一方、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の国家人民軍の軍服(1990年の東西統一まで)は、より旧来のドイツ軍の伝統を踏襲しつつ、短剣・サーベル・徽章など、細部にソ連スタイルを取り入れたデザインであった。

ドイツ連邦共和国(ドイツ連邦軍)の軍服[編集]

陸軍[編集]

勤務服の上衣は従来の折襟から開襟ネクタイ式に変更、ズボンは第三帝国時代の長靴に対応した乗馬ズボンタイプのものから、短靴及び編み上げの半長靴に対応したものに変更された。制帽と上衣は明るい灰色、ズボンはそれよりやや濃い目の灰色が用いられる。

帽章は、X字形に交差したサーベルの葉が囲む意匠が胴部につき、クラウン部には円形章(外側から金・赤・黒の同心円)がつく。
尉官制帽の庇には銀色の波模様、佐官制帽の庇には1列の銀の柏葉、将官制帽の庇には2列の金の柏葉が飾られる。[5]

階級は肩章で表されるが、従来のモール編みの肩章が廃されて士官も含めて軟性タイプの肩章(兵科色の縁取りがつく)が用いられるようになった。尉官が銀色の星の数、佐官が銀色の半円形の柏葉のリースの上に銀色の星の数、将官が金色のリースの上に金色の星の数で表される。肩章には兵科色の縁取りがつくが、将官肩章は赤の縁取りの内側に金モールの縁取りが加わる。

襟章は従来のものがほぼ踏襲されたが、平行四辺形から長方形に変更。折襟から開襟ネクタイ式への変更に対応したものと思われる。

海軍[編集]

帽章は、の葉が囲む意匠が胴部につき、クラウン部には円形章がつく。兵士は水兵帽のクラウン部に円形章のみがつく。
尉官制帽の庇には金色の波模様、佐官制帽の庇には1列の金の柏葉、将官制帽の庇には2列の金の柏葉が飾られる。[6]

階級は兵・下士官が肩章で、将校が袖の金線で表される。従来将校の上衣に併用されていた、陸軍に準じた肩章は廃され、他の多くの国で用いられている例に準じて、黒地に袖と同じ金線を配した肩章が夏服・コート・セーターに用いられるようになった。

空軍[編集]

第三帝国時代から開襟ネクタイ式の上衣が導入されていたことも手伝い、制服制帽の仕立て・配色等は3軍中従来からの連続性が最も強い。ただズボンは従来の乗馬ズボンタイプから、短靴の使用を念頭に置いた仕立てになっている。

帽章は、の葉が囲む意匠が胴部につき、クラウン部には円形章がつく。
尉官制帽の庇には銀色の波模様、佐官制帽の庇には1列の銀の柏葉、将官制帽の庇には2列の金の柏葉が飾られる。[7]

階級は陸軍のパターンに準じた肩章で表される。

襟章は兵科色の長方形の台布に、兵・下士官が銀色の飛ぶ鳥の意匠、尉官が半円形の柏葉のリースの上に飛ぶ鳥の意匠、佐官が長円形の柏葉のリースの内側に飛ぶ鳥の意匠を配したものがもちいられる。第三帝国時代に用いられた襟章と類似しているが、階級ごとに飛ぶ鳥の意匠の数が変化して「階級章」の機能を果たすことはない。また将官襟章には陸軍将官と同じものが用いられる。

その他[編集]

  • ヘルメットは、従来のタイプのものがナチス・ドイツを連想させるため、国境警備隊を除いて使用が避けられ、米軍に近いデザインのものが用いられた。1980年代半ばからアメリカ軍を中心に各国に普及したいわゆる「フリッツ・ヘルメット」も同様に旧ドイツ軍を連想させるというからか、他の国に比べて導入が遅れていたが、1990年の東西統一をはさんで、90年代半ば頃から使用されるようになった。
  • ドイツ・オーストリア警察消防では、戦前までのデザインを踏襲したヘルメットが用いられている。

ドイツ民主共和国(国家人民軍)の軍服[編集]

陸軍(地上軍)[編集]

地上軍では戦後しばらく、ヴァイマル~ナチス時代を踏襲する折襟軍服が将校・下士官兵ともに使用されていた。幾度のマイナーチェンジを繰り返し、1970年頃より、将校は4つボタンの開襟軍服と、親衛隊の軍服を踏襲したようなデザインとなった。下士官兵は、多少デザインが変更された5つボタンの折襟であったが、70年代後半より、4つボタンでネクタイを締めることが主であった。帽章は国家章をオークの葉で囲ったもの。

戦闘服については「フィヨルドパターン」と呼ばれる4色迷彩と、1960年代より登場して主流となった「レインドロップパターン」と呼ばれる、黄土色を基調とし、縦に茶色の点線が入った迷彩の2種類が採用されていた。後者は少し離れてみると点線が目立たなくなり、結局ただの単色布地に見えることから、「アインシュトリッヒ・カインシュトリッヒ」(Ein Strich - kein Strich、「線が一本・線が無い」程度の意)と俗称された。初期型の戦闘服は胸ポケットが2つのみだったが、後期型では切り込み型の腰ポケットと、袖の上腕に小ポケットと包帯包を取り付けるためのループが追加された。 1980年代半ばより採用されたUTVと呼ばれる新型では、西側の戦闘服のように貼り付け型腰ポケット2つが追加され、階級章を付ける位置が、肩から上腕へ移動するなど、改良されている。

海軍[編集]

人民海軍将校の制服は、当初は同時期のソ連海軍の物と似た紺色シングル立詰襟の物であったが、後に第二次大戦時の海軍とほぼ同じデザインの5個ボタン4ヶ掛けダブルの制服となった。この制服は将校の他、准士官および上級下士官も着用した。水兵および下級下士官の制服は一般的なセーラー服である。

空軍(航空軍)[編集]

航空軍の制服は第二次世界大戦時のドイツ空軍をほぼ受け継いだデザインの物が将校として建軍時より採用された。ただし生地の色はナチス政権時の青灰色ではなく、陸軍とほぼ同様の石灰色であり、下士官兵(70年代以降は将校准士官も)の制服は襟章や帽章、淡紺青色のパイピングを除き、他の東側国家の空軍と同じく陸軍にほぼ準じていた。

世界各国への影響[編集]

概観[編集]

ドイツ軍19世紀後半から20世紀前半までの世界の軍事・軍制に多大な影響を与えた存在であった。一方、軍服に関しては18世紀から19世紀にかけて欧米の軍服の流行を主導していた。そのため、日本陸軍など軍服にも(部分的なものも含め)少なからず影響を及ぼしている。20世紀に入るとイギリスやアメリカに取って代わられ、第二次世界大戦の頃にはドイツの軍服は時代遅れの感が否めなくなっていたが、それでもその特徴的なデザインは依然多くの国に採用され、独特のデザインのヘルメット193040年代にかけて各国で採用されていた。しかし、第二次大戦の敗戦とナチス・ドイツのマイナスイメージから、大半の国でデザインの変更が行われ、現在世界各国の軍服にナチス・ドイツの影響をとどめる例は少ない。

これ以外にも、世界各国の軍服においてドイツの影響を判別しにくい要因として、以下のようなものがある。

  1. 第二次世界大戦後の世界において、旧イギリス領、旧フランス領の新興独立諸国のように、新たに編成した軍隊・警察の制服を、丸ごと旧宗主国に範をとったデザインにしている例がない。(ドイツの海外植民地は、第一次世界大戦後他国領に組み入れられた)
  2. 第二次世界大戦前にドイツ軍の影響を受けた諸国は、その時点で少なくとも政治的には独立を保ち、軍近代化を通じてその独立を維持・強化しようという動機と意図に基づいた国が大半である。つまり軍服の影響を「取り入れる」モチベーションがその国の側にあるわけで、どの要素をどの程度取り入れたかは国によってさまざまな様相を呈する。極論すれば、軍制面でドイツの影響(直接的な顧問の招聘も含む)を強く受けながら軍服にはほとんど影響を受けない例も、逆に、直接的な軍事関係は希薄ながら軍服は模倣する(例えば1930~40年代にナチス・ドイツと類似の政治体制であった国)例も、可能性としてはありうるわけである。
  3. 影響を「与える」側のドイツ軍自体、上で述べたように何度かの政治的変動と、それにともなう軍服のデザイン変更を経ているので、その国がいつ(いつから・いつまで)ドイツ軍から影響を受けたかによって、その様相も異なってくる。

19世紀~第一次大戦まで[編集]

[8][9][10]

第一次大戦後~第二次大戦終了まで[編集]

第二次大戦後[編集]

直接的な影響(過去の影響の名残りを含む)[編集]

19世紀末から第二次大戦前までドイツ軍をモデルに軍近代化をはかった南アメリカ諸国のなかには、礼服や勤務服、また式典等で着用するヘルメットに、現在でもドイツ軍の影響をとどめる国がある。例:チリ[26][27][28]ボリビア[29][30]等。軍服 (南アメリカ)参照。

多くの国に定着しているドイツ起源の軍装としては、軍楽隊の肩章 シュヴァルベンネスター Schwalbennester がある。意味は燕の巣で、制服上衣の両肩に付けることから複数形である。ただし西ドイツ軍・現在のドイツ連邦軍では使われていない。


間接的な影響(偶然の類似の可能性も含む)[編集]

  • ソ連軍とその影響を受けた社会主義諸国の軍服に多く見られた以下の要素はかつてのドイツ軍と類似しているが、これらが意識的な模倣か偶然の一致かは確定しがたい。
  1. 折襟の上着、乗馬ズボン、長靴という基本スタイル
  2. 将官服において、襟の赤い縁取り、赤い台布に金の刺繍(国を象徴する植物の葉など)を施した襟章、ズボンの太い赤い2本の側線
  3. 制帽において、円形または楕円形の帽章を囲む葉模様刺繍、将校用のモール編みのあごひも、斜めに付くひさし
  4. 海軍において、水兵制帽に略式の帽章(円形章等)がつく、夏服やコートに用いられる肩章に陸軍に似たパターンのものが用いられる
  • 1980年代から世界各国で採用され始めたケブラー樹脂製ヘルメットが、両耳~後頭部を覆う形状から「フリッツヘルメット」(英語圏での「ドイツ兵」の俗称から)と通称されたり、同様に各国で採用されている迷彩パターンが、第二次大戦中にドイツ軍が開発・使用したものの1つに類似していたりと、現代の最新の戦闘服装が偶然にせよかつての「ドイツ軍」に似た外観を呈しているのは興味深(従来のM1型では耳朶まで防備する事は不可能であり、フリッツ型であれば完全ではないものの、耳朶への直接の被弾を回避する事が可能である)。

イメージへの投影(風刺・プロパガンダ・フィクション等)[編集]

第二次世界大戦後、現実世界における各国の軍服からドイツ軍の影響が改変されていったのと同時期に(かつおそらくは同じ理由から)、映画テレビ漫画アニメなど作品の中で、「敵役」の架空の組織や国(惑星や惑星系全体が国家に統一されているという設定もある)の構成員が着用する制服が、第二次世界大戦時までのドイツの軍服をイメージして設定されている例が頻繁に見られるようになった。

こうした「組織」や「国」は、独裁的・軍国主義的で侵略や征服のためには手段を選ばない、という設定がなされ、そこには明らかにナチス・ドイツの体制と、連合軍と対立するイメージが投影している。

イメージのフィクションへの投影の先駆的な例としては、ファシズムが現実に台頭していた同時代に、これへの鋭い風刺メッセージをこめて喜劇王チャールズ・チャップリンによって作られた映画「独裁者」(1940年)が挙げられる。ちなみに彼が1918年に制作・主演した「担え銃」にも、茶化されるキャラクターとしてドイツ軍将校が登場し、そこには既に、第一次大戦時に蓄積された「敵」のドイツ軍イメージが反映している。

脚注[編集]

  1. ^ リチャード・ブレジンスキー 『グスタヴ・アドルフの歩兵 : 北方の獅子と三十年戦争』 小林純子訳、新紀元社、2001年6月。ISBN 978-4-88317-881-0
  2. ^ 辻元 2016, p. 100.
  3. ^ 辻元 2016, pp. 108-109.
  4. ^ 辻元 2016, p. 113.
  5. ^ マクナブ 2014, p. 23.
  6. ^ a b c The Waffenrock 1842 - 1895” (英語). Imperial German Uniforms 1842 to 1918. 2018年1月20日閲覧。
  7. ^ East Asian Expeditionary Corps 1900-01” (英語). German Colonial Uniforms. 2018年1月17日閲覧。
  8. ^ a b c d 辻元 2016, p. 179.
  9. ^ Model 1910 Vereinfachte (Simplified) Feldrock” (英語). Imperial German Uniforms 1842 to 1918. 2018年1月17日閲覧。
  10. ^ マクナブ 2014, p. 61.
  11. ^ マクナブ 2014, p. 179.
  12. ^ Early German South West African Uniforms” (英語). German Colonial Uniforms. 2018年1月17日閲覧。
  13. ^ East Asian Expeditionary Corps 1900-01” (英語). German Colonial Uniforms. 2018年1月17日閲覧。
  14. ^ Wissmanntruppe German Officers and NCOs 1889-91” (英語). German Colonial Uniforms. 2018年1月17日閲覧。
  15. ^ “[http://s400910952.websitehome.co.uk/germancolonialuniforms/doa%20early%20schutztruppe.htm German Schutztruppe Officers and NCOs for East Africa and Cameroon 1891-96]” (英語). German Colonial Uniforms. 2018年1月17日閲覧。
  16. ^ Schutztruppe Khaki Uniforms” (英語). German Colonial Uniforms. 2018年1月17日閲覧。
  17. ^ Schutztruppe Corduroy Uniforms” (英語). German Colonial Uniforms. 2018年1月17日閲覧。
  18. ^ German South West African Schutztruppe” (英語). German Colonial Uniforms. 2018年1月17日閲覧。
  19. ^ German East Asian Troops 1901-09” (英語). German Colonial Uniforms. 2018年1月17日閲覧。
  20. ^ プラモのモ子ちゃん スケールモデル教室1 服を黒い色にしたのは,油などのしみがめだちにくいためだといわれています。

文献[編集]

近世
  1. Philip J Haythornthwaite (1991). Frederick the Great's army. (1)., Cavalry. London: Osprey. ISBN 978-1-85532-134-2.
  2. Philip J Haythornthwaite (1991). Frederick the Great's Army (2): Infantry. London: Osprey. ISBN 978-1-85532-160-1.
  3. 辻元 よしふみ,辻元 玲子 『スーツ=軍服!?―スーツ・ファッションはミリタリー・ファッションの末裔だった!!』 彩流社、2008年3月。ISBN 978-4-7791-1305-5
  4. 辻元 よしふみ,辻元 玲子 『図説軍服の歴史5000年』 彩流社、2012年1月ISBN 978-4-7791-1644-5
  5. 辻元 よしふみ,辻元 玲子 『軍装・服飾史カラー図鑑』 イカロス出版、2016年ISBN 978-4-8022-0225-1
  6. クリス・マクナブ 『世界の軍装図鑑 18世紀-2010年』 石津朋之、餅井雅大訳、創元社、2014年ISBN 978-4-422-21528-0
陸軍
  • Hans Bleckwenn(フリードリッヒ大王当時の歩兵第26連隊の軍服、後の将官の襟章となる) : Die friderizianischen Uniformen 1753-1786, Infanterie I, Harenberg, 1987, ISBN 3-88379-444-9
  • Brian L.Davis, German Army Uniforms and Insignia 1933-1945, Arms and Armour, 1992, ISBN 1-85409-158-1
  • John R.Angolia / Adolf Schlicht, Uniforms & Traditions of the German Army 1933-1945, Vol.1, R.James Bender Publishing, 1992, ISBN 0-912138-30-0
  • John R.Angolia / Adolf Schlicht, Uniforms & Traditions of the German Army 1933-1945, Vol.2, R.James Bender Publishing, 1992, ISBN 0-912138-34-3
  • John R.Angolia / Adolf Schlicht, Uniforms & Traditions of the German Army 1933-1945, Vol.3, R.James Bender Publishing, 1992, ISBN 0-912138-37-8
  • マイケル・H. プルット 、 ロバート・J. エドワーズ /向井 祐子訳、『パンツァー・ユニフォーム:第二次大戦ドイツ機甲部隊の軍装』、大日本絵画、1995年、ISBN 4-499-22649-X,(戦車兵)
  • Jacques SCIPION / Yves BASTIEN Afrikakorps Tropical uniforms of the German Army 1940-1945, Histoire & Collections, 1996, ISBN 2-908-182-505,(アフリカ軍団)
  • 田嶋 信雄: 『ナチズム極東戦略:日独防共協定を巡る諜報戦』、講談社、1997年、ISBN 4-06-258096-9,(在華ドイツ軍事顧問団)
海軍
  • Adolf Schlicht / John R.Angolia, Die deutsche Wehrmacht, Uniformierung und Ausrüstung 1933-1945:Band 2 die Kriegsmarine, Motorbuch Verlag, 1995, ISBN 3-613-01656-7
空軍
  • Brian L.Davis, Uniforms and Insignia of the Luftwaffe,Volume 2:1940-1945, Arms and Armour, 1995, ISBN 1-85409-107-7
武装親衛隊の迷彩服
  • Walther-Karl Holznann, Manual of the Waffen-SS, Badges, Uniforms, Equipment, Bellona Publications, 1976
  • Andrew Steven / Peter Amodio : 『ドイツ武装親衛隊軍装ガイド』、上田 信訳、並木書房、ISBN 4-89063-050-3、1993年
  • Dr.Jean F.Birsarello / Akira Kikuchi: 『第二次大戦ドイツ迷彩服』、ホビージャパン、ISBN 4-89425-040-3、1994年
ナチ党機関の制服
  • Walther-Karl Holzmann : Manual of the Waffen-SS, Badges, Uniforms, Equipment, 1976, ISBN 0-85242-487-6
  • Francis CATELLIA, Le N.S.D.A.P. : Uniformologie & Organigramme, RM Publication, ISBN 2-9501712-1-4,1987
東ドイツ軍の軍服(東ドイツ軍建軍以前の武装警察時代から1990年の国家消滅に至るまでの陸・海・空各軍の被服類全般)
  • KLAUS‐ULRICH KEUBKE / MANFRED KUNZ, Militärische Uniformen in der DDR 1949‐1990, Schriften des Ateliers für Porträt‐und Historienmalerei, ISBN 3-00-011362-2,2003
主権紋章の鷹章
  • アラン・ブーロー: 『鷲の紋章学:カール大帝からヒトラーまで』、松村 剛訳、平凡社、1994年、ISBN 4-582-48210-4
  • サユル・フリートレンダー:『ナチズムの美学』、田中正人訳、社会思想社、1990年、ISBN 4-390-60332-9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]