習志野市秋津サッカー場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
習志野市秋津サッカー場
"フロンティアサッカーフィールド"
Akitsu20040102.jpg
習志野市秋津サッカー場の位置(千葉県内)
習志野市秋津サッカー場
施設情報
所在地 千葉県習志野市秋津3-7-3[1]
位置 北緯35度40分10.9秒
東経140度0分44.8秒
座標: 北緯35度40分10.9秒 東経140度0分44.8秒
所有者 習志野市
運用者 公益財団法人習志野市スポーツ振興協会
照明 4基
大型映像装置 なし
使用チーム、大会
ジェフユナイテッド市原・千葉レディース(サッカー)
オービックシーガルズXリーグ
収容能力
2,100人
アクセス
#アクセスを参照。

習志野市秋津サッカー場(ならしのし あきつサッカーじょう)は、千葉県習志野市の秋津総合運動公園にあるサッカー専用スタジアムである。施設は習志野市が所有し、公益財団法人習志野市スポーツ振興協会が指定管理者として運営管理を行っている。

2015年千葉県船橋市に本社を置くフロンティアが命名権を取得しており、同年4月1日から「フロンティアサッカーフィールド」の呼称を用いている(後述)。

歴史[編集]

1970年代から造営が始まり、習志野市臨海地区の公園地区の中に1982年に開設された。

1992年にJリーグに参戦を表明した東日本JR古河(現・ジェフユナイテッド市原・千葉)は、当初、秋津サッカー場を15000人収容のJリーグ公式戦開催基準に合わせたスタジアムに作りかえることで本拠地とすることを計画していた。しかし、競技場周辺の住民が騒音問題の懸念を表明したため、習志野市議会が検討をしているうちに、結局市原市市原臨海競技場)を本拠とすることになった。

その影響から、現在も太鼓などの鳴り物の応援は禁止されている。

1998年までと2003年には12月から1月にかけての全国高等学校サッカー選手権大会の1回戦から3回戦までの試合会場として用いられた。2002年の第82回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦大分トリニータ国際武道大学の試合でも使用された。また、2010年第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会で使用された。

プリンスリーグ千葉県社会人サッカーリーグなどで使用される。

日本女子サッカーリーグ所属のジェフユナイテッド市原・千葉レディースが公式戦を開催している他、かつてはジェフユナイテッド市原・千葉リザーブズも使用していた。2003年頃から2005年頃にかけてジェフのホームタウン拡大に合わせて、ジェフがサテライトリーグ以外の練習試合を稲毛海浜公園球技場と並んで秋津サッカー場で行う事が多くなった。

イビチャ・オシムサッカー日本代表監督在任当時はサッカー日本代表の練習場として使用されることが多かった。

Xリーグに所属するアメリカンフットボールクラブであるオービックシーガルズが習志野市を本拠としており、2013年9月29日に同チームにとって初となる習志野での公式戦が当サッカー場で開催された(対IBMビッグブルー[2]

施設命名権[編集]

2014年3月31日から6月30日まで習志野市は命名権を募集し、2015年3月にフロンティアと命名権契約を締結した。契約期間は3年(2015年4月1日から2018年3月31日まで)、契約金額は年間150万円で「フロンティアサッカーフィールド」(略称:「秋フロ」)の呼称を用いている[3]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c スタジアム【秋津】”. 日本フットボールリーグ. 2016年5月25日閲覧。
  2. ^ 速報◆習志野で初の公式戦、IBMに42-41で辛勝”. オービックシーガルズ公式サイト (2013年9月29日). 2014年11月15日閲覧。
  3. ^ “秋津サッカー場に愛称が!(ネーミングライツの導入)” (プレスリリース), 習志野市, (2015年3月15日), http://www.city.narashino.lg.jp/kurashi/sports/640220150227091552820.html 2016年4月29日閲覧。 

外部リンク[編集]