文学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
総合文化学群から転送)
移動先: 案内検索

文学部(ぶんがくぶ)あるいは人文学部は、主として人文科学(人文学)及び社会科学教育研究を行う学部である。以下に述べるとおり、大学によって文学部という名称を付された学部の実際の教育及び研究領域は多様である。学位は主に学士(文学)など。

概要[編集]

文学部の学部名に冠せられた文学とは、「文学作品」という意味での文学 (Literature) のことでは無く「文系」「理系」という意味での「文」である。文字 (Letters) によって顕著に現れる人間精神 (Humanity) ・文化 (Culture) の探求、すなわち人文学である。ただし、設置している学校により、文学Literatureの研究のみをおこなっていることもある[1]

また、「文」という字には「研究する」「文ずる(もんずる)」という意味がある。「天文学」が天体を研究する学問を指すように、「人文学」は人間を研究する学問を指す。それ故、社会科学を含む人間精神の所産 (arts) を研究する学問全体を指す人文科学を修する学部としての(広義の)人文学部という用法と、次に述べるより狭い意味で定義される文学部・人文学部とがある。

狭い意味で述べる文学部はおおよそ哲学史学文学という人文学の三つの部門を持つ。人文系学部にはこの全分野を講座としてカバーしている大学の方がむしろ少ないが、伝統のある大きい大学ではきちんとそろえられている場合もある(とはいえ、それらの大学においても一学科制への移行やより説明的な学科名への改称・改組によって哲・史・文の領域が、学科として、明示的には示されなくなってきている)。

さて哲学という学問は、近代以前の歴史においては自然科学や社会科学も含んで発展してきた。ゆえに、学問上におけるこれら諸領域の分化と相互交流が文学部という大学制度にも影響してくる。ナポレオン時代のパリ大学神学法学医学理学・文学の5学部制をとっていたように、歴史的には文学部に相当する学部の中で自然科学及び社会科学が扱われてきた事例も数多い。逆に哲学から自然科学及び社会科学の諸領域が分化していった結果が哲学を冠する学科や専攻等を文学部内に制度上存在せしめているという面もある。こういった歴史的経緯から、しばしば社会科学に区分される諸領域である教育学心理学社会学等が文学部内に存在する事例が数多い。同様にして、地理学人類学考古学など、大学によっては理学部で取り扱っているところもある分野も含まれている場合もある。

文化学 (cultural studies) はドイツKulturwissenschaften由来し、大雑把に捉えれば人文科学と同義である。従って文化学部は文学部と同じに考えてよいとの意見もある[誰によって?]。また、文学部はその内容上教養学部の根幹をなす一分野に近しいとも言われる(東北大学文学部の英語名はFaculty of Arts and Letters(学芸および文学部)である)。アメリカでは、こうした学問のカテゴリー最近[いつ?]は、Human Studiesと表記することも多くなってきた。

大学の構成上、文学部を学科として包摂する学部として文理学部法文学部がある。いくつかの文学部はこれらの学部から分割されてできた。また、工学部に比せられるほど専攻が多い文学部は常に分離・改組の波にさらされており、例えば最近では中京大学明治学院大学立教大学立正大学などが心理学科を改組し心理学部として分離し(立教大学は現代心理学部として)、同志社大学でも文学部文化学科心理学専攻から文学部心理学科を拡大改編し、2009年4月に心理学部を開設した。また、立命館大学文学部人文学科心理学域も2016年4月に総合心理学部が開設予定である。教育学科が教育学部として分離された例も多数あり、佛教大学では歴史学科が歴史学部として分離されている。哲学分野では、上智大学大学院で哲学研究科が設置されている。

偏った見方[編集]

「文学部」については、次のような偏見が伝統的にある。

  • (文学作品という意味での)文学のみを学ぶ場である
    上述のように誤りである。文学部は理学部とともに伝統的にリベラル・アーツの方向性をもった学部である。ただし、昔ながらの文理学部が文学部と理学部に分けられて、日本では元々の文理学部が殆ど存在しない現状では、文学部では数学などの理学関係の科目を必須としない場合が大半で、学生も実際に履修しないパターンが多い実情から言って、元々のリベラル・アーツの目指す教養とは微妙に違いがある。
  • 学生は作家志望が多い
    必ずしもそうとは言えない。また、実際に作家になる者は非常に少ない。
  • 就職状況が悪い
    “文学=非実学”という偏見があり、実際に経済学部法学部に比べて就職状況は良いとはいえない。ただし、実際の就職においては、特に文系の学部卒就職の場合、実学的な内容を学んでいようがいまいが関係ないとされる場合が多く、卒業後の進路は多岐に渡っている。事実として企業経営者や政府高官として活躍している者も少なくない。結局は、個人の資質によるところだと言える。

文学部を持つ日本の大学[編集]

国公立[編集]

なお筑波大学では人文・文化学群、金沢大学では人間社会学域の人文学類が文学部に相当する。

私立[編集]

-文化構想学部と文学部の2学部体制をとっている

人文学部を持つ日本の大学[編集]

文化学系学部を持つ日本の大学[編集]

国公立[編集]

私立[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大規模な大学では社会科学である法・商・経済・政経などの学部を設け、人文科学及びそれらに当てはまらない文系領域を「文学部」として包括している例がある(早稲田大学明治大学:2014年3月現在)

関連項目[編集]

近接的な学部[編集]

文学部を包摂する学部[編集]

文学部から派生した学部[編集]

といった学際系学部など。国際性をアピールすることも