穂高あゆみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ほだか あゆみ
穂高 あゆみ
本名 倉林あゆみ
別名義 麻生あゆみ
生年月日 (1974-03-23) 1974年3月23日(46歳)
出生地 日本の旗日本埼玉県
民族 日本人
身長 173 cm[1]
血液型 B型
ジャンル キャンペーンガール,女優
活動期間 1994年 - 2003年?
活動内容 1995年:『超力戦隊オーレンジャー
配偶者 あり
テンプレートを表示

穂高 あゆみ(ほだか あゆみ、1974年3月23日[1] - )は、日本の元キャンペーンガール、元女優。本名は倉林 あゆみ。旧芸名は麻生 あゆみあそう あゆみ[1]

埼玉県出身[1]血液型B型趣味・特技はテニス[1]スキーピアノ[1]折り紙[1]

来歴[編集]

1994年、'94年旭化成水着マスコットガールに選ばれる。

1995年、『超力戦隊オーレンジャー』の二条樹里/オーイエロー役で出演[1]

現在は芸能界を引退し、2人の子供の母親になっている。

長い間公の場に姿を見せていなかったが、2015年、『オーレンジャー』で共演した宍戸マサル主催の同窓会に参加している[2]

『オーレンジャー』に関するエピソード[編集]

オーディションでは、芝居が初めてであったため戸惑いもあったが、日を追うごとに絶対に残りたいと思うようになり、最終オーディションでは緊張で涙が出てきてしまうほどやりたいという気持ちが強くなっていたという[1]

水着姿でのアクションを披露した第23話の撮影では、藪の中で前転したところ落ちていた栗に気づかず背中にトゲが刺さってしまい大騒ぎになったという[1]。麻生(穂高)は、スタッフがとても気を使ってくれたことに感激したと述懐している[1]

『オーレンジャー』に出演したことを誇りに思っており、同作のスタッフでは小笠原猛いのくままさおが印象に残っていると「東映ヒーローMAX」のインタビューで語っている[要文献特定詳細情報]。また、ファンレターのほとんどは女性からのものであり、同性から好かれるのは光栄であったと述べている[1]

共演したさとう珠緒は、麻生は当時キャンペーンガールも兼任していたため多忙でいつも疲れており、共演者の宍戸マサルが励ましていたと証言している[3]。さとう自身も撮影中から麻生とは仲が良かったが、プライベートでゆっくり付き合えるようになったのは番組終了から数年経ってからであったと述べている[3]

出演[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 「メモリアル座談会」『超力戦隊オーレンジャー超全集小学館てれびくんデラックス〉、1996年3月1日、71-75頁。ISBN 4091014518
  2. ^ 2015年7月5日さとう珠緒のブログより[要文献特定詳細情報]
  3. ^ a b 「SPECIAL INTERVIEW'95 さとう珠緒」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1995 超力戦隊オーレンジャー』講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2019年4月10日、20-21頁。ISBN 978-4-06-513710-9