旭化成グループキャンペーンモデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
旭化成グループキャンペーンモデル
日本の旗 日本
主催旭化成株式会社
初回1976年昭和51年)
最新回2021年令和3年)
最新受賞者橘遥菜
公式サイトhttps://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/models/2017/

旭化成グループキャンペーンモデル(あさひかせいグループキャンペーンモデル、Asahi Kasei Group Campaign Model)は、旭化成が毎年選出、起用しているキャンペーンモデル

概要[編集]

当初は「旭化成水着キャンペーンモデル」の名称であったが、旭化成が2003年10月に「分社・持株会社制」へ移行し、繊維事業が旭化成せんいへ移されたことを契機に、第29代から「旭化成せんいキャンペーンモデル」に変わった。更にその後、繊維・水着のみならず、グループ事業全体のPRも担わせるため、第33代から「旭化成グループキャンペーンモデル[1] に名称変更し、今日に至っている。

90年代には番組スポンサーのなるほど!ザ・ワールド(フジテレビ系)エンディングで一時期その年のモデルイメージ映像が流れていた。

2004年から2013年までの10年間は中国事業強化のため、中国人のモデルも選ばれている。

最近では、旭化成発祥地を舞台とする延岡西日本マラソンスタート・ゴール地でのイベントが実質の仕事始めになっており、2008年に生中継が始まってからはテレビでの露出機会も増えている。

2016年、旭化成建材杭打ちデータ改ざん問題により旭化成が広告を自粛した影響で、2016年の旭化成グループキャンペーンモデルを選考できなかったことや山下永夏が好評だったことを考慮し、2016年キャンペーンモデルも山下が続投となった[2]

2017年4月からはフジテレビ系『ミライ☆モンスター』の一社提供スポンサーとなり、「旭化成グループキャンペーンモデル」は、毎回コスプレ姿で番組の次回予告紹介を行い、1年間(同一年度)出演する。

2021年9月3日、「旭化成グループキャンペーンモデル」の起用を2021年度で終了することが発表され[3]、2022年3月31日をもって46年の歴史に終止符を打つことになった[3]

歴代モデル[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でキャンペーンモデルとしての活動が制限されたことが原因による前年度からの継続起用。

出典[編集]

  1. ^ “2008年 水着素材の販売について” (プレスリリース), 旭化成せんい株式会社 / 旭化成株式会社, (2008年4月8日), https://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/news/2008/fi080408.html 2020年3月11日閲覧。 
  2. ^ a b “山下永夏が旭化成キャンペーンモデル続投 データ改ざん問題余波”. スポニチアネックス. (2016年3月23日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/23/kiji/K20160323012267140.html 2016年3月24日閲覧。 
  3. ^ a b “松嶋菜々子ら選出「旭化成キャンペーンモデル」終了 46年の歴史に終止符”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年9月3日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202109030000483.html 2021年9月3日閲覧。 
  4. ^ “北向珠夕が旭化成キャンペーンモデルに決定 過去には松嶋菜々子、片瀬那奈らも”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年3月13日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/03/13/0011063985.shtml 2018年3月13日閲覧。 
  5. ^ ““国民的美少女”谷口桃香が旭化成モデル 女優にも”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年3月13日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201903130000247.html 2019年3月13日閲覧。 
  6. ^ “『旭化成』今年の“顔”に21歳・現役女子大生の橘遥菜 事務所所属1年で大抜てき”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年3月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2157205/full/ 2020年3月11日閲覧。 
  7. ^ 「2021年旭化成グループキャンペーンモデル」 橘 遥菜(たちばな はるな)の起用継続について”. 旭化成株式会社 (2021年1月20日). 2021年1月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]