「青色申告」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
[[1949年]](昭和24年)8月に発表された日本税制報告書(いわゆる「[[シャウプ勧告]]」)にもとづいて施行された、青色申告制度に由来する。当時[[コロンビア大学]]の教授だった[[カール・シャウプ]]が、約4ヶ月にわたり日本国内を視察中「日本人は青色をどのような感じで受け止めるのでしょうか。」とある日本人に聞いたところ、「青色は気持ちのよい色です。青空のようにすっきりとした色ですからね。」という答えが返ってきたところから、青色にしたと伝えられている。
 
政府は、帳簿書類の備付けを促し、[[申告納税制度]]を普及する目的から、青色申告を奨励しており、[[租税特別措置法|租税特別措置]]などにおいて各種特典を設けている。また、青色申告は一定の要件を満たし税務署の事前承認を前提としており、青色申告によらない申告は[[白色申告]]と呼ばれる。
 
== 青色申告ができるもの ==
== 青色申告の特典 ==
=== 所得税の青色申告特別控除 ===
[[正規の簿記の原則]]による記帳を行っている不動産所得者(事業的規模に限る)および事業所得者に対する65万円特別控除(平成16年分以前の所得については55万円特別控除)と、正規の簿記の原則に該当しないが簡易な簿記による記帳を行っている者(不動産所得者、事業所得者、山林所得者)に対する10万円特別控除がある。
 
これらの措置により青色申告による所得税の金額は、白色申告による場合より小さくなるが、上記のような義務が発生するため、承認の申請をする際には注意が必要であり、事業主や家族・被用者に簿記会計の知識がある、若しくは[[会計士]]・[[税理士]]などの専門家に記帳・税務申告を依頼することが必要となる。また近年ではパソコンによる経理ソフトが普及しているため、それを活用して記帳するという手段を取ることも可能である。

案内メニュー