水戸黄門まつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水戸黄門まつり
Mito Komon Festival
イベントの種類 祭り
通称・略称 黄門まつり
旧イベント名 水戸の七夕黄門まつり
開催時期 毎年8月第1週の
初回開催 1961年
会場 水戸市中心部の商店街・千波湖(花火大会)
主催 水戸黄門まつり実行委員会
来場者数

35万人(花火大会)[1]

100万人(3日間)[2]
千波湖地区、上市地区、下市地区への交通アクセス
最寄駅 水戸駅
駐車場 あり
[水戸観光協会 公式サイト]

水戸黄門まつり(みとこうもん-)は、茨城県水戸市で開かれる水戸藩2代藩主徳川光圀を称える

概要[編集]

水戸市中心部の商店街などで毎年8月第1週の金・土・日に開催される。名前の由来は水戸市にゆかりがある水戸黄門からきている。

かつては西村晃をはじめとする黄門様ご一行がゲストとして招かれ、黄門大名行列として水戸市内を練り歩いた。これは1990年代初頭に一旦打ち切られたものの、2003年の第43回から水戸黄門パレードとして復活した。

現在は金曜に前夜祭として千波湖畔で水戸黄門まつり花火大会(約4500発)[3] 、土曜・日曜に水戸市街地で大名行列山車神輿渡御、水戸黄門パレード等が行われる。

黄門まつりの変遷[編集]

名称 開催年 備考
七夕まつりと広告祭 1935年ごろ --
太平洋戦争により中断
七夕まつりと広告祭 1949年 祭が復活
第1回水戸の七夕黄門まつり 1961年 「水戸黄門まつり」の前身
第10回記念水戸の七夕黄門まつり 1970年 --
第16回水戸の七夕黄門まつり 1976年 「第1回霞のお新役」を募集
第20回記念水戸の七夕黄門まつり 1980年 --
第22回水戸の七夕黄門まつり 1982年 「霞のお新役・志乃役」を募集
第26回水戸の七夕黄門まつり 1986年 「第1回市民カーニバル」を開催
第29回水戸の七夕黄門まつり 1989年 「第1回ミス七夕黄門・準ミス七夕黄門まつり」を募集、「第1回追鳥狩武者行軍」を開催
第30回記念水戸の七夕黄門まつり 1990年 --
第32回水戸黄門まつり 1992年 名称を「水戸の七夕黄門まつり」から「水戸黄門まつり」に変更
第37回水戸黄門まつり 1997年 水戸黄門まつりをリニューアル
「水戸黄門行列」を秋に移行、「第1回水戸藩時代まつり」を開催
第40回記念水戸黄門まつり 2000年 名称を「市民カーニバル」から「市民カーニバル in MITO」に変更
第43回水戸黄門まつり 2003年 「第1回水戸黄門パレード」開催、水戸黄門様のお休み処(後述)を設置

ゲスト:合田雅吏原田龍二由美かおる

第44回水戸黄門まつり 2004年 ゲスト:合田雅吏、三波豊和、由美かおる
第45回水戸黄門まつり 2005年 ゲスト:合田雅吏、永井大、原田龍二、由美かおる
第46回水戸黄門まつり 2006年 ゲスト:佐藤藍子細川ふみえ
第47回水戸黄門まつり 2007年 ゲスト:斉藤慶子さとう珠緒マイク眞木
第48回水戸黄門まつり 2008年 8月1日2日3日開催

ゲスト:高橋由美子真木蔵人

第49回水戸黄門まつり 2009年 8月7日[4]8日9日開催

ゲスト:合田雅吏、内藤剛志林家三平、原田龍二、由美かおる

第50回水戸黄門まつり 2010年 8月6日7日8日開催

ゲスト:島崎和歌子、由美かおる、渡辺裕之

第51回水戸黄門まつり 2011年 8月5日6日7日開催

ゲスト:内藤剛志、林家三平、雛形あきこ

第52回水戸黄門まつり 2012年 8月3日4日5日開催

ゲスト:磯山さやか、合田雅吏、林家三平

第53回水戸黄門まつり 2013年 8月2日3日4日開催

ゲスト:京本政樹黒川智花

第54回水戸黄門まつり 2014年 8月1日2日3日開催

ゲスト:東幹久羽田美智子

第55回水戸黄門まつり 2015年 8月7日8日9日開催

ゲスト:原田龍二、大場久美子

第56回水戸黄門まつり 2016年 8月5日6日7日開催

ゲスト:風間トオル福原遥[5]

第57回水戸黄門まつり 2017年 8月4日5日6日開催予定

ゲスト:沢村一樹長谷川里桃

由来[編集]

1935年(昭和10年)ごろ、水戸市商店街では夏に七夕まつり、秋に広告祭が開かれていた。戦争中は中断していたが終戦後、1949年(昭和24年)には復活し、商店街あげての七夕まつりを催した。

1961年(昭和36年)、『水戸黄門、助さん、格さん 大暴れ』という映画の撮影の際、月形龍之介水戸市役所を水戸黄門の旅姿で訪問したことから黄門まつりのアイデアがうまれ、同年8月に第1回水戸の七夕黄門まつりが開催された。

その後途切れることなく祭りは毎年続き、水戸の夏の風物詩として定着した。そして、1992年に水戸の七夕黄門まつりが水戸黄門まつりと現在の名称に変わり、1997年に大幅リニューアルをし、現在に至っている。

黄門さまのお休み処[編集]

2003年より祭の開催中、水戸市中心部の商店街に設置されている休憩所。2009年は以下の5ヶ所に設置された。

協賛行事[編集]

  • 水戸黄門まつり那珂川遠泳大会
  • ワイワイくろばねフェスティバル
  • 燃えろ!元気水戸まつり!!
  • 備前堀灯篭流し
  • 千波湖灯篭流し
  • 水戸黄門まつり水戸市民野球リレー大会

アクセス[編集]

JR常磐線水戸駅下車。若しくは、東京駅八重洲南口4番乗り場より高速バスみと号』で、終点下車[6]

  • 千波湖会場(花火大会)

水戸駅から徒歩15分

  • 上市会場

水戸駅から徒歩5分

  • 下市会場

水戸駅北口3番乗り場から茨城交通バス「本町・浜田」方面行きで、「本町1丁目」下車。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第54回水戸黄門まつり花火大会”. ウォーカープラス. KADOKAWA. 2014年8月3日閲覧。
  2. ^ “夜空彩る花火で幕開け 催し多彩、延べ100万人の人出”. 茨城新聞. (2009年8月7日). http://www.ibaraki-np.co.jp/main/image/20090807koumonmatsuri.pdf 
  3. ^ 荒天の場合は、パレード終了後に順延となる。
  4. ^ ただし花火は天候不順のため、同月14日に順延された。
  5. ^ 福原遥、涼しげな浴衣で「水戸黄門まつり」を応援! まいんちゃん、もう17歳なのか
  6. ^ 上市地区で神輿渡御、水戸黄門パレードが行われている時間帯は、赤塚ルート、茨大ルートの大工町から南町2丁目バス停間は大町通りへ迂回運行となる。

外部リンク[編集]