橋本武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はしもと たけし
橋本 武
生誕 1912年7月11日
京都府宮津市
死没 (2013-09-11) 2013年9月11日(満101歳没)
神戸市中央区
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京高等師範学校(現・筑波大学
職業 国語教師、国文学者
著名な実績 『銀の匙』授業

橋本 武(はしもと たけし、1912年7月11日 - 2013年9月11日)は、日本の国語教師、国文学者、元灘校灘中学校・高等学校教頭京都府宮津市出身。中学の3年間をかけて中勘助の『銀の匙』を1冊読み上げる国語授業「『銀の匙』授業」で知られる。

人物[編集]

『銀の匙』授業[編集]

1950年、新制灘中学校で新入生を担当することになった時点から、「教科書を使わず、中学の3年間をかけて中勘助の『銀の匙』を1冊読み上げる」国語授業を開始する。単に作品を精読・熟読するだけでなく、作品中の出来事や主人公の心情の追体験にも重点を置き、毎回配布するガリ版刷りの手作りプリントには、頻繁に横道に逸れる仕掛けが施され、様々な方向への自発的な興味を促す工夫が凝らされていた。同年10月、東京教育大学(現:筑波大学)教授の山岸徳平が授業を見学し、「横道へ外れすぎではないか」との批判を受けたが、これこそがこの授業の最大の目的とする所であった。

この授業を受けた最初の生徒たちが、6年後の春には東京大学に15名合格(1956年・新制8回生)、更にその6年後には東京大学に39名・京都大学に52名合格(1962年・新制14回生)、また更に6年後には132名が東京大学に合格し、東京都立日比谷高等学校を抜いて東大合格者数全国一位となる(1968年・新制20回生)。その後も6年おきに120名(1974年)、131名(1980年)が東大に合格という快挙を成し遂げる。「1教科1教師の持ち上がり担当制で6年間の中高一貫教育を行う」灘校において、橋本の信念と実力と情熱により実現した授業であったが、これら進学実績の向上は、当初からの目的とされたものでは決してなく、あくまでその成果の一つに過ぎない。

エピソード[編集]

  • 在職中から宝塚歌劇団のファン(本格的に「はまった」のは1973年3月)として知られ、同劇団の機関誌「歌劇」誌上に随筆「宝塚讃歌」を連載。1983年10月の在職50年を祝うパーティーには、当時の現役生徒であった、高汐巴若葉ひろみ黒木瞳ら総勢60名のタカラジェンヌが駆けつけ花を添えた。また、2010年7月、ライオンズクラブの白寿を祝う会では、宝塚OGの上條あきら(上条晃)が実行委員長を務め、12名の元タカラジェンヌが東西から集合し、歌やパフォーマンスで祝った。
  • 1994年解離性大動脈瘤で緊急搬送された際、救急救命士の活躍により蘇生を果たす。この救急救命士は、教え子の黒岩祐治がキャスターを務めていたフジテレビFNNスーパータイム内で2年間に渡って行った「救急医療キャンペーン」が契機となり、1991年に制定された救急救命士法により制度化されたものである。
  • 趣味は、宝塚の他にも、社交ダンス8ミリカメラカメラ旅行歌舞伎鑑賞、茶道郷土玩具収集、グッズ収集、和綴本作り、等があるが、「趣味はあくまで「参加する楽しさ」「興味をもってチャレンジしてみる面白さ」がポイントです。プロの研究や仕事とはわけが違うのですから、突き詰める必要などありません。どこかで、自分を突き動かしてきた好奇心が満たされれば、さっと手を引く。これも、私流の趣味の楽しみ方なのです」と書いている。
  • グッズの収集は長く続けており、自宅の表札は「青蛙人形館」、自らつけた戒名も「青蛙居士」である。
  • 灘校退職直後に寿葬(生前葬)を挙行。この時、つけられた戒名は「教誉愛宝青蛙居士(きょうよあいほうせいあこじ)」である。
  • 2012年小学館から発行された、中勘助著『銀の匙(小学館文庫)』には、橋本による案内(解説)が全編に併載されており、当時の「『銀の匙』授業」の様子を活字の形で追体験することが出来る。帯のコピーは「奇跡の名文が、元灘校教師(101歳)の全編解説で甦る。/中勘助×橋本武/夏目漱石が絶賛した、明治少年のみずみずしい見聞が、伝説教師の解説を全編に添え、新たな扉を開ける――。」である。カバー裏の解説では「戦後の灘中学でこの作品1冊を3年間かけて読みこむ授業を実践、同校を名門校へ導いた、中本人とも深く交流した橋本武(1911年生まれ、現在100歳)による当時の授業を再現する[解説]を全編に併載。理解を深め、横道にそれる橋本流知的ヒントをちりばめた平成版『銀の匙』誕生。」と紹介されている。

著書[編集]

参考[編集]

  • 伊藤氏貴『奇跡の教室:エチ先生と『銀の匙』の子どもたち:伝説の灘校国語教師・橋本武の流儀』(小学館 2010年)ISBN 9784093881630
  • 黒岩祐治『灘中 奇跡の国語教室:橋本武の超スロー・リーディング(中公新書ラクレ394)』(中央公論新社 2011年)ISBN 9784121503947
  • 橋本武『100歳からの幸福論:伝説の灘校教師が語る奇跡の人生哲学』)』(牧野出版 2012年)ISBN 9784895001571
  • 橋本武『〈銀の匙〉の国語授業(岩波ジュニア新書709)』(岩波書店 2012年)ISBN 9784005007097
  • 伊藤氏貴『奇跡の教室:エチ先生と『銀の匙』の子どもたち:伝説の灘校国語教師・橋本武の流儀(小学館文庫)』(小学館 2012年)ISBN 9784094087734
  • 中勘助『銀の匙(小学館文庫)』(小学館 2012年)ISBN 9784094087741
  • 「人生が変わる1分間の深イイ話」(2011年2月28日 NTV)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 伝説の国語教師 橋本武氏 101歳で死去”. スポニチアネックス (2013年9月11日). 2013年9月11日閲覧。
  2. ^ 元灘中・高教諭「銀の匙」授業 橋本武さん死去”. 神戸新聞NEXT (2013年9月11日). 2013年9月13日閲覧。