木村魚拓の窓際の向こうに

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木村魚拓の窓際の向こうに
ジャンル パチンコ・パチスロ番組
出演者 木村魚拓
製作
制作 パチンコ★パチスロTV!
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2009年1月 - 放送中
放送時間隔週水曜日 23:00 - 24:00(60分) ほか
木村魚拓の窓際の向こうに
テンプレートを表示

木村魚拓の窓際の向こうに(きむらぎょたくのまどぎわのむこうに)は、2009年1月からパチンコ★パチスロTV!で放送されているパチンコ・パチスロ番組。初回放送は、隔週水曜日の23:00 - 24:00。略称は「窓際」。

概要[編集]

窓際サラリーマン木村魚拓が、お小遣いをゲストパチンコパチスロで増やしてもらうという他力本願実戦バラエティー番組。

4時間の実戦時間で投資金額2万円(日本遊技関連事業協会アンケート調査による平均稼働時間及び投資金額上限を基にしている)によるガチンコ勝負(パチンコ・パチスロどちらでもOK)で勝利を目指す。

出演者[編集]

主なコーナー[編集]

  • 窓際INFORMATION - 番組宛に送られてきたハガキを紹介するコーナー。ハガキが採用されると番組オリジナルのTシャツステッカーがもらえる。
  • アダルト 〜大人のキム&○○〜(○○にはゲストの名前が入る) - パチテレ及び番組に届いたゲスト宛のハガキなどを紹介しつつ行われるトークコーナー。

使用曲[編集]

その他[編集]

  • #1から#9までは月1回(土曜日)の放送だったが、#10より月2回(第2・4日曜日)に変更。#34から#83までは毎週放送(日曜日)になり放送時間が30分に短縮(1人のゲスト回を2週に分ける形)。#84から再び月2回(第1・3日曜日)の1時間番組となった。長らく日曜日に放送されていたが、#298より第1・3水曜日、#300より隔週水曜日の放送に移行。
  • 番組初期は収録店舗が固定されていなかったが、1年程して将軍の田端店に固定。長らく田端店で収録していたが、#248から収録店舗が将軍の葛西店に移った[1]
  • 実戦前のトークでは、木村が女性ゲストにバストカップ数を聞くことがお約束となっている。Cカップ以上なら木村が“Cカップドール朱美ちゃん”(以前は鳥の人形“鶏ガラくん”)と呼ばれる人形を壁や床に投げつけ(木村は「飛ぶ」と表現)、それ以下なら人形を静かに足元に置く。
  • ゲストと勝利の契りを交わす意味で、実戦前に木村とゲストがコーラの入ったジョッキを持った腕を互いにクロスさせながら、木村がゲストを鼓舞する言葉を発しゲストは「押忍!」と答える“儀式”が行われる。儀式の最後はジョッキのコーラを素早く飲むが、このことに特に意味はない。
  • 2万円での4時間実戦となっているが、おかわり(追加投資)や実戦時間の延長の要求が度々ある。
  • ゲスト実戦中の木村は、ゲストの様子を窺いつつマンガを読んだり、控室でくつろいだり、来店している他のライターと絡んだり、自分のお金でパチンコ・パチスロを打つなどしている。
  • お互いのお小遣いを増やすためにゲストのお金で木村も実戦することが度々あったが、#268から木村にゲストのお小遣いを託すか否かを選べる新ルールができた(#268はコーラの早飲みで決定)。
  • エンディングは、結果を踏まえたゲストとの掛け合いをラグビーボールをパスし合いながら行っていたが、徐々に行われなくなっている。
  • 「窓際クラブ」なる番組のファンクラブ的な会があり、番組宛にハガキを出せば会員ナンバーがもらえたが、投稿数の減少から「窓際クラブ」は無いに等しくなっている。
  • “窓際びんびん物語”と題したノリ打ち実戦の回は『黄昏☆びんびん物語』の幸野善之ナレーターを担当。
  • #292 - #295は、新型コロナウイルス感染症の拡大により店舗収録ができなくなったため、ゲスト解答者が自身の窓際初出演回から出題されるクイズに全問正解すると賞金100万円がもらえるライター救済企画「あの時 君は若かった」を放送。

放送リスト[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 木村魚拓 [@kimuragyotakuG] (2018年6月29日). "泣いたこともありました。泣かせたこともありました。長きに渡りお世話になった思い出深い田端を離れることになりました。以降の黄昏びんびん物語、窓際の向こうには将軍葛西店で収録しますので、見学したい方や見切れたい方やポロリに告白したい方はお間違えなきよう。葛西の街をしゃぶり尽くします。" (ツイート). Twitterより2020年1月13日閲覧

外部リンク[編集]