幻の本塁打一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
幻のホームラン一覧から転送)
移動先: 案内検索

幻の本塁打一覧(まぼろしのほんるいだいちらん)では、日本プロ野球日本野球機構及びその前身である日本野球連盟のリーグ戦、さらにはオリンピックワールド・ベースボール・クラシックなど野球の国際試合における日本代表戦において、ノーゲーム(5回終了に至らずに記録が全部無効になった場合)を除いた正式な記録として残った試合で、フェンス越え本塁打を打ちながらそれが認められなかった事例及びそれに近い打球を放ちながら観客の妨害により本塁打と判断されなかった事例を列挙する。チーム名(選手所属先と対戦相手)はいずれも試合当時の名称。

一覧[編集]

選手名
球団
試合日
対戦相手
球場
備考
いちい/櫟信平 日本ハム/東急 1949年4月13日 阪神 西宮 櫟の打球がフェンス天辺に当たってフィールドに跳ね返った事を審判団が確認したうえで本塁打と認めたが、連盟提訴の結果規則解釈の誤りとされ無効試合となったため後日取り消し。
※試合自体が無効となったため参考記録[1]
やまかわ/山川喜作 巨人 1949年4月27日 ロ/大映 富山 7回表降雨コールドゲームのため当時の規定[注 1]により7回表の本塁打が取り消し。
※現在はコールドゲームになった場合でも一部を除き記録は認められる[1]
こまた/駒田桂二 阪神 1951年7月25日 横/松竹 大阪 投球がボークだったため取り消し。
※現在はボークの場合でも本塁打は認められる[1]
すきやま/杉山悟 中日 1954年7月25日 阪神 大阪 10回裏に放棄試合のため当時の規定[注 2]により10回表の本塁打が取り消し。
※現在は放棄試合になった場合でも一部を除き記録は認められる[1]
あなふき/穴吹義雄 南海 1957年4月11日 ロ/大映 後楽園 一塁走者追い越しにより取り消し。記録は2点単打[1]
なかしま/長嶋茂雄 巨人 1958年9月19日 広島 後楽園 一塁空過をアピールされ取り消し[2]。記録は投ゴロ[2]。長嶋は新人のこの年29本塁打を記録しているが、この件がなければ「3割30本30盗塁」のトリプルスリーを達成していた事になる[2][1]
やなきた/柳田利夫 ロ/大毎 1961年10月14日 西/西鉄 後楽園 一塁走者追い越しにより取り消し。記録は単打、打点2[1]
マアシヤル/マーシャル 中日 1964年6月17日 巨人 後楽園 左翼手が捕球寸前に左翼側スタンドのファンが身を乗り出しこの打球を取った。左翼線審が「ファンが取らなければ捕球できた」としてアウトの宣告[3]
ほしやま/星山晋徳 ヤ/サンケイ 1965年06月24日 広島 神宮 一塁走者追い越しにより取り消し。記録は単打、打点2[1]
ロイ/ロイ 西鉄 1965年10月10日 ロ/東京 東京 一塁走者追い越しにより取り消し。記録は単打、打点2[1]
こんとう/近藤和彦 横/大洋 1966年5月10日 阪神 川崎 打つ前にタイムがかかっていたため取り消し。取り消されなければ3者連続本塁打かつサヨナラ本塁打だった[1]
はく/白仁天 日本ハム/東映 1967年7月19日 近鉄 後楽園 一塁走者追い越しにより取り消し。記録は単打、打点2。取り消されなければサヨナラ本塁打だった[1]
たかた/高田繁 巨人 1971年6月10日 広島 後楽園 左翼手が捕球寸前に左翼側スタンドの観客が手を伸ばして取ったため、審判団の判断によりアウトとなった[3]
むらかみ/村上公康 ロッテ 1975年6月1日 西/太平洋 川崎 打つ前にタイムがかかっていたため取り消し[1]
ゆきさわ/行沢久隆 日本ハム 1976年4月29日 近鉄 後楽園 一塁走者追い越しにより取り消し。記録は単打、打点3。自身にとってプロ入り初安打であり、取り消されなければプロ入り初本塁打かつ満塁本塁打だった[1]
キヤレツト/ギャレット 中日 1979年5月24日 横/大洋 ナゴヤ 一塁走者追い越しにより取り消し。記録は単打、打点1[1]
カアトナア/ガードナー 広島 1981年7月19日 横/大洋 横浜 本塁空過をアピールされ取り消し。記録は三塁打、打点2[1]
みのた/簑田浩二 阪急 1984年7月19日 西武 西武 勝ち越し本塁打の直後にコールドゲーム宣告。規定[注 3]により取り消し[1]
ホオナア/ホーナー ヤクルト 1987年8月9日 阪神 平和台 同点本塁打の直後にコールドゲーム宣告。規定[注 3] により取り消し[1]
しんしよう/新庄剛志 阪神 1995年6月20日 横浜 横浜 1点を追う9回表、無走者で同点本塁打となりそうな大飛球を打ち上げるも応援団が外野スタンドで振っていた自身の名前が書かれた応援旗に叩き落とされてグラウンドに落下。規則[注 4]に基づき、審判団の判断により二塁打となった[4]
テイアス/ディアス 広島 1999年9月14日 ヤクルト 広島市民 一塁走者追い越しにより取り消し。一塁走者・新井貴浩はディアスの打球を左翼手に捕球されたと勘違いし帰塁しようとしたため、長打と確信して全速力で走ってきたディアスが追い越してしまった。ディアスの本塁打は取り消されたが、一死であったため新井の得点は認められた。記録は単打、打点1[5]
しんしよう/SHINJO
(新庄剛志)
日本ハム 2004年4月17日 ロッテ 東京ドーム 右翼側スタンドに打球を運んだが、最前列の観客がフェンスから身を乗り出して捕球したため、規則[注 4]に基づき、審判団の判断により二塁打となった[6]
しんしよう/SHINJO
(新庄剛志)
日本ハム 2004年9月20日 ダイエー 札幌ドーム 一塁走者追い越しにより取り消し[7]。9回裏二死満塁、12-12の同点の場面でSHINJOのサヨナラ満塁本塁打となるはずの打球を見届け、共に喜び合おうと一・二塁間で待っていた一塁走者・田中幸雄と抱き合ったあとその場で一回転したのが「走者追い越し」と判定された[7]。三塁走者・奈良原浩は既に本塁に達していたので奈良原の得点は認められたが、SHINJOの本塁打が取り消されており、かつ奈良原はサヨナラの得点となる走者であるから他の走者の得点は認められず、記録は単打、打点1。サヨナラ本塁打が取り消されたのは3例目だが、そのままサヨナラゲームが成立したのは初[8]
イ/李承燁 巨人 2006年6月11日 ロッテ 千葉 一塁走者の三塁空過をアピールされ取り消し。李は右翼側スタンドに打球を運んだが、プレイ再開後にロッテ・今江敏晃三塁手のアピールにより、一塁走者・小関竜也の三塁空過が認められた。二死だったため李の得点は認められず、小関は二塁には達しているので李の記録は単打。打者でない走者の空過により本塁打が取り消しとなった例は初めて。これに対し巨人は「小関は完全に三塁ベースを踏んでおり、明らかな誤審」と主張し、球団代表の清武英利は後日、セントラル・リーグに抗議文を提出した[9]
ならはら/奈良原浩 中日 2006年9月19日 横浜 横浜 6回表・先頭打者として代打で登場。右翼側スタンドに打球を運んだが、観客がフェンスから身を乗り出して捕球したため、規則[注 4]に基づき、審判団の判断により二塁打となった。
ラミレス/ラミレス 巨人 2008年5月7日 阪神 東京ドーム 7回裏、一死一塁二塁の場面で左翼側スタンドのギリギリの位置に飛ばしたが、観客が差し出した手に触れて下に落ちたため、規則[注 4]に基づき、審判団の判断により二塁打となった[10]
こやの/小谷野栄一 日本ハム 2010年9月15日 楽天 札幌ドーム 5回裏、一死二塁の場面。左翼席の観客がフェンス際で手を伸ばし捕球した。規則[注 4]に基づき、審判団の判断により二塁打となった。
さかもと/坂本勇人 巨人 2014年4月19日 中日 東京ドーム 6回裏、一死の場面。バックスクリーン左に飛ばした打球が観客の手に触れ、そのままスタンドに入る。ビデオ判定による審議の後、規則[注 4]に基づき、審判団の判断により二塁打となった。
たなかこう/田中広輔 広島 2015年9月12日 阪神 甲子園 延長12回表、田中の打った打球が外野フェンスのいずれかに当たってグラウンドに跳ね返り、一旦インプレーとして処理され三塁打となった。ビデオ判定も行われたが判定は覆らなかった。しかし後日改めて映像を確認した結果、金網フェンス中腹のスタンド側に忍び返しとして張られていたワイヤーに当たって戻ってきたことが判明、ビデオ判定での誤審が導入後初めて認められた。試合が成立しているため判定変更はしなかった[11]
マレエロ/マレーロ オリックス 2017年6月9日 中日 京セラドーム大阪 5回裏、無死一塁の場面。一度は本塁打と認定される打球を放つも、本人が生還直前にバファローベルとの接触で走路を外れ、そのまま本塁を空過。これをアピールされ取り消し[12][13]。記録は三塁打、打点1。なおマレーロは当日に出場登録されたばかりで、取り消されなければNPBでの初本塁打であった(なお、翌10日に正規にNPB初ホームランを放ったのだが、この時はホームインする際、両足で踏んでいる)。
NPB公式戦でない試合
選手名
球団
試合日
対戦相手
球場
備考
やまだてつと/山田哲人 日本 2017年3月7日 キューバ 東京ドーム 2017WBC1次ラウンド・B組。4回裏二死二塁の場面で山田が左翼へ放った打球を、最前列にいた観客がグラブをはめた手をグラウンド側に伸ばし捕球する事態が発生した。一時は本塁打かと思われたが、ビデオ判定の実施による審議が行われた後、規則[注 5]に基づき、審判団の判断により二塁打と判定された(これにより二塁走者松田宣浩の生還が認められ、日本に得点1が追加されている)[14]

その他の「幻の本塁打」[編集]

本項に記載されている以外にも、新聞記事等で以下のようなプレーが「幻の本塁打」と呼ばれる事がある。本項では取り扱わない。

  • 本塁打を放ったが、ノーゲーム等により試合が成立しなかった場合。
  • 本塁打性の打球が結果としてファウルボールやスタンドに届かない打球となった場合、またはスタンドに届いたと思われたが審判の裁定により本塁打と判定されなかった場合。一度本塁打と判定され、覆された場合も含む。
  • 狭い球場では本塁打になる程度の飛距離の打球を広い球場で放ち、スタンドに届かなかった場合。
  • 外野フェンスを越えない打球で打者走者が一気に本塁まで還ってきたが、守備側の失策を含むなどの理由でランニング本塁打の記録とならなかった場合。
  • ドーム球場でホームラン性の飛距離の打球を放つも、大きい角度で打球が上がったため天井に当たってしまい、スタンドに届かず捕球された場合。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 回の途中でコールドゲームの場合はその回の記録が全て取り消しとなった。
  2. ^ 回の途中で放棄試合の場合はその回の記録が全て取り消しとなった。
  3. ^ a b コールドゲームの規定(当該項の例3-1)。ホームチーム(後攻チーム)がリードするか、または同点で次のイニングに入りビジターチーム(先攻チーム)が同点、若しくは逆転に成功してもそのイニングの攻撃途中で打ち切りとなった場合は無効(但しホームチームがその回に再び同点、逆転した場合は記録成立)となる。
  4. ^ a b c d e f 公認野球規則 2.44および3.16
  5. ^ (2016年以降の)公認野球規則 6.01(e)

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 宇佐美徹也『プロ野球記録大鑑』講談社、1993年、pp.492-496
  2. ^ a b c 【9月19日】1958年(昭33) ミスター、幻の28号本塁打でトリプルスリーを逃す”. スポーツニッポン (2007年9月19日). 2015年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年9月12日閲覧。
  3. ^ a b 宇佐美徹也『プロ野球記録大鑑』講談社、1993年、pp.424-425
  4. ^ 応援旗に当たった幻の本塁打新庄カウントダウン プロ野球 : nikkansports.com、1995年6月21日、2015年12月1日閲覧。
  5. ^ 「2000 ベースボール・レコード・ブック」ベースボールマガジン社、1999年、pp60
  6. ^ Sports Graphic Number』2013年7月25日号 新庄剛志「幻のホームラン3連発」
  7. ^ a b 【9月20日】2004年(平16) ビッグスターの証!?新庄もやった幻の本塁打”. スポーツニッポン (2007年9月20日). 2013年5月8日閲覧。
  8. ^ 「2005 ベースボール・レコード・ブック」ベースボールマガジン社、2004年、pp91
  9. ^ 「2007 ベースボール・レコード・ブック」ベースボールマガジン社、2006年、pp58
  10. ^ 「2009 ベースボール・レコード・ブック」ベースボールマガジン社、2008年、pp27
  11. ^ ビデオ判定の誤審認める 実際にはホームラン(NHK2015年9月14日 9月15日閲覧)、NPB、ビデオ判定の「誤審」認め謝罪 阪神―広島戦(朝日新聞2015年9月14日 9月15日閲覧)[リンク切れ]
  12. ^ オリックス・新外国人マレーロ 本塁踏み忘れて来日初アーチが幻に”. 2017年6月9日閲覧。
  13. ^ オリ・マレーロ 本塁踏み忘れの一因 マスコットとハイタッチで走路外れたスポニチアネックス 2017年6月10日
  14. ^ えっ?何が?…山田の左翼への当たりを観客キャッチ、ビデオ判定で二塁打に スポニチアネックス 2017年3月7日 2017年3月8日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]