岡上

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡上
梨子ノ木特別緑地保全地区
梨子ノ木特別緑地保全地区
岡上の位置(神奈川県内)
岡上
岡上
岡上の位置
北緯35度34分38.66秒 東経139度28分31.14秒 / 北緯35.5774056度 東経139.4753167度 / 35.5774056; 139.4753167
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Kawasaki, Kanagawa.svg 川崎市
麻生区
面積
 • 合計 1.45km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 6,605人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
215-0027[3]
市外局番 044 (川崎MA)[4]
ナンバープレート 川崎

岡上(おかがみ)は神奈川県川崎市麻生区大字[5]住居表示は施行されていない[6]郵便番号は215-0027[3]面積は1.45km2[1]

地理[編集]

岡上は川崎市麻生区の大字で、南側を横浜市青葉区に、三方を東京都町田市に挟まれた飛地である。北側には鶴見川が流れる。周辺は1970-80年代に宅地化が進んだが、岡上は大部分が市街化調整区域農業振興地域に指定されたため、現在でも農村的風景が残っている。

地価[編集]

住宅地の地価は、2016年平成28年)1月1日に公表された公示地価によれば、岡上字杉山下1462番165の地点で13万8000円/m2となっている。

歴史[編集]

古くは「おかのぼり」とも称した。旧都筑郡岡上村。南側で同郡田奈村(現横浜市青葉区)に接してはいたが、丘陵地で細い峠道[7]しかなく、むしろ東京府南多摩郡鶴川村(現町田市)をはさんですぐ近くにある都筑郡柿生村(現川崎市麻生区)との結びつきが強く、連合村[8]を形成していた。1939年に都筑郡が横浜市に合併される動きがあった際、岡上村は柿生村とともに川崎市への合併を選び、川崎市の飛地となった。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

大字 世帯数 人口
岡上 3,305世帯 6,605人

教育[編集]

岡上に在住の中学生のうち公立中学へ通う者は川崎市立柿生中学校小田急線を利用して電車通学している。1966年(昭和41年)に市立柿生小学校岡上分校が廃校になった後、1987年(昭和62年)に市立岡上小学校が開校するまでは小学生も小田急線を利用して柿生小学校本校まで電車通学していた(ただし、同じ岡上でも三輪町寄りの地域に在住の児童は当時、徒歩で30分ぐらいかけて柿生小学校へ通学していた)。

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[9][10]

番地 小学校 中学校
全域 川崎市立岡上小学校 川崎市立柿生中学校

施設[編集]

  • 川崎市立岡上小学校
  • 和光大学 - 東京都町田市との間に跨っており、所在地は町田市金井ヶ丘となっている。キャンパスの大半は町田市だが学生寮の所在地は岡上である。大学構内の至る所で都県境を越える形になるが看板は設置されていない。
  • 玉川大学 - 敷地の一部のみ岡上にかかる。
  • 東光院
  • 岡上神社

交通[編集]

西側の町田市との市境を縫うように小田急小田原線が通過しているが、鉄道駅がない。鶴川駅は岡上のすぐ北側にある[11]

また、路線バスは市境付近を神奈川中央交通小田急バス(いずれも鶴川駅発着路線)、東急バス青葉台駅発着路線)の路線が運行されているが、町内中心部に乗り入れる路線は存在しない。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 町丁別面積(総務省統計局「地図で見る統計(統計GIS)」の数値)”. 川崎市 (2015年10月26日). 2018年2月15日閲覧。
  2. ^ a b 町丁別世帯数・人口”. 川崎市 (2018年1月25日). 2018年2月15日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月15日閲覧。
  5. ^ 角川日本地名大辞典 14 神奈川県」、p.203。
  6. ^ 区別町名一覧表(麻生区) 川崎市、2016年2月16日(2016年5月14日閲覧)。
  7. ^ 戦後自動車道路に改修された[要出典]
  8. ^ 合併していたわけではなく、岡上村はそのまま存続[要出典]
  9. ^ 川崎市立小学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。
  10. ^ 川崎市立中学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。
  11. ^ 柿がつくった飛び地、川崎市麻生区の岡上地区/神奈川 | カナロコ by 神奈川新聞” (日本語). カナロコ. 2020年12月8日閲覧。

関連項目[編集]

  • 岡上村 - 川崎市への編入前に、同一区域に存在した自治体。
  • 柿生村 - 岡上村と町村組合を結成。行政的な結びつきが強かった。

外部リンク[編集]