生田村 (神奈川県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
生田村
廃止日 1938年10月1日
廃止理由 編入合併
稲田町向丘村宮前村生田村川崎市
現在の自治体 川崎市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 神奈川県
橘樹郡
団体コード 当時存在せず
隣接自治体 神奈川県
川崎市
橘樹郡稲田町、向丘村
東京府
南多摩郡稲城村
生田村役場
所在地 神奈川県橘樹郡生田村大字生田
外部リンク 当時存在せず
 表示 ウィキプロジェクト

生田村(いくたむら)は、1889年明治22年)4月1日から1938年昭和13年)10月1日まで存在した神奈川県橘樹郡

概要[編集]

神奈川県橘樹郡北部の村。西部は現在の神奈川県川崎市多摩区南部、麻生区東部にあたる。

地理[編集]

歴史[編集]

村名の由来[編集]

旧村名より。旧生田村は上菅生村の「生」、五反田村の「田」を合わせて「生田村」となった。

沿革[編集]

  • 戦国時代 - 金程村の地名が見られる。
  • 江戸時代 - 以下の5村が成立。
    • 上菅生村(旗本本多氏・斎藤氏・市川氏の3給→幕府領)
    • 五反田村(旗本本多氏・市岡氏の相給→幕府領) - 1690年(元禄3年)に上菅生村から分村。
    • 金程村(旗本椿井氏知行)
    • 高石村(旗本加賀美氏知行)
    • 細山村(旗本椿井氏知行)
  • 1868年明治元年)
    • 旧暦6月17日 - 神奈川府の管轄となる。
    • 旧暦9月21日 - 神奈川府が神奈川県に改称。
  • 1874年明治7年) - 大区小区制の施行により、上菅生村、五反田村、高石村、細山村、金程村が第5大区第7小区になる。
  • 1875年(明治8年) - 上菅生村、五反田村が合併して(旧)生田村が成立。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、(旧)生田村、金程村、高石村、細山村が合併して生田村が成立。
  • 1938年昭和13年)10月1日 - 川崎市に編入。同日生田村廃止。
  • 1972年(昭和47年)4月1日 - 川崎市が政令指定都市に指定され、旧村域が多摩区になる。
  • 1982年(昭和57年)7月1日 - 川崎市多摩区から麻生区を分区。金程、高石、細山の全域と、生田の一部(分区と同時に東百合丘を起立)が麻生区となる。

交通[編集]

鉄道路線[編集]

百合ヶ丘駅は、当時は未開業。

道路[編集]

現在の町名[編集]

川崎市多摩区

  • 旧生田村(一部) : 生田、東生田、西生田、南生田、三田、東三田、栗谷、枡形、長沢

川崎市麻生区

  • 旧生田村(一部) : 東百合丘(一部)
  • 旧金程村 : 金程
  • 旧高石村 : 高石、百合丘、東百合丘(一部)
  • 旧細山村 : 細山、多摩美、千代ヶ丘、向原

関連項目[編集]