王禅寺 (川崎市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本国 > 神奈川県 > 川崎市 > 麻生区 > 王禅寺 (川崎市)
王禅寺
王禅寺
王禅寺
王禅寺の位置(神奈川県内)
王禅寺
王禅寺
王禅寺の位置
北緯35度35分5秒 東経139度31分27秒 / 北緯35.58472度 東経139.52417度 / 35.58472; 139.52417
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Kawasaki, Kanagawa.svg 川崎市
麻生区
面積
 • 合計 0.97km2
人口
(2019年(令和元年)12月現在)[2]
 • 合計 852人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
215-0013
市外局番 044 (川崎MA)[3]
ナンバープレート 川崎
王禅寺ふるさと公園

王禅寺(おうぜんじ)は、神奈川県川崎市麻生区の地名。「丁目」の設定のない単独町名(大字)である。住居表示未実施区域。

地理[編集]

麻生区東部に位置し、西は上麻生、北は百合丘、南は下麻生早野、東は横浜市青葉区に隣接する。全体が丘陵地で中央部に早野川、西寄りを真福寺川がそれぞれ南北に縦断する。

区内で一番広い面積を占める町で、1965年(昭和40年)頃から宅地開発が進み、 東部の丘陵地と寺院の周辺を除くほぼ全域が住宅地となっている。

歴史[編集]

王禅寺、白山一丁目~五丁目、虹ヶ丘一丁目の一部を含む地域をかつては王禅寺村といった。王禅寺村は、1889年(明治22年)の市制・町村制施行で柿生村大字王禅寺とな り、1939年(昭和14年)に川崎市へ編入された。

地名の由来[編集]

同地の真言宗の寺王禅寺にちなむ[4]江戸時代の地誌にも「寺名をもって村名とす」と記されている。

沿革[編集]

  • 1939年(昭和14年)、柿生村大字王禅寺が川崎市に編入され成立。川崎市多摩区王禅寺となる。

町名の変遷[編集]

実施後 実施年月日 実施前(各町名ともその一部)
王禅寺 1939年 柿生村大字王禅寺

施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 町丁別面積(総務省統計局「地図で見る統計(統計GIS)」の数値)”. 川崎市 (2019年12月1日). 2020年2月24日閲覧。
  2. ^ 町丁別世帯数・人口”. 川崎市 (2018年1月25日). 2018年2月15日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月15日閲覧。
  4. ^ 麻生区のなりたち”. 川崎市. 1/2/2021閲覧。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 14 神奈川県(角川書店)