小野駅 (滋賀県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小野駅
駅舎
駅舎
おの - Ono
堅田 (2.1km)
(2.7km) 和邇
所在地 滋賀県大津市湖青一丁目1-4
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 B 湖西線
キロ程 19.8km(山科起点)
京都から25.3km
電報略号 オノ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
3,565人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1988年昭和63年)12月4日[1][2]
備考 業務委託駅
みどりの窓口
ホーム

小野駅(おのえき)は、滋賀県大津市湖青一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)湖西線である。

概要[編集]

京阪電鉄が開発した「びわこローズタウン」の最寄り駅として[3]、京阪電鉄の全額負担で設置された請願駅である(学研都市線松井山手駅も同様)。湖西線の開業後に新設された唯一の駅。なお湖西線開通前の1969年まで付近を走っていた江若鉄道堅田駅 - 和邇駅間には真野駅が存在したが、当駅と場所は異なる(江若鉄道真野駅は現在の滋賀県大津市真野五丁目付近にあり、湖西線・堅田 - 小野のちょうど中間地点にあった)[要出典]

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ高架駅になっている。分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される[要出典]駅舎やロータリーの街灯はをモチーフにしたデザイン[要出典]

改札口はホームよりも上層に設けられており、1番のりばへは階段を下り、反対側の2番のりばへは跨線橋(連絡通路)を渡る。ホームエレベーターは、1番のりば(1階)・改札口(2階)・連絡通路(3階)をつなぐ1基と、2番のりば(1階)・連絡通路(3階)をつなぐ1基が設置されている。トイレは改札外にある[要出典]

なお、当駅は2006年11月よりホームエレベーターの設置工事が始まり、2007年3月に完成し、3月23日午前10時から使用を開始した。また、発車標電光掲示板)も各のりばに設置され、3月18日より使用を開始した[要出典]

堅田駅が管理し、ジェイアール西日本交通サービスが駅業務を受託する業務委託駅であるが、みどりの窓口が設置されている。ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。[要出典]

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 B 湖西線 下り 近江今津敦賀方面
2 上り 堅田京都方面
  • ホームの長さは165mで、ホーム有効長は8両となっている。また、ホームの幅は4mで、他の湖西線の駅と比べて狭い[要出典]
  • 1番のりばのみ、待合室が設置されている[要出典]
  • 発車標(電光掲示板)は、1番のりばに1か所、2番のりばに2か所設置されている[要出典]

ダイヤ[編集]

日中時間帯は1時間あたり3本が停車する。

利用状況[編集]

開業当初は主婦の利用が多かった[4]。 「滋賀県統計書」によると、一日平均の乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1992年 4,267[5]
1993年 4,575[6]
1994年 4,655[7]
1995年 4,712[8]
1996年 4,766[9]
1997年 4,694[10]
1998年 4,734[11]
1999年 4,646[12]
2000年 4,554[13]
2001年 4,458[14]
2002年 4,341[15]
2003年 4,299[16]
2004年 4,267[17]
2005年 4,254[18]
2006年 4,202[19]
2007年 4,139[20]
2008年 4,028[21]
2009年 3,875[22]
2010年 3,780[23]
2011年 3,662[24]
2012年 3,595[25]
2013年 3,565[26]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
小野駅 1 2 北朝日二丁目・水明一丁目 小野駅 江若交通 東地区ローズタウン循環
105 北朝日二丁目・水明一丁目・大津赤十字志賀病院 和迩駅 江若交通 平日運転
2 11 陽明町北口・フレスコみどり店前 小野駅 江若交通 平日朝運転
12 陽明町北口・清和町 フレスコみどり店前 江若交通 1日1本
17,18,19,20 陽明町北口・清和町・フレスコみどり店前 小野駅 江若交通
87 陽明町北口 上龍華 江若交通
3 16,20,106 清水町・琵琶湖大橋 堅田駅 江若交通

その他[編集]

  • 駅名の小野は、歴史上の人物小野妹子以前にさかのぼる(小野妹子は、このあたりの豪族出身であるとされている)。かつては駅の所在地も志賀町小野湖青であったが、大津市への編入の際に小野が取れて大津市湖青となった。それとは別に駅の北方に小野集落が存在する。
  • 開業時、JR線内には長野県にも同名の駅がすでに存在していたが、旧国名を冠したりして同名を回避することはしていない。同名の駅はJR以外にも、同じ関西地方の京都市兵庫県小野市にある。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
B 湖西線
新快速・快速
通過
普通(高槻駅からは快速となる平日のみ運転の列車を含む)
堅田駅 - 小野駅 - 和邇駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “わが町の゛玄関″できたぞ JR湖西線小野駅開業 住民詰めかけ祝う 券売り場にはや長い列”. 京都新聞(京都新聞社). (1988年12月5日)
  2. ^ a b 『平成2年版 交通年鑑』 交通協力会、1990年3月15日。
  3. ^ “新駅の建設始まる JR湖西線・堅田―和邇間 12月には開業 待ちわびるローズタウン住民”. 読売新聞(読売新聞社). (1988年3月16日)
  4. ^ “主婦の利用が多い JR少野駅開業3ヵ月”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (1989年3月14日)
  5. ^ 平成4年滋賀県統計書
  6. ^ 平成5年滋賀県統計書
  7. ^ 平成6年滋賀県統計書
  8. ^ 平成7年滋賀県統計書
  9. ^ 平成8年滋賀県統計書
  10. ^ 平成9年滋賀県統計書
  11. ^ 平成10年滋賀県統計書
  12. ^ 平成11年滋賀県統計書
  13. ^ 平成12年滋賀県統計書
  14. ^ 平成13年滋賀県統計書
  15. ^ 平成14年滋賀県統計書
  16. ^ 平成15年滋賀県統計書
  17. ^ 平成16年滋賀県統計書
  18. ^ 平成17年滋賀県統計書
  19. ^ 平成18年滋賀県統計書
  20. ^ 平成19年滋賀県統計書
  21. ^ 平成20年滋賀県統計書
  22. ^ 平成21年滋賀県統計書
  23. ^ 平成22年滋賀県統計書
  24. ^ 平成23年滋賀県統計書
  25. ^ 平成24年滋賀県統計書
  26. ^ 平成25年滋賀県統計書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]