増岡厳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ますおか ただし
増岡 厳
生誕 (1962-10-30) 1962年10月30日(56歳)
神奈川県横浜市
国籍 日本の旗 日本
出身校 神奈川県立横浜日野高等学校
北里大学獣医畜産学部
職業 実業家

増岡 厳(ますおか ただし、1962年10月30日 - )は、経営者。日本テクトホールディングス株式会社社長。株式会社クックパッドベビー会長。全日本プロレス・イノベーション株式会社副会長。

人物[編集]

運輸省航空局東京航空交通管制部、福岡航空交通管制部次長を歴任した増岡幹夫、妻・喜久子の長男として神奈川県横浜市に生まれる。 神奈川県立横浜日野高等学校、北里大学獣医畜産学部を卒業後、米国フェデラルエクスプレス東京株式会社勤務を経て、戦略系経営コンサルティング会社の日本テクト株式会社を設立 [1] [2] [3] [4]。 その後、当社にハードウエアメーカー、ソフトウエアメーカー部門を増設し、医療領域のシステム開発事業を展開。TOPシェアで入院患者用ベッドサイドシステムを展開後、産婦人科向けマーケティング支援システム [5] [6] 、認知機能検査実施支援システム [7] [8] [9] [10] に事業の集中を図る。2014年には公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会顧問、公益社団法人日本歯科先端技術研究所顧問に就任し、2015年には、青少年育成の総合武道団体絆會(きずなかい)、児童向けの海洋教育団体の立ち上げを支援し、さらに全日本プロレス・イノベーション株式会社副会長に就任し、医療領域事業の他に児童教育、文化・スポーツ振興に協力・支援している。

経歴[編集]

        ダイセー株式会社入社

  • 1989年:米国フェデラルエクスプレス東京株式会社国際・国内業務部長に就任
  • 1990年:東京ダイセー株式会社常務取締役に就任
  • 1991年:日本テクト株式会社設立とともに代表取締役社長に就任
  • 2012年:医療法人産育会堀病院理事に就任
  • 2014年:公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会顧問に就任

        公益社団法人日本歯科先端技術研究所顧問に就任
        児童総合武道 絆會(きずなかい)顧問に就任

  • 2015年:日本テクトホールディングス株式会社設立(会社分割)とともに代表取締役社長に就任    

        日本テクトシステムズ株式会社代表取締役社長に就任
        株式会社クックパッドベビー会長に就任
        全日本プロレス・イノベーション株式会社副会長に就任
        株式会社イノベーションデザイン取締役に就任

  • 2016年:大西金属株式会社顧問に就任
        
  • 軽度認知障害支援歯科医認定講習会講師(2016年~)
  • 認定再生医療等委員(2015年~)
  • 山形国際ムービーフェスティバル選考委員(2015年~)
  • 発掘!おもしろ東北人審査委員(2015年~)

脚注[編集]

  1. ^ “「AI」や「遠隔」で認知症検査を“解放”する”. 日経デジタルヘルス. (2017年8月17日). http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/327441/080900222/?ST=health&P=1 
  2. ^ “人生の転機”. 財界 2016年11/15号. (2016年11月1日). https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1415110351891167&set=a.311509228917957.69187.100001766470749&type=3&theater 
  3. ^ “起床後すぐの10分間の読経で煩悩をリセット”. GOETHE. (2013年11月19日). http://goethe.nikkei.co.jp/human/110922/03.html 
  4. ^ “仕事の厳しさを教えてくれた先輩”. BCN Bizline. (2012年4月12日) 
  5. ^ “日本テクトとオリコムの共同出資による新会社の設立について”. (2012年1月11日) 
  6. ^ “赤ちゃん誕生を産院のスタッフ撮影「おぎゃー写真館」が話題”. Yahoo!ニュース. (2013年11月19日) 
  7. ^ “特許公報 認知症検査支援システム及び認知症検査支援装置”. 特許. (2010年11月18日). http://kantan.nexp.jp/特許/a2010259634/ 
  8. ^ “特許公報 認知機能予測システム”. 特許. (2012年6月7日). http://kantan.nexp.jp/特許/a2012105795/ 
  9. ^ “認知症の評価検査容易に”. 日経産業新聞. (2011年2月22日) 
  10. ^ “認知機能の変化を評価するタッチパネル式ADAS-Jcog.実施支援システム「DT-Navi」三光純薬株式会社とエーザイ株式会社が共同してプロモーションを開始”. エーザイ株式会社ニュースリリース. (2011年2月22日). http://www.eisai.co.jp/news/news201116.html 

外部リンク[編集]