医薬食品局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

医薬食品局(いやくしょくひんきょく、Pharmaceutical and Food Safety Bureau)は、日本中央省庁である厚生労働省内部部局だった。薬事(医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器関係)、食品などを所管する。2015年10月に医薬・生活衛生局に組織改編された。

発足[編集]

2001年1月6日中央省庁再編厚生省労働省が統合されるのに伴い、厚生省医薬安全局が組織改編され医薬食品局が発足した。 2015年10月1日医薬・生活衛生局に名称変更が行われた[1]

所管業務[編集]

医薬品医薬部外品化粧品食品(輸入食品もふくむ)、医療機器の有効性・安全対策、麻薬覚醒剤対策の施策などを所管する。薬剤師国家試験も所管していた。

※食品安全行政については、農林水産省消費・安全局の所管業務は除く。

組織[編集]

  • この組織は医薬・生活衛生局に組織改編する直前のものである。
  • 総務課
    • 医薬品副作用被害対策室
  • 審査管理課
    • 医療機器審査管理室
  • 安全対策課
  • 監視指導・麻薬対策課
  • 血液対策課
  • 食品安全部
    • 企画情報課
      • 検疫所業務管理室
      • 国際食品室
    • 基準審査課
      • 新開発食品保健対策室
    • 監視安全課

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 薬事日報(2015年9月18日)