職業能力開発局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

職業能力開発局(しょくぎょうのうりょくかいはつきょく)は、中央省庁である厚生労働省内部部局の一つ。職業訓練などを所管する。2001年1月6日中央省庁再編厚生省労働省が統合されるのに伴い、労働省職業能力開発局がそのまま組織変更され発足した。

所管業務[編集]

公共職業訓練技能検定の施策などを所管する。

沿革[編集]

  • 1947年(昭和22年)9月 - 労働省の新設に伴い、職業安定局に職業補導課が設置される
  • 1949年(昭和24年) - 労働基準局に技能課が設置される
  • 1956年(昭和31年) - 労働基準局の技能課と給与課が統合し、福利課となる
  • 1958年(昭和33年)7月1日 - 職業安定局職業補導課、労働基準局福利課の技能者養成関係を引き継いで、職業安定局に職業訓練部(管理課、指導課)が発足する
  • 1959年(昭和34年)4月1日 - 職業安定局職業訓練部に技能検定課が設置される
  • 1961年(昭和36年)7月1日 - 職業安定局職業訓練部が独立し、職業訓練局(管理課、指導課、技能検定課)が設置される
  • 1984年(昭和59年)7月1日 - 職業訓練局が職業能力開発局(管理課、能力開発課、技能振興課、海外協力課、企画室)に改称される
  • 2001年(平成13年)1月6日 - 厚生労働省職業能力開発局となる

組織[編集]

  • 総務課
    • 基盤整備室
  • 能力開発課
  • 育成支援課
    • 実習併用職業訓練推進室
    • キャリア形成支援室
  • 能力評価課
  • 海外協力課
    • 外国人研修推進室

関連項目[編集]

外部リンク[編集]