健康局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

健康局(けんこうきょく)は、中央省庁である厚生労働省内部部局の一つ。保健などを所管する。2001年1月6日中央省庁再編厚生省労働省が統合されるのに伴い、厚生省保健医療局と生活衛生局が統合され厚生労働省健康局が発足した。

所管業務[編集]

保健所を通じて地域保健向上対策、被爆者援護対策、感染症予防対策、生活習慣病予防対策、水道整備対策など保健に関する公衆衛生を総合的に行う施策などを所管する。健康局長には医系技官(医師)が就任する慣例である。

組織再編[編集]

  • 2015年10月1日から「生活衛生課」「水道課」を新設する部局医薬・生活衛生局の生活衛生・食品安全部に移管。「疾病対策課」「結核感染症課」「がん対策・健康増進課」の3課を、「健康課」「がん・疾病対策課」「難病対策課」「結核感染症課」の4課に再編[1][2]

組織[編集]

  • 総務課
    • 指導調査室
  • 健康課
    • 保健指導室
    • 予防接種室
  • がん・疾病対策課
    • 肝炎対策推進室
  • 難病対策課
    • 移植医療対策推進室
  • 結核感染症課
    • 感染症情報管理室

脚注[編集]

  1. ^ 薬事日報(2015年9月18日付)
  2. ^ ケアタイムズ新聞(2015年1月14日)