日本橋人形町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
人形町から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 中央区 > 日本橋人形町
日本橋人形町
日本橋人形町 (2018年2月28日撮影)
日本橋人形町
(2018年2月28日撮影)
日本橋人形町の位置(東京23区内)
日本橋人形町
日本橋人形町
日本橋人形町の位置
北緯35度41分10秒 東経139度46分56秒 / 北緯35.68611度 東経139.78222度 / 35.68611; 139.78222
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Chuo, Tokyo.svg 中央区
地域 日本橋地域
人口
2019年(令和元年)9月1日現在)[1]
 • 合計 5,277人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
103-0013[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 品川

日本橋人形町(にほんばしにんぎょうちょう)は、東京都中央区地名で、旧日本橋区に当たる日本橋地域内である。現行行政地名は日本橋人形町一丁目から日本橋人形町三丁目。郵便番号は103-0013[2]

概要[編集]

人形町通りの両側や甘酒横丁を中心に飲食店や商店が連なる商業エリアであるとともに、日本橋地域の一角としてのオフィス街でもある。近時には、住宅の都心回帰により、住居の数が増え、人口も増加している。 毎年8月に人形町通りで行われる「せともの市」は夏の恒例行事となっている。日本橋人形町を含め、近傍の町域がそれぞれ大きくないこともあり、「日本橋人形町」「人形町」は、行政区画としての日本橋人形町の区域に加えて、連続する周辺の町域を含めた地域の名称として用いられることもある。

地理[編集]

日本橋地域のほぼ中央に位置する。

歴史[編集]

『堺町葺屋町戲場』江戸名所図会より

江戸時代初期には、幕府公認の遊廓吉原が人形町通り東側の辺りにあった(「元吉原」)。今も通りの名前に残る「大門通り」はその名残である。1657年明暦3年)1月の明暦の大火(振り袖火事)で辺り一帯が焼失したことを機会に、幕府の命令で、遊郭は地名ごと浅草寺裏の日本堤付近に移転した(「新吉原」)。新吉原への移転ののち、江戸期において、近隣には芝居小屋が集中した。また、1764年明和元年)には旧芳町に12軒の陰間茶屋が存在した。堺町と葺屋町にあった芝居小屋は、1841年天保12年)10月7日の火災の後、天保の改革の一環で、浅草猿若町(現:台東区浅草6丁目)に移転した。江戸期には、江戸の大火の影響で幾度も町域の焼失の歴史がある。町域の北部は町人の町であり、南部の蛎殻町方面は武家地として利用されていた。

関東大震災(大正12年)の被害を受けての区画整理がなされ、現在の町並みとなった。震災以降、昭和初期には新興喫茶(カフェー)が立ち並ぶ街となった。全盛期の昭和10年ごろには、人形町通りを挟んだ両側の路地に80軒以上のカフェーがあった。

太平洋戦争末期の東京大空襲(昭和20年(1945年3月10日))では、浜町方面を中心として大きな被害を受けたが、南部を中心として焼け残った地域もあり、自主的な建物疎開の影響を受けていない部分は、古い建物が戦後にも残っていた地域である。

昭和の戦後期においては、商店街が栄え、1951年昭和26年)には、人形町通り沿いの商店街に、東京初のアーケードが完成した(1984年(昭和59年)に撤去)。昭和末期頃まで、日本橋蛎殻町和陶器が集まっていたことで、現在でも人形町において「せともの市」が継続的に開催されている[4]

都電の「人形町」電停が人形町交差点付近に存在した。都電は人形町通りを走り、秋葉原駅付近を経由して新宿方面(13系統)・北千住方面(21系統)へ、また水天宮方面とを結んでいた。現在は同所に、都営地下鉄浅草線東京メトロ日比谷線人形町駅が存在する(日比谷線の人形町駅の開業は、1962年(昭和37年)5月31日。)。

再開発の一環として、2007年(平成19年)には、日本橋人形町一丁目地区第一種市街地再開発事業に基づく高層ビル「リガーレ日本橋人形町」(地上39階)が町域に竣工した。

旧町名[編集]

住居表示の実施により、下記5町が一つになり、現在の日本橋人形町が成立した。 元の人形町は、人形町通りを挟んだ両側の区域に限られていたが、その東西両側にさらに町域が拡張された形となった。

  • 日本橋人形町(旧)
  • 日本橋芳町
  • 日本橋蛎殻町(旧:一部)
  • 日本橋小網町(一部)
  • 日本橋浪花町(一部)

地名の由来[編集]

江戸時代、堺町と葺屋町が現在の日本橋人形町三丁目の人形町通り西側にあり、歌舞伎小屋の中村座市村座があった。また、薩摩浄瑠璃(薩摩座)や人形芝居(結城座)も行われていた。一般には人形遣いが多く住んでいたから人形町と名付けられたとされている。江戸時代においては、人形町は通りの名で大坂町、島町、住吉町、和泉町、堺町、芳町がこの通りに面していたが、1933年昭和8年)に正式にこれらの町名が「人形町」という町名に変更された。

世帯数と人口[編集]

2019年(令和元年)9月1日時点の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
日本橋人形町一丁目 901世帯 1,582人
日本橋人形町二丁目 1,475世帯 2,615人
日本橋人形町三丁目 682世帯 1,080人
3,058世帯 5,277人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校 備考
日本橋人形町一丁目 全域 中央区立日本橋小学校 中央区立日本橋中学校
日本橋人形町二丁目 15~20番
32~36番
調整区域。以下の学校と選択可能。
中央区立有馬小学校
21~31番
37番
調整区域。以下の学校と選択可能。
中央区立久松小学校
その他
日本橋人形町三丁目 全域

地域[編集]

施設
  • 中央区立日本橋図書館
教育
企業

観光[編集]

店舗
  • 玄冶店 濱田家 本店
  • 玉ひで - 関東地方における親子丼の発祥とされる店。関西地方では、玉ひでが考案する以前より存在が確認される。
  • 人形町今半 本店
  • 日山 本店
  • 魚久 本店
  • 志乃多寿司総本店
  • 柳屋
名所史跡

交通[編集]

鉄道
バス
道路

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 町丁目別世帯数男女別人口”. 中央区 (2019年9月1日). 2019年9月23日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月30日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月31日閲覧。
  4. ^ 人形町せともの市 東京中央区観光ガイド
  5. ^ 区立学校一覧”. 中央区 (2017年8月17日). 2019年9月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]